最新話のネタバレ・感想

東京卍リベンジャーズ【最新話】143話ネタバレと感想

更新日:

2020年1月29日発売日の【週刊少年マガジン】2020年9号で「東京卍リベンジャーズ」の143話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『東京卍リベンジャーズ』【最新話】143話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「東京卍リベンジャーズ」のネタバレを含む内容をご紹介します。
もし、文章のネタバレではなく絵付きで「東京卍リベンジャーズ」を読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに【週刊少年マガジン】が無料で読めますよ!

【週刊少年マガジン】は一冊300円なので、登録したとたんに無料ポイントでまるまる読むことが可能です♪

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

『東京卍リベンジャーズ』【最新話】143話のネタバレ

元黒龍(ブラックドラゴン)幹部で、現東京卍會壱番隊のメンバーである乾青宗ことイヌピーは、東京卍會壱番隊隊長の花垣武道ことタケミっちに、十一代目黒龍総長を襲名してくれと頭をさげました。

イヌピー「オレ・・・どうかしてるな」

勢いに任せタケミっちに頭をさげたイヌピーは、冷静さを取り戻して話し始めます。

イヌピー「ここさ元々真一郎君のバイク屋だった場所なんだ」

タケミっち「え?真一郎君てマイキー君のお兄さんの?」

イヌピーがタケミっちと訪れたアジトは、東京卍會総長・佐野万次郎ことマイキーの兄である真一郎が、バイク屋をやっていた場所でした。

その真一郎のバイク屋は、不良達の集いの場所だったと話します。今では廃墟寸前と化しているその場所が、不良達の集いの場所だった事を、タケミっちは不思議に思います。

今では見る影もないが、キラッキラッのかっこいいバイクがズラリと並び、訪ねてくる先輩達もみんなギラついていてかっこよかった。でも、そんなギラついている先輩達も、真一郎の前では礼儀が正しかった。真一郎はイヌピーにとってヒーローだったと話します。そんな話を聞いて、タケミっちはイヌピーが黒龍にこだわる理由を理解します。

イヌピー「真一郎君の創った初代黒龍を再興させたい」

イヌピーの思いを聞いて、タケミっちは驚きを隠せません。そんなタケミっちにイヌピーが初代の先輩達の話を続けます。このバイク屋で、初代の先輩達は楽しそうに総長だった真一郎の事を話、そんな事あったっけと、気まづそうにはにかむ真一郎の事を、なんかいいだろ?とタケミっちに話します。

イヌピー「大人になっても昔やったバカな事 笑いあえる仲間」

大人になっても昔やったバカな事を笑いあえるそんな仲間、そんなチームに憧れて、イヌピーは黒龍に入ったのだと言います。

しかし、イヌピーの入った頃の八代目黒龍は、総長が黒川イザナで最悪だったと言います。八代目、九代目の黒龍は、ゆすり、強盗、薬、なんでもありの極悪チームで、イヌピーの憧れた、初代黒龍の志は、影も形も残っていなかったと言います。そして、イヌピー自身もそんな黒龍の悪に染められて、少年院に入りました。

イヌピーが少年院から出てきた時には、黒龍は潰されており、焦ったイヌピーは、柴大寿を頼り、黒龍が途絶えるのを防ごうとしました。

イヌピー「オレは・・・何をしてたんだろうな・・・」

イヌピーの落ち込む姿を見て、タケミっちが話し始めます。救いたい人がいる、そのためにずっと頑張ってきた、でも全然ダメで・・・だから、イヌピーの気持ちをわかると言いながら立ち上がります。

タケミっち「オレが黒龍を継ぎます」

イヌピー「え?」

タケミっちは、東京卍會壱番隊隊長兼務で、十一代目黒龍総長を継ぐと言い、覚悟してくださいと、イヌピーに手を差し出します。天竺入りを強要された九井一ことココを連れ戻し、稀咲鉄太と黒川イザナをぶっ飛ばして、天竺を潰すと宣言します。

タケミっち「ついて来れますか?」

タケミっちが力強く宣言しながら差し出した手を握り、イヌピーは命を預けると言います。

東京卍リベンジャーズ143話の感想

イヌピーがアジトに使っていた半ば廃墟のような場所は、東京卍會総長のマイキーの兄であり、黒龍の創設者である佐野真一郎のバイク屋だった場所で、イヌピーにとっては思い出深い大切な場所だったのですね。

そんな大切な思い出が残る場所で、憧れた黒龍の話をし、悪に染められ、黒龍を離れていたうちに潰されてしまった黒龍への未練を話、再興を願い頼った柴大寿との黒龍もうまくいかず、何をやっても上手くいかない自分の思いを、今度はタケミっちに託そうとするイヌピーの黒龍への強い思いが伺えます。

イヌピーにとって、初代黒龍の先輩達と創設者の真一郎のかっこよさは、相当なものだと想像できますね。

そんな何をやっても上手くいかないイヌピーに共感できるのは、ここまで何度も何度もタイムリープを繰り返しても、なかなか上手くいかないタケミっちの他にいませんね。

力強く東京卍會壱番隊隊長兼、十一代目黒龍総長を継ぐと言ってのけたタケミっち、これまで色んな試練を乗り越えて逞しくなってきているとはいえ、この大役を担うのはタケミっちでは不安な気もします。が、これまで同様に、人柄と気合いと運で、上手く乗り越えていくことを期待します。そして、今度こそ未来を変えてもらいたいですね。

以上、東京卍リベンジャーズ【最新話】143話のネタバレと感想!を紹介しました。

次号もお楽しみに!!

本来、漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

以前は暇さえあれば漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

しかしそのかわりに

『気軽にマンガが読みたい』

と思ったときに電子書籍サイトで無料で読めるマンガが増えてきているんです♪

オトクに漫画を読めるサイトをまとめたので読んでみてください。

U-NEXTを使えば【週刊少年マガジン】2020年9号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます!今回の東京卍リベンジャーズの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!!

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえるので。違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.