最新話のネタバレ・感想

東京卍リベンジャーズ【最新話】135話ネタバレと感想

投稿日:

2019年11月20日発売日の【週刊少年マガジン】2019年51号で「東京卍リベンジャーズ」の135話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は『東京卍リベンジャーズ』【最新話】135話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「東京卍リベンジャーズ」のネタバレを含む内容をご紹介します。
もし、文章のネタバレではなく絵付きで「東京卍リベンジャーズ」を読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに【週刊少年マガジン】が無料で読めますよ!

【週刊少年マガジン】は一冊300円なので、登録したとたんに無料ポイントでまるまる読むことが可能です♪

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

『東京卍リベンジャーズ』【最新話】135話のネタバレ

再び2006年にタイムリープした東京卍會壱番隊隊長・花垣武道ことタケミっちは、深夜の公園に未来で死んでしまったかもしれない橘直人を呼び出しました。

橘直人「こんな夜中に急に呼び出して・・・どうしたんですか?」

未来の出来事を知るはずもない2006年の橘直人は、寒そうに両腕を抱えて不思議そうな顔をします。

ナオトが死んでいるワケがない、きっと2006年の橘直人と握手をすれば、再び未来へと戻れるはずと信じて、2006年の橘直人の手をしっかりと握りました。

戻れるさ

橘直人の手を握り力を込めますが、未来にタイムリープすることができず、頼む、頼むと祈る事しかできず、橘直人の手を握りしめたままうずくまってしまい、これまで未来の橘直人との出来事を思い出します。

橘直人「橘ナオトです」

2005年7月4日、ボクの運命を君が変えたと言いながら、未来のタケミっちの前に橘直人は現れました。

橘直人「ボクに協力してください!」

橘直人「君なら姉さんを救える!!!」

この突然の出会いから何度も失敗を繰り返し、落ち込み傷つくタケミっちに、無理しないでくださいと言葉をかけたり、荒れるタケミっちを喚いてなんになるんですか、ボクは君に救われた、東京卍會を変えられるのも、姉さんを救えるのも君だけなんですと、励ましてくれたり、橘直人はタケミっちをいつもそばで支えていてくれた事を思い出します。

オマエがいたからここまでこれた

ナオトぉぉ

未来に戻れない、未来の橘直人が死んでしまったと思い知ったタケミっちは、2006年の橘直人の手を握りしめたままうずくまり、泣き出してしまいます。

うなだれたまま滑り台に座るタケミっちは、橘直人の方を見ることもなく、もう帰っていいよと言います。

深夜2時をすぎ公園の滑り台に座ったままのタケミっちの前に人が現れます。現れた人の方を見ることもなく、タケミっちが話し始めます。

タケミっち「なぁナオト」

現れた人を確認することなく橘直人だと思い、話し始めます。

初めて橘直人に会った時の事、橘日向が死んで、タイムリープして、タケミっちと未来の橘直人がずっと橘日向を救う為に頑張ってきた事を覚えているかと聞きます。これだけ頑張ってきたのに、タイムリープのきっかけとなる未来の橘直人が死んでしまい、もうタイムリープが出来ない現実に落ち込みます。

タケミっち「どうすりゃいい?」

どうすればいいかとタケミっちは聞きますが、2006年の橘直人に聞いても分かるわけが無いことを知っています。

タケミっち「そうだもう一回過去を変えればいいんだ」

タケミっちは放心状態になり、もう一回過去を変えて、橘直人も橘日向も助けて、みんなも助けて、また、失敗してと、今までやってきた事をブツブツと呟きます。

タケミっち「オレ・・・・」

タケミっち「もう死のうかな・・・」

放心状態になり、諦めかけたタケミっちの背中に大好きと、橘日向が額をくっつけました。

橘日向「大好き」

タケミっち「ヒナ?」
橘日向「ウン」

うつ向いたまま橘直人だと思い話していたタケミっちは、話を聞いていたのが、橘日向だった事に気がつきました。うっかり未来の事を話してしまい慌てるタケミっちに、橘日向は、タケミっちの本当の年齢を尋ねます。

タケミっちは、26と答えます。そして橘日向は、他に何も聞かないから一つだけ教えて欲しいと言います。

橘日向「未来のタケミチくんは」

橘日向「もうヒナにプロポーズしましたか?」

突然聞かれたプロポーズという言葉にドキドキしながら、結婚出来たらいいなと思っていた気持ちを伝えます。

橘日向「それってプロポーズ?」

タケミっち「うん」

タケミっちの言葉をプロポーズかと聞いた橘日向に、タケミっちはプロポーズだと答えます。その返事を聞いた橘日向は、死んでもいいよと、タケミっちから聞いた未来を受け入れようとします。

橘日向の言葉を聞いたタケミっちは涙を浮かべ、再び未来を変えるために諦めない事を決意しました。

ヒナ・・・
やっぱオレ諦めねぇ・・・っ

東京卍リベンジャーズ135話の感想

未来で瀕死の状態だったタケミっちが、タイムリープしてきたらどんな状態になっているのか心配していましたが、未来で瀕死の状態でも、タイムリープ先では無傷な状態だったので安心しました。

しかし、2006年の橘直人と握手をしても未来へのタイムリープが出来ませんでした。つまり、未来の橘直人は死んでしまったという事になるのだと思います。タイムリープが出来なくなった過去で、タケミっちに出来ることは過去から未来へずっと橘日向と直人を守り続けていくしか無いのでしょうか。

橘日向と直人を守り続けて未来を変えるということは、東京卍會も変わってしまわないようにコントロールしなければなりません。

タケミっちの戦いがますます楽しみです。

以上、東京卍リベンジャーズ【最新話】135話のネタバレと感想!を紹介しました。

次号もお楽しみに!!

本来、漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

以前は暇さえあれば漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

しかしそのかわりに

『気軽にマンガが読みたい』

と思ったときに電子書籍サイトで無料で読めるマンガが増えてきているんです♪

オトクに漫画を読めるサイトをまとめたので読んでみてください。

U-NEXTを使えば【週刊少年マガジン】2019年51号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます!今回の東京卍リベンジャーズの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!!

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえるので。違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.