最新話のネタバレ・感想

東京卍リベンジャーズ【最新話】136話ネタバレと感想

投稿日:

2019年11月27日発売日の【週刊少年マガジン】2019年52号で「東京卍リベンジャーズ」の135話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『東京卍リベンジャーズ』【最新話】136話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「東京卍リベンジャーズ」のネタバレを含む内容をご紹介します。
もし、文章のネタバレではなく絵付きで「東京卍リベンジャーズ」を読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに【週刊少年マガジン】が無料で読めますよ!

【週刊少年マガジン】は一冊300円なので、登録したとたんに無料ポイントでまるまる読むことが可能です♪

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

『東京卍リベンジャーズ』【最新話】136話のネタバレ

未来での出来事を話してしまい、話の流れでプロポーズまでしてしまった東京卍會壱番隊隊長・花垣武道ことタケミっちと橘日向は、公園の滑り台に座ったまま朝を迎えました。

橘日向「朝になっちゃったね」

パパとママが起きてしまう前に帰らないといけないと、帰ろうとする橘日向に、タケミっちは、自分が話してしまった未来の出来事をしどろもどろになり、何をどう言えば良いかわからず言葉が出てきません。

そんなタケミっちの言葉を待たずに橘日向は、何も聞かなかったよと笑顔で帰って行きました。そんな、橘日向の心遣いにありがとうと、やる気を出します。

タケミっち「よーし!やる事は山積みだ!!」

今回のタイムリープでわかった敵は、今までは未来(現代)にいなかった黒川イザナで、この黒川イザナが、東京卍會総長・佐野万次郎ことマイキーの闇落ちを加速させた原因だと推測します。そして、その裏には稀咲鉄太がいるということを確信しています。

黒川イザナをぶっ潰して、稀咲鉄太を追い詰める、タケミっちは強く決意します。

タケミっち「今度こそテメェを追い詰める!!!」

ごちゃごちゃと色々あるけれど、稀咲鉄太がタイムリープしていようがしていまいが、今はとりあえず天竺の事も無視して、元黒龍総長の柴大寿が言っていたマイキーが、東京卍會副総長の龍宮寺堅ことドラケン以上に、黒川イザナを信頼していたという謎をタケミっちは一番に知りたいと思い始めます。

ドラケン以上に信頼する理由とは何なのかを考えているうちに、マイキーは黒川イザナと元々知り合いなのではないかという疑問を思い付きます。

エマ「おじーちゃん!マイキー起こしてきてよ!」

マイキーの妹、佐野エマが朝御飯の目玉焼きを作りながら、おじーちゃんに声をかけます。
のそのそと汚いタオルを握り寝ぼけながら起きてきたマイキーにエマが、遅いと怒ります。

マイキー「エマー目玉焼きは裏っ返して潰せって言ってんじゃん」
エマの作った目玉焼きに苦情を言いますが、自分でやればと言い返されます。エマはマイキーの握っているタオルをいい加減に捨てればと言いますが、オレの命だといい拒否します。

ドラケン「着いたぞー!!マイキー」

マイキー「オレの部屋で待っててケンチーン」

ドラケンがマイキーを迎えに来ました。ドラケンに恋するエマは、慌てて髪型を整えます。ドラケンと一緒にタケミっちもマイキーの家にやって来ました。マイキーの部屋は、母屋とは離れた兄の真一郎がバイクをいじる時に使っていた倉庫でした。

ドラケン「よくオレもマイキーも一日中横でバイクいじってんの眺めてさ」

ドラケンはマイキーの兄、真一郎の思いでを楽しそうに笑顔で話します。マイキーの部屋に入っタケミっちは、大人っぽい部屋にかっこいいと感動の声をあげます。

マイキーの部屋に集まった三人は、黒川イザナについて話し合います。マイキーは、先日話しかけてきた男が黒川イザナだった事を認識しました。

マイキー「あいつが天竺の総長ね・・・」

元黒龍(ブラックドラゴン)八代目総長、現在は天竺総長の黒川イザナ、マイキーの兄の真一郎とも繋がりがあったのかも知れないと、ドラケンが推測します。ドラケンは、タケミっちにここだけの話だと念を押して、黒龍の創設者がマイキーの兄の真一郎だと言います。

タケミっち「はい」

ドラケンは、普通に返事をしたタケミっちに、驚かないのかと不思議な顔をします。未来で聞いていた情報だったことに気がついたタケミっちは、慌ててごまかします。
九代目黒龍と東京卍會が揉めた時に、マイキーの兄が黒龍の創設者だという事が東京卍會のメンバーの足枷にならないように、誰にも伏せられていた事実だったと言います。

マイキーは、九代目黒龍と揉める時、兄の真一郎に話を通していました。兄の真一郎が作った頃のかっこいい黒龍ではなくなっていると言います。兄の真一郎もその事実を把握していて、マイキーの好きにしろと言います。

黒龍(ブラックドラゴン)とは、兄の真一郎がマイキーの為に残したチームだったのでした。黒龍がかっこよくなくなった原因が、八代目黒龍で、八代目黒龍の総長が黒川イザナだったのです。

エマ「はーいお茶はいったよ」

エマがお茶を持って部屋に入ってきました。

タケミっち「黒川イザナ・・・何者なんだ・・・」

エマ「・・・ウチのお兄ちゃん」

ドラケン「へ?」

マイキー・タケミっち「・・・・」

突然のエマの言葉を理解できない三人に、エマはさらに言います。

エマ「だからウチのお兄ちゃんだよ黒川イザナ」

もう一度、エマの言葉を聞いても、三人は理解できません。

東京卍リベンジャーズ136話の感想

自分の悲惨な未来を聞かされても、タケミっちの事を好きだと言うことだけを伝えて帰って行った橘日向の強さに感動しました。その強さと優しさに諦めかけていたタケミっちも復活です。自分のやるべき事を認識したタケミっちに期待したいです。

未来を変える為のキーマンが、稀咲鉄太に加え黒川イザナという謎の多い人物が増えて、ますます物語が複雑になっていきました。

マイキーの兄の真一郎が作った黒龍(ブラックドラゴン)は、かつてはカッコいいチームだったようですが、そのチームをダメにしてしまった張本人が、八代目総長の黒川イザナだった事がわかり、やはり黒川イザナが未来の東京卍會を極悪にしてしまったのだと確信しました。

今後の展開から目が離せません。

以上、東京卍リベンジャーズ【最新話】136話のネタバレと感想!を紹介しました。

次号もお楽しみに!!

本来、漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

以前は暇さえあれば漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

しかしそのかわりに

『気軽にマンガが読みたい』

と思ったときに電子書籍サイトで無料で読めるマンガが増えてきているんです♪

オトクに漫画を読めるサイトをまとめたので読んでみてください。

U-NEXTを使えば【週刊少年マガジン】2019年51号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます!今回の東京卍リベンジャーズの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!!

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえるので。違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.