最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】73話のネタバレ「日常の終わりに」感想!

更新日:

本記事は『チェンソーマン』【最新話】73話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「チェンソーマン」のネタバレを含む内容をご紹介します。 ちなみに前話72話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】73話のネタバレ

叶わぬ要望

早川の家での夜は闇の悪魔に脅えるパワーに付き添ってデンジと早川が一緒に寝る。

パワーを中央にして早川、デンジが川の字になって横になって寝転んでいる。

ニャーコは目をつぶるパワーの側に付き添っている。

『パワー。今日は夜に叫ばなくなったな。』

と早川が言うとパワーは目を開ける。

『だって、思い返してみたらワシ……。

地獄で闇の悪魔を倒していたかもしれん…。』

とパワーは妄言に縋ると、

『あ~。そうだな。』

とデンジは相づちをうつ。

朝になり、朝食を終えた早川とデンジは皿洗いをする。

『俺も明日から仕事に復帰だ。

パワーの事…。お前だけで大丈夫か?』

と早川が確認すると、

『…まあ大丈夫だろ。』

とデンジは答え、

『大丈夫じゃが!』

とパワーは言う。

『なら、よかった。』

と早川は安堵する。

突然、早川の家の黒電話がリリリリリリンっと鳴り響く。

次の日に3人は一緒に仕事場へと向かう。

ある部屋でマキマが3人を待っていた。

電話で3人を呼び出したのはマキマであった。

『3人とも元気そうでよかった。

急に呼び出してごめんね。』

とマキマは謝罪する。

『あの…。今回はどういった要件で俺達を呼んだんですか?』

と早川が呼ばれた理由を確認する。

『岸辺隊長から話は聞きました。

早川君の要望通り銃の悪魔討伐戦に特異4課は不参加で構わないよ。

でもデンジ君とパワーちゃんには作戦に参加してもらうね。』

とマキマは要件を話す。

『ちょ…。どういう事ですか!?』

と早川は驚きの声をあげる。

『デンジ君とパワーちゃんは私の管理下にあるの。

私は2人の力をもっと皆に見せて特異4課を認めてほしい。

デンジ君達は一時的に退魔7課に加わり、作戦を遂行してもらう。

参加者には作戦の機密事項を説明する必要があるんだ。

早川君が参加しないのならここから出て行ってもらいます。』

とマキマは説明する。

早川は顔に汗を浮かべ返答に困っている。

『俺ぁ行くぜ。俺には俺の考えがあるんだよ。

こっちはこの時をずっと待ってたんだ。』

とデンジは言い、

『ワシも行くぞ。デンジはワシのバディじゃからな。』

とパワーはデンジの意見に賛同する。

早川は2人の意見を聞いて、しばらく考える。

『マキマさん…。すみません……。

俺も参加できませんか……。』

と早川は考えた末に、自分の参加の許可を求める。

マキマは静かに早川を見つめる。

『よかった。勿論いいよ。

デンジ君達には保護者がついていなくちゃね。』

とマキマは早川の参加に許可を出す。

真の目的

『心配しなくてもデンジ君は死なないし、パワーちゃんは頑丈だよ。

キミは自分の心配だけをしたほうがいい。』

とマキマは心配な表情をする早川を気にかけて言う。

『3人の参加が決まったから、銃の悪魔の現状について知っていることを話そうか。

聞いた内容は口外禁止でお願いします。』

とマキマは機密事項を言う前に3人に念を押す。

『現在、銃の悪魔はすでに倒され、拘束されているの。』

とマキマが現状を告げると、

『なっ!?』

と早川が、

『ええええええ!?そんなぁ!!』

とデンジがそれぞれ驚きの声をあげる。

『ソ連軍が初めて視認した銃の悪魔は、

何者かにやられて、すでに意識のない状態だったの。

今…。銃の悪魔の本体はアメリカが20%。

ソ連が28%。中国が11%。その他の国が4%を所持して、

残りの37%が肉片として、世界中あちこちの悪魔が持っている。』

とマキマは説明する。

『そんな…!そんなハズはっ。

だって…。姫野先輩や黒瀬さん達を殺した銃は……!』

と早川が疑問の声をあげると、

『それは人間が作った物だね。』

とマキマは返答する。

『どこの国でも…。国際法に基づき、

銃の製造は厳しく取り締まっているはずです。』

と早川が一般的な取り締まりについて話すと、

『表向きはそうだけど……。

実際はどこの国でも国が裏で作ったのを流してるんだよ。

その銃は都合が悪いから、

売り買いしてる人達は銃の悪魔と契約して、

手に入れた事にしてるみたいだけどね。』

とマキマは国の実情を話す。

『そんな陰謀論みたいな事…。』

と早川はマキマの言っていることが信じられないでいると、

『銃の悪魔が現れる前からどこの国も内戦してるトコに売ってるよ。』

とマキマは告げる。

『それじゃあ銃の恐怖が増す一方じゃないですか!』

と早川は矛盾を感じ、声を荒げると、

『それでいいんだよ。

みんなが銃の悪魔を恐れれば恐れるほど強くなる。

そうなれば銃の悪魔の肉体の多く持っている国は他国に対して強くなれるでしょ。』

とマキマは説明する。

『それじゃあ…。銃の悪魔を倒しに行くっていうのは…。』

と早川は目的を再確認すると、

『……。そうだね。

戦争なようなものになるだろうね。』

とマキマは起こりうる事態を話す。

残酷な未来

マキマと別れた3人は街を歩く。

デンジは缶ジュースを飲み、早川はベンチに座りうなだれる。

『なに落ち込んでるんじゃ、チョンマゲ。

行って倒して、帰るだけなんじゃろ?』

とパワーは言い、

『なんだぁ。ビビってんのか?』

とデンジは言う。

早川はうなだれた状態から戻り、普通に座る。

『もし、俺達が銃の悪魔を倒せたとしても…。

多分、その肉体は公安に回収され、国で保管される。

俺達は銃の悪魔を倒しに行くんじゃない。

他の国から銃の悪魔を奪って、日本のものにしに行くんだ。』

と早川は話す。

『んー?どういうコト?』

とデンジが疑問の声をあげると、

『銃の悪魔は永遠に倒せない。

ずっと誰かに利用されながら生き永らえるんだ。』

と早川は説明する。

『…。はあ?そんなハズねえだろ…。だって……。』

とデンジは銃の悪魔を倒せないことを否定する。

『だって…。俺はマキマさんと約束したぞ…。

銃の悪魔を倒したら、なんでも願いを1つ叶えてくれるって…。』

とデンジは心の中でマキマとした約束を思い出す。

『ううっ…!?』

と早川は突然、頭を抱えて苦しみだす。

『あ?どうした?』

とデンジは早川の状態を確認する。

早川は何か衝撃的な事実を知ったような顔をして黙っている。

夜になり早川達は家に帰りつく。

デンジとパワーが一緒に仲良く眠る。

早川は一人でベッドの上に座り、頭を抱える。

『未来の悪魔…。姿を見せろ……。』

と早川が言うと、窓の外のベランダに未来の悪魔が姿を現す。

『未来最高!って言えば出てくるよ!』

と未来の悪魔が言うと、

『ふざけるな。』

と早川が一蹴し、

『ふふふふふ…。』

と未来の悪魔は不気味に笑う。

『俺に昼見せたアレはなんだ?』

と早川が確認する

『あれはねもうすぐ来る未来。

絶対に変えられない未来。

キミとパワーはデンジにグチャグチャに殺される。

その後、悪魔に最も恐れられる悪魔が現れるだろう!』

と未来の悪魔は早川に見せた未来について話す。

残酷な預言…。未来最悪…!?

 

チェンソーマンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

チェンソーマンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

チェンソーマン【最新話】73話の感想

早川達は銃の悪魔討伐戦から逃れることができませんでしたね。
やはりマキマのほうが1枚上手でまんまと3人を戦場に引き戻しましたね。
マキマはかなり頭が切れて、腹黒さが滲み出てますね。

マキマからは衝撃的な事実が語られましたね。
すでに銃の悪魔は倒され、それぞれの国で肉体を分け合っていたのですね。
銃の悪魔を倒しに行くのではなく、他の国から奪う戦争になることが示唆されましたね。
仇を討つことができない早川は非常にやるせない気持ちでしょうね。
デンジはマキマとの約束を絶対に叶えるという野望があるみたいですが(笑)

未来の悪魔が早川に見せた衝撃的な未来も驚きですね。
デンジは銃の悪魔の肉片でも取り込んで暴走してしまうのでしょうか。
いよいよポチタがデンジの奥底から出てくるのでしょうか。
悪魔に恐れられる悪魔とはどんな悪魔なのでしょうか。
まだまだ謎は深まるばかりですね。

銃の悪魔討伐戦の新しいメンバーが登場してきそうですね。
銃の悪魔と渡り合える力をもったデビルハンターはどんな能力なんでしょうか。
ソ連やアメリカの防衛で出てくる強敵たちにも注目ですね。
クァンシやサンタ以上の能力を有していることは間違いないですね。
すでに地獄の悪魔との取引を完了した国も出てくるでしょうね。
次回も楽しみですね!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.