最新話のネタバレ・感想

東京卍リベンジャーズ【最新話】113話ネタバレと感想

更新日:

東京卍リベンジャーズ【ネタバレ】113話「You have my word」

マイキー「はぁ疲れたぁ!!」

東京卍會総長・佐野万次郎ことマイキーと副総長・龍宮寺堅ことドラケンは、バイクの修理をしています。

ドラケン「ちょっとマイキーエンジンかけてみろよ」

ドラケンに言われたマイキーがイグニッションを回すと、バイクのエンジンがかかりました。ドラケンとマイキーは、ハイタッチをしながら喜びました。そしてマイキーは、さっそくアイツを呼んでくると、出掛けていきます。

東京卍會壱番隊副隊長・松野千冬に目隠しをされたまま連れてこられたのは、東京卍會壱番隊隊長・花垣武道でした。武道は、目隠しをされたままマイキーの案内でどこに行くのかワケもわからず恐怖を感じています。そして、ようやくドラケンの元にたどり着きました。

マイキー「ようし 0で目ぇ開けろよ!」

マイキー「さーん」「にー」「いーち」

マイキー「0!!」

マイキーの合図で目を開けた武道の前に1台のバイクがありました。マイキーとドラケンは、そのバイクを誇らしげに紹介します。武道はいきなりバイクを見せられ不思議な顔をしています。そのバイクは、CB250T、通称バブ、マイキーの乗っているバイクと双子なんだと説明します。

マイキー「俺のバブと双子なんだ」

武道「双子?」

昔、マイキーの兄貴がフィリピンで拾ってきた。廃墟の中で悲しそうに転がっていた2つのバブのエンジン。マイキーの兄貴が、コツコツと部品を集めて蘇らせたのが、マイキーの乗るバブで、マイキーとドラケンが部品を集めてようやく完成したバブが、武道に見せたバブだと説明しました。

武道「へぇ!!なんか・・・ロマンがあるなぁ!!」

2台のバブが復活した話を聞いて武道は、ロマンを感じています。

マイキー「オマエにやる」

マイキーの突然の言葉にとまどう武道に、東京卍會壱番隊隊長がバイクを持ってないってカッコがつかねぇだろと、ドラケンが言いました。飾っておくにはもったいないだろと言うマイキーの言葉を聞いても武道は、こんな大事なバイクをオレなんかにと、恐縮しています。

千冬「すげぇじゃんタケミっち!!」

三人のやり取りを見ていた松野千冬が興奮しています。まだ、戸惑っている武道に、バイクに乗ってみろよと言いました。言われるままにバイクに乗った武道に、ドラケンはエンジンをかけてみろと言いますが、武道はエンジンのかけ方がわかりません。マイキーは、そんな武道にレクチャーついでにその辺を一周しようと言いました。レクチャーを受けながらバイクを運転する武道は要領が悪く、マイキーがイラついています。

武道の後ろに乗っているマイキーは、兄貴の言葉を思い出しています。

マイキー「運命感じたんだってさ」

むせ込んでしまいそうな灰色の空の下で、天井のぶっ壊れた廃墟にある大量のスクラップ、その中に埋もれていた2台のバイクのエンジン、オレを呼んでたいたと、兄貴が言っていたと、兄貴の思い出を武道に話しました。

マイキー「いつかその場所に行ってみてぇな」

武道「行きましょうよ!!」

そんな話を続けながら走っているうちに武道は、バイクの運転に慣れていきました。

夜になり河の土手に二人の花垣武道と松野千冬、武道は河を見つめるように立ち、千冬は寝転がり空を眺めています。立ちすくみ、河を眺めている武道に何を考えているのかと、千冬が尋ねました。不意の問いにしどろもどろになる武道に、千冬は話始めます。

千冬「この先どうなるんだろうな?」

黒龍(ブラックドラゴン)がオレらの下につき、稀咲鉄太達が東京卍會から出ていって、武道と千冬の壱番隊が東京卍會で一番でかくなった、黒龍側に裏があるかもしれないが、柴大寿は死ななかった、武道の過去(ココ)でのミッションはもうない。

千冬「だから帰るんだろ?未来に」

過去(ココ)でのミッションを終えた武道に、お前の生きる場所は12年後、ヒナちゃんやアッくんの生きている12年後だ、千冬はお別れだなと言いました。

その言葉を聞いた武道は、泣きながら叫びました。今までありがとう、お前がいなかったらここまでこれなかったと、泣きながら叫びました。

武道「お前はオレの一生で一番のマブダチだ!!」

叫ぶ武道に千冬は笑顔で、12年後にまた会おうと言いました。

東京卍リベンジャーズ113話の感想

武道の為に、マイキーとドラケン、東京卍會のトップ二人が直したバイクをもらえる武道は、本当に認められていると感じました。そして、そのバイクがマイキーの兄貴が見つけてきた、マイキーのバイクと双子のバブときたら、武道の嬉しさと恐縮と千冬の驚きも納得です。

しかし、未来から来た武道は、過去(ココ)でのミッションを終えたら未来に帰らないといけない現実がまっています。ここでも、なかなか自分から言い出せず、千冬に背中を押してもらうところが武道らしく思います。

過去(ココ)で得た仲間や実績は、12年後の未来をどう変えているのか楽しみでしかたありません。

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.