無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

約束のネバーランド【ネタバレ】第147話「積怨」感想!

投稿日:

本記事は『約束のネバーランド』【最新話】147話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「約束のネバーランド」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話146話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

約束のネバーランド【ネタバレ】第146話「王都決戦」感想!

本記事は『約束のネバーランド』【最新話】146話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

約束のネバーランド【ネタバレ】147話

————700年前、
女王の元に五摂家と王侯貴族全員が一同に会していた。
そこでは「ギーラン卿」が————
このままいくと人肉の供給が追い付かず、
民達やこの「種族」全体がいずれは絶滅すると予言し、
その「打開策」として————
貴族が備蓄する「肉」を開放するしかないと訴える。

会議は有耶無耶に終わるが
この事態を危ぶむギーランは
「肉」を得なくても生き続ける〝邪血〟の噂を聞きつけ、
極秘でドッザ将軍を調査に向かわせる。

が、その後ギーランは突然捕らえられ、
妖しい血の者を使ってテロを企てた「謀反の罪」で
〝野良落ち〟の刑に処され、一族もろとも追放されてしまう。

この「陰謀」を計画し、ギーラン卿を陥れたのは
ドッザとイヴェルク公であった。

家族も・・・何もかも失くしたギーランは
この700年の間、自分を陥れた者達への復讐の「念」だけで
正気を保って生き抜いてきたのであった—————。

 

そして現在————
帰還したギーランは、見事復活を遂げて
ドッザの前でバイヨンとノウムの頭を貪り喰らう!

ギーランへ戦いを挑むドッザだったが
いとも簡単に首を斬られるのだった!

 

一方、天井裏でその様子を見ていたバーバラ達は
急ぎボスへと連絡する。

「よし動け!」
その知らせを聞いたノーマンは
冷たくそう「命令」するのであった——————!!

 

 

 

700年前の会議

—————700年前、

レグラヴァリマ女王の元に—————
全ての領主・貴族が集められ会合が開かれていた。

「申せ。」女王が命令する。

「はっ。」
若かりしギーラン卿が答える。
「近年、下級農園の生産が追いつかず・・・
各地で『飢え』が絶えませぬ。
このままではいずれ民は亡びてしまいます。」

「今こそ———
我ら貴族の『備蓄』を一部だけ解放しましょう。」

 

ざわッ!? (貴族が一斉に騒ぐ!)

 

「我らの肉を下々に与えるだと?
それは危険だ!
下々の肉とは違うのだぞ!?」
ノウム卿が強い拒否反応を示す。

「しかし程度に応じてなら・・・。」
バイヨン卿が答える。

「それでは我らの分が減るではないか!」
プポ卿も拒絶する。

「そのようなことを言ってる場合か!!」
ギーランがテーブルを激しく叩く!!

「民が飢えて野良と化し・・・
親子・同村で共食いをし合っている・・・
今各地でどれだけの村が
滅びているかお分かりか?

民あっての『統治』であろう。
民を守らずして「繁栄」はない。
早く手を打たねば———
我ら全てが滅びるのだ!!」

「我らのためにも
貴族が身を削るべきなのだ!!」
ギーランは声を荒げる。

「まあ落ち着こうぞ、ギーラン卿。」
イヴェルク公が窘める。
「君の話はよく分かった。
だが、皆の懸念も尤もである。
問題は『農園』の設備にある。
増えた民に生産が追いついていない・・・

しかし今、人間(ラートリー)とも手を組んで
下級肉の量産も試している。

『農園』を
もう一度見直している最中なのだ。」

「だから・・・まずは待とうではないか。
全ては結果を見てからだ。」
そすて次の言葉で会合を〆るのであった―—————。

「解散!」

 

 

 

おぉ!! 話は700年前まで遡る!!
ここで注目なのは
若かりし頃のギーラン卿だ!!

誰もが尊敬し、一目置く・・・
エマも顔負けの「義」と「仲間」や「民」を思いやる・・・
これはまるで三国志における〝関羽〟の様な
素晴らしい忠臣の鬼物(人物)だったという事!!

食糧難で滅ぼうとしているこの世界を何とか救おうと
独りで戦っている姿がとても好感が持て・・・
「鬼」キャラではムジカとソンジュ以来の
大好きなキャラとなった次第だ!!

 

 

 

民を救う方法

———夜、ギーラン卿の屋敷・・・

「くそっ!」
ギーランは独り地団駄を踏んでいた。

「皆は何故この危機が分からぬのだ・・・!
自分の事しか考えておらぬ・・・!」

(そして心の奥底で毒づく。)
「否、解ろうとしないのだ。
下級肉の量産を過去に幾度試みても
ダメだったから・・・『飢饉』となっているのだ!」

 

「ギーラン様はご立派です・・・」

脇に控える家臣ドッザ将軍が進言する。

「あなたはその富を
惜しむことなく領民に分け与えている・・・
しかもこの『飢饉』の災禍を最も抑えておられるのも
このギーラン領だけです。」
ドッザは頭を垂れる。

「されど諦めてはなりませぬ。
今蒔いた種はいずれ実り、民を救えます。
この〝義〟は必ず届きます。
私も、どこまでもお支え申し上げます。」

「ありがとう、
そう言ってもらうと心強い。
我は幸せ者だ・・・。」
ギーランは心から頷いて問いかける。
「ドッザ、君に頼みがある。」

「今朝、領下である噂を耳にした———
〝邪血〟という・・・
肉を食べなくても生きていける者がいるそうだ・・・
早速調べに向かってほしい。」

「もしこれが本当なら・・・
民の飢えを何とかできるし
何かに役立つかもしれない!!」

ドッザはこの言葉を受け、
直ちに動くのであった—————!?

 

————その暫く後、

 

「ギーラン卿!!」

 

突然捕縛されたギーランは
跪かされ、四方から槍を突き付けられる!?
「『謀反』の罪で一族もろとも〝野良落ち〟の刑に処す!」

(なっ・・・・・)

このあまりに突然の出来事に
ギーランは言葉を失うのであった—————!?

 

 

孤独な戦い・・・。 自分の意見は誰にも聞き入れられず
忸怩たる思いで・・・一人「怒り」をぶつけるギーラン!!

ここでも彼はあくまで民の為、
自分以外の者の為、世界を救おうと懸命に考えているのだ・・・

と、そこに現れるのがドッザ・・・!?
この時はまだ「将軍」だったのか!!

ギーランは彼にある任務を与えるのだが・・・
その後、一瞬で捕縛されてしまう!?
これは・・・裏切ったのは・・・あいつしかいない?

このあと、ギーランはどうなってしまうのか・・・
苦しいが次章へと読み進めよう。

 

 

 

〝陰謀〟の渦の中で・・・

「どういうことだ?」
捕らえられたギーランは訳が分からない。

「〝妖し気な血の者〟を使い
テロを企てた大罪の———」
ギーランに有りもしない罪状を並べ立てられる!?

「!?」

(その時ギーランは全てを悟る)

「まさか・・・謀ったな・・・」
(そして一人の鬼に視線を送る!)

 

「ドッザ!!」

 

「ええ、私が進言しました。」
ドッザが平然と答える。
「どこより豊かで結束の強い———
ギーラン卿が裏切っちゃ大変だ。」

「俺はアンタに感謝してますよ、ギーラン卿。
拾ってもらい・・・
チャンスももらえて・・・
身分じゃなく、『働き』で評価してもらえて———
本当に・・・・」

 

「領主(あんた)が善人(バカ)で良かったよ!」

 

ドッザは邪悪な目をギーランに向けてそう言い切るのだった!?

 

————その後、牢内では・・・
「誰か!! イヴェルク公を呼んでくれ!
私も一族も『潔白』なんだ!」
独り大声で絶叫し続けるギーランの姿があった。

 

「私は無実なのだ!!」

 

「知っているよ。」

牢屋の鉄格子越しの真正面———
ギーランの目の前に突然現れたのは
『イヴェルク公』その人であった!??

 

「は?」

 

「君は『謀反』など企ててはいない。
君程の忠臣は他にはおるまい。
全てはドッザの讒言、出任せだ。」

「では何故——?」

 

「邪魔なのだ。」

イヴェルクが一言で切って捨てる!
「君のその〝義〟が、
その〝正しさ〟が『邪魔』なのだ。

陛下は私にこう宣った———
『何が問題だ?
増えすぎた民が死ねば・・・
与える人肉も足りよう』と・・・
それが陛下の御心なのだ。」

(な・・・に・・・!?)
その事実にギーランは言葉を失う・・・

「腐っているのだよ。」
イヴェルク公が冷静に言い放つ。

「陛下だけではない・・・
この宮殿にいるものはみんな腐っている・・・
だから・・・君の『清さ』は目障りで———
ドッザの『濁り』が丁度良かったのだ。
そう、これは『渡りに船』だったのだ。」

 

「 う お お お お お ッ ! 」

 

そしてギーランは〝野良〟へと落とされ—————

人肉が得られないために
体は醜く巨大な「獣」へと変貌し、
知性も失われるのだった・・・!?

 

 

—————そして現在(いま)・・・

家族?
死んだよ。

失った家臣も・・・
皆かけがえがなかった。

こんなもの・・・
こんなものではない―———
我らの・・・
我らの700年は————!!

復活したギーラン卿は
血塗れの頭を両手に持ちながら
一瞬だけ過去を視ていた―———。

「これはバイヨンの倅とノウムの末娘か・・・
恨むなら父母らを恨むがよい。」

ギーラン卿はそう言い放つと
ガリガリと貪り食うのだった——————!?

 

 

うわぁ! 全てがここで明らかになる!!
その忠臣振りを疎んだイヴェルク公と
出世欲の塊ドッザの陰謀に嵌まり
ギーランは一族もろとも追放されたのだ!!

正しい事をしようと頑張る者が、
それを良しとしない者に陥れられる・・・

これは人間の世界でもよく見られる事で・・・
〝この世の理不尽さ〟を物語る
昔からの格好の「テーマ」とされてきたのだ!!

読者は皆ドッザとイヴェルクに怒り、
堕ちて行くギーランに
測り知れない「哀しみ」と「憐憫」を見るのである。

 

 

 

ドッザの意地

「ハッ!」 ドッザが我に返る。

「あのヒョロ甘の〝ギーラン様〟が・・・
やるじゃねえの!」

 

ドン!

 

既に〝臨戦態勢〟のドッザは
2本の槍を構えてギーランへと突進する!

(その時ドッザはチラッと思考する。)

 

————————————————————
バイヨンとノウムを一瞬でし止めた・・・
もう前のギーランではない・・・
この700年の間———
美味ェ人肉しか食って来なかった
五摂家とは違うってか・・・

だが俺は別だ!

おれはこの700年、
武人として一層に力を高めてきた・・・
だから油断も傲りもナシだ!
全力で葬る!
—————————————————————

 

「いざ!!」

 

一閃!?

 

ドッザの首が空中に飛ぶ!?

 

ザク!  床へと落ちた頭部の「目玉」に刃が貫く!?

 

「頭が高ェよ。」

 

ドッザはギーランの部下の一人に
あっけなく始末されたのであった!??

「てめぇ、まずは『ごめんなさい』だろ?」
ドッザを殺した鬼がその首に向かって
最後にこう吐き捨てる。

 

「なぁ、ドッザ。」

 

 

場面は変わり、
その天井裏では————
バーバラとシスロが
覗き穴からその一部始終を目撃していた。

「あと2匹。」
2人は通信を入れる。

 

「よし動け!」

 

廊下を歩くノーマンは
その連絡を聞いて
冷たい目で
そう「命令」するのだった―———!?
うっ・・・!?  強いっ!!  強過ぎるぞギーラン一派!?
いくら成り上がりの貴族とはいえ、
腕に覚えアリで常に鍛錬を怠らなかったドッザを
いとも簡単に殺してしまうとは!!
これこそが「野生の力を極めた鬼」の力なのだろう!!
「野良鬼」の恐ろしさを改めて感じるシーンとなった・・・

そしてラストの
ノーマンが冷たく命令する場面————。
果たしてこの先一体何が待っているのだろうか?
それは来週の「お話」ということである。

 

約束のネバーランドの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

約束のネバーランドの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

 

約束のネバーランド147話の感想

今回の「約束のネバーランド」は————
700年前の〈ギーラン卿の物語〉が克明に描かれる。

ここで注目すべきなのは————
何時の「時代」も
どんな「世界」も、
どんな「種族」も————しいてはどんな「生き物」も・・・
「運命」に翻弄され、押し潰されてしまう者がいるという事だろう。

古くは蘇我一族から始まり———
平安時代の藤原家、
平家一門や源氏、戦国時代の数々の武将達、
明治維新の志士たち・・・

そして———
今まで数々の「戦争」や「災害」、
「事故」や「犯罪」などで犠牲になった人々・・・

みんなそれぞれの「運命」に弄ばれ、
その〝尊い命〟を散らしているのだ・・・

二度とそんなことはあってはならないと
誰もが思い感じながら————
我々にはどうする事も出来ない・・・・・・

この【連綿と続く「運命」の連鎖】に————
誰もが否応なしに囚われながらも
ただひたすら藻掻き続けて行く・・・・

その一生懸命で真摯な姿に
我々は自然に強く惹かれ虜になって行く—————!!

それがこの物語では———
エマやレイの一途で我武者羅な姿であり、
今回の「ギーラン卿」の———
善悪が激しく入り乱れる「人生」を
懸命に生きる姿なのだ!!

そんな気の遠くなるような事に想いを馳せながら
自分の人生を振り返り、未来への指標とする―————

そんな哲学的な読み方が楽しめるのも————
この「約束のネバーランド」の魅力の一つでもあるのだ!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.