最新話のネタバレ・感想

東京卍リベンジャーズ【最新話】164話ネタバレと感想

更新日:

2020年7月1日発売日の【週刊少年マガジン】2020年31号で「東京卍リベンジャーズ」の164話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『東京卍リベンジャーズ』【最新話】164話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「東京卍リベンジャーズ」のネタバレを含む内容をご紹介します。
もし、文章のネタバレではなく絵付きで「東京卍リベンジャーズ」を読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに【週刊少年マガジン】が無料で読めますよ!

【週刊少年マガジン】は一冊300円なので、登録したとたんに無料ポイントでまるまる読むことが可能です♪

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

『東京卍リベンジャーズ』【最新話】164話のネタバレ

東京卍會総長・佐野万次郎ことマイキーの足元に座り込んでいる、武藤泰宏ことムーチョが、マイキーとの過去を思い出しています。

ムーチョ「オレには元々 絶対的な王がいる」

マイキー「それでもオレにはオマエが必要だムーチョ」

東京卍會VS横浜"天竺"の戦いが続く埠頭で、東京卍會肆番隊副隊長・河田ソウヤことアングリーに倒されたムーチョが目を覚ましましたが、自分に何が起きたのかを把握出来ません。

ムーチョ"オレは・・・負けたのか?"

灰谷蘭と竜胆の兄弟、望月莞爾ことモッチーの横浜"天竺"四天王達もアングリーにやられ倒れています。

アングリー一人に、四天王達を瞬殺された横浜"天竺"のメンバーに動揺が広がります。

"なんだアイツ"

"四天王を瞬殺しやがった"

"あっという間に劣勢じゃねぇか!!"

アングリー「この戦い絶対に勝つ!!」

東京卍會壱番隊隊長・花垣武道ことタケミっち、副隊長・松野千冬、乾青宗ことイヌピー、肆番隊副隊長・アングリー、弐番隊副隊長・柴八戒が並び気合いを入れます。

倒れたままのムーチョは、横浜"天竺"総長・黒川イザナとの約束を思い出し、激しく焦ります。

黒川イザナ「今日の抗争」

黒川イザナ「オレの為なら人を殺せるな?」

"ムーチョ"

ムーチョ「待てコラぁ」

黒川イザナとの会話を思い出し焦るムーチョは、立ち上がり叫びます。目は血走り、手にはドスを握り、オレは負けてねぇと、口走りながらアングリーに襲いかかります。

アングリーを守るために間に割って入ったタケミっちに、ムーチョのドスが襲いかかりますが、横浜"天竺"四天王の一人、鶴蝶が間に入り、ムーチョのドスを軽々と指で摘まみ止めます。

鶴蝶「アンタの負けだムーチョ」

ムーチョ「どけクソガキ テメェに何がわかる」

鶴蝶に止められたムーチョは、目に涙を浮かべ震えながら鶴蝶を威嚇します。

鶴蝶はムーチョの腹を殴り、ムーチョは意識を失い倒れます。

鶴蝶「アンタまで天竺に染まるな」

ムーチョ「アンタから漢を教わった」

突然見方を倒した鶴蝶に、東京卍會のメンバーが驚きます。鶴蝶と幼なじみのタケミっちは、鶴蝶にありがとうとお礼を言います。

タケミっち「ありがとうカクちゃん・・・」

鶴蝶「勘違いすんなよタケミチ テメェを助けたつもりはねぇ」

鶴蝶は、タケミっちの礼を一蹴し、横浜"天竺"として、命を預けた男、黒川イザナの行く先が地獄であろうとついて行くと、東京卍會のメンバーに襲いかかります。

鶴蝶「あの頃のオレじゃねぇぞタケミチ」

鶴蝶「天竺四天王筆頭 鶴蝶だ」

鶴蝶は、物凄い早さでアングリーに殴りかかりますが、アングリーはその早さについていけると、反撃を試みます。

しかし、アングリーは激しく殴り飛ばされてしまいます。
まさかの出来事に驚く東京卍會のメンバーに次々に襲いかかります。

そのスピードは物凄く早く、殴り飛ばしたアングリーが、地面に落ちる前に、イヌピーと松野千冬に襲いかかり殴り飛ばします。

黒川イザナ「鶴蝶の強さからしたら他の四天王など凪(ザコ)」

黒川イザナ「やはり天竺の主力は鶴蝶一人」

東京卍會のメンバーを殴り飛ばした鶴蝶は、タケミっちの前に迫ります。

松野千冬"ウソだろ・・・!?"

アングリー"立てない・・・"

イヌピー"コイツはヤベェ・・・"

柴八戒"主力メンバーが全員一発で!!?"

鶴蝶一人に一発で殴り飛ばされてしまった東京卍會主力メンバーは、動きだすことも出来ずに驚きます。

鶴蝶「東卍(トーマン)はオマエ一人だ」

鶴蝶「タケミチ」

東京卍リベンジャーズ164話の感想

七転八倒、予測不能、今回の東京卍リベンジャーズも展開が予想をはるかに超えていきました。

泣いたアングリーが鬼になり、横浜"天竺"の四天王達を一蹴し、一気に東京卍會の形勢有利になったと喜んでいたのも束の間、鶴蝶の本当の力が露になり、またまた形勢不利状態になってしまいました。

鶴蝶の実力は未知だったとはいえ、四天王にまでなっているのだから、半端な実力じゃない事はわかっていたはずです。が、タケミっちと幼なじみという気安さから、そこまでの実力があるとは思ってもみませんでした。

ましてや、鶴蝶と比べると他の四天王がザコと言えるくらいの実力だとは、本当に驚きです。

今回も見事に波乱万丈な展開になってしまいました。

松野千冬、イヌピー、アングリーが一発でやられてしまい、タケミッチとの対戦が始まろうとしていますが、正直タケミッチでは太刀打ちできないのでは・・・

驚きの展開に期待が高まります。

以上、東京卍リベンジャーズ【最新話】164話のネタバレと感想!を紹介しました。

次号もお楽しみに!!

本来、漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

以前は暇さえあれば漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

しかしそのかわりに

『気軽にマンガが読みたい』

と思ったときに電子書籍サイトで無料で読めるマンガが増えてきているんです♪

オトクに漫画を読めるサイトをまとめたので読んでみてください。

U-NEXTを使えば【週刊少年マガジン】2020年31号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます!今回の東京卍リベンジャーズの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!!

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえるので。違約金もなく解約自体も非常に簡単です。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.