最新話のネタバレ・感想

東京卍リベンジャーズ【最新話】137話ネタバレと感想

更新日:

2019年12月4日発売日の【週刊少年マガジン】2019年1号で「東京卍リベンジャーズ」の137話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『東京卍リベンジャーズ』【最新話】137話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「東京卍リベンジャーズ」のネタバレを含む内容をご紹介します。
もし、文章のネタバレではなく絵付きで「東京卍リベンジャーズ」を読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに【週刊少年マガジン】が無料で読めますよ!

【週刊少年マガジン】は一冊300円なので、登録したとたんに無料ポイントでまるまる読むことが可能です♪

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

『東京卍リベンジャーズ』【最新話】137話のネタバレ

幼い頃の黒川イザナとエマは、別れの時を向かえています。

黒川イザナ「お別れだ」

黒川イザナはエマに、自分は施設に行く事を伝えますが、幼いエマは施設というものがどういう所か分かっておらず、うらやましがり一緒に行きたいと言います。そんなエマに苦笑いしながらそのうち必ず迎えに行くとエマに約束しました。

黒川イザナ「約束だ エマ」

黒川イザナが、東京卍會総長・佐野万次郎ことマイキーの異母兄弟だという事は、妹のエマから何度も聞かされていたはずなのですが、マイキーは覚えていませんでした。

エマ「エマの旧姓は黒川で そっちにもお兄ちゃんがいるって!」

マイキー「そうだっけ?」

東京卍會壱番隊隊長・花垣武道ことタケミっちは、黒川イザナとマイキーが兄弟だった事を知り衝撃を受けます。

エマは、全然人の話を聞いていないマイキーに怒ります。

マイキー「あー思い出した」

ドラケン「嘘つけ」

エマに怒られたマイキーは、思い出したと言いますが、東京卍會副総長の龍宮寺堅ことドラケンに、嘘つけと突っ込まれます。

タケミっちはエマに、兄である黒川イザナについて何か覚えている事があるかとたずねますが、黒川イザナと3歳の時までしか一緒にいなかったエマは覚えていません。残念そうにするタケミっちにエマは、真一郎と仲が良かったみたいだと言います。

エマ「あ でも」

エマ「真兄と仲良かったみたいだよ」

マイキーの兄である、佐野真一郎と黒川イザナの仲が良かったと言われ、マイキーやドラケンは、何故、黒川イザナと佐野真一郎の仲が良かったのか、不思議な顔をします。

そんな二人に、ちょっと待っててと違う部屋へ行き、缶を持って来ました。

エマ「じゃーん!!」

エマが得意気に持ってきた缶は、佐野真一郎の遺品を整理していた時に出てきた物でした。缶の中には、黒川イザナから送られてきた手紙の束がたくさん入っていました。黒川イザナから佐野真一郎への手紙の量を見て、タケミっちの鼓動が高鳴ります。エマは手紙の中身は見ていないが手紙の量を見て、黒川イザナと佐野真一郎の仲が相当良かったのだと思っています。

ドラケン「・・・仲良しっていうか ちょっと恐ぇな」

ドラケンは、黒川イザナと佐野真一郎の手紙の量を見て、恐ろしさを感じています。三人は、しばらく黒川イザナと佐野真一郎の手紙を読んでいましたが、日頃の出来事ばかりを話している手紙ばかりでした。

ドラケンが1番最初に黒川イザナから送られてきたと思われる手紙を発見しました。その手紙には、訪ねて来てくれてありがとうと言うお礼が書かれていました。

黒川イザナ”家族がいて嬉しい”

どこかで、施設に入れられている黒川イザナの存在を知った、佐野真一郎が黒川イザナに会いに行ったのだろうと推測します。

黙って違う手紙を読んでいたマイキーが、”なるほどね”と呟き立ち上がります。

マイキー「ちょっと風に当たってくるわ」

タケミっち「え?」

マイキーはタケミっち達を残して、部屋から出ていきバイクで何処かへ走って行きました。どうしたんだろうと、不思議そうにするタケミっち、マイキーの読んでいた手紙をドラケンが読みます。

黒川イザナ”万次郎の話はもうしないで”

手紙には、最近頭が痛く、苦しい、きっとアイツのせいだと書いてあり、マイキーの話をしないでくれとの内容が書かれていました。その内容を聞き、タケミっちはゾクッとします。

幼い頃に家族に捨てられた黒川イザナ、訪ねて来てくれた佐野真一郎という家族、黒川イザナの唯一の心の支えが佐野真一郎だったとしたら、佐野真一郎と一緒に暮らすマイキーの事をどう思うのか、佐野真一郎が作った黒龍(ブラックドラゴン)の八代目を受け継いだ黒川イザナでしたが、黒龍はマイキーの為に作ったチームだと言われたら、黒川イザナは何を思ったのだろうとタケミっちとドラケンは考えます。

エマ「嫉妬・・・?」

ドラケンは、黒川イザナのマイキーへの激しい嫉妬と恨みを想像します。そして、東京卍會結成時に九代目黒龍総長の斑目獅音に言われて、ずっと引っ掛かっていた言葉を思い出します。

斑目獅音「八代目の意志を継ぎぃ」

斑目獅音「佐野万次郎!!そして東京卍會は黒龍が潰す!!!」

九代目黒龍総長の言う、八代目の意志とは黒川イザナの意志で、九代目黒龍が東京卍會創設メンバーの羽宮一虎に粉かけて、佐野真一郎にバレないようにマイキーを潰す為に黒川イザナが仕組んだ事だとしたらと推測します。

ドラケン「黒川イザナの私怨だったとしたら?」

佐野真一郎がいなくなった今、天竺を創って自ら乗り込んで来た、今度こそマイキーを潰す為に、血の繋がった弟を潰す為に、タケミっちも推測します。

東京卍リベンジャーズ137話の感想

幼い頃に、妹だけ残され施設に入れられた黒川イザナを思うと可哀想に感じます。ましてや、その後、佐野真一郎、万次郎、エマとの家族に入れてもらえなかった黒川イザナは本当に可哀相です。

何かのきっかけで、異母兄弟の黒川イザナを知った佐野真一郎が、施設を訪ねて行ったのは、佐野真一郎の優しさだったのだと思います。しかし、その優しさが仇となり、佐野真一郎が大切にする弟、マイキーへの嫉妬と恨みへ変わっていったのだとしたら、黒川イザナのマイキーを潰したいという気持ちも理解できます。佐野真一郎が、黒川イザナを訪ねなければ、黒川イザナの嫉妬は無かったかもしれません。

すでに動き出している、黒川イザナの復習劇に今後も目が離せません。

以上、東京卍リベンジャーズ【最新話】137話のネタバレと感想!を紹介しました。

次号もお楽しみに!!

本来、漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

以前は暇さえあれば漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

しかしそのかわりに

『気軽にマンガが読みたい』

と思ったときに電子書籍サイトで無料で読めるマンガが増えてきているんです♪

オトクに漫画を読めるサイトをまとめたので読んでみてください。

U-NEXTを使えば【週刊少年マガジン】2019年1号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます!今回の東京卍リベンジャーズの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!!

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえるので。違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.