最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】62話のネタバレ「ちょうめちゃくちゃ」感想!

投稿日:

本記事は『チェンソーマン』【最新話】62話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「チェンソーマン」のネタバレを含む内容をご紹介します。 ちなみに前話61話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】62話のネタバレ

岸辺VSクァンシ

クァンシが岸辺の隙をつき、右側頭部に蹴りを放つ。

応戦した岸辺の右ストレートは軽々とクァンシにかわされる。

岸辺は手元にナイフを出現させ、クァンシに向けて投合する。

クァンシは左手の親指と人差し指で掴み、受け止めた。

岸辺とクァンシの刹那の交戦が繰り広げられる。

岸辺は続けてクァンシに向けて蹴りを放つ。

クァンシは蹴りを受け止め、そのまま岸辺を投げ飛ばした。

岸辺は窓を突き破り、デパートから落下していく。

岸辺はナイフを取り出し、壁に突き立て、勢いを殺そうと試みる。

勢いを殺しきれずに、デパートの近くに駐車していたコベニちゃんの車の屋根に落ちる。

車はバダっという音を立てて激しく損傷する。

アルド奮闘

デパート内ではデンジを拘束する角が生えた魔人とアルドが交戦する。

アルドの拳銃の発砲を角の生えた魔人は左腕でガードする。

角の生えた魔人はアルドに向けて口から大きな火炎の息を吹く。

アルドは魔人の攻撃を横っ飛びでかわし、銃弾を放つ。

角の生えた魔人は再び左腕でガードする。

クァンシが横から乱入し、アルドの首根っこを掴んで、窓の外へと投げ飛ばす。

『うぇ。あ。』

とアルドは声を出しながら下へと落下していく。

『いてえ…。』

と岸辺は言い、起きながらコベニちゃんの車から離れていく。

『がッ!!アアアアアア。』

とアルドが声をあげながらコベニちゃんの車へと落下する。

コベニちゃんの車はバオっと音を立てて損傷する。

デパート内の別の場所では暴力の魔人とコベニちゃんが人形達と戦闘を繰り広げている。

暴力の魔人に人形達が襲い掛かる。

暴力の魔人は近づいてくる人形の首を跳ね飛ばす。

『そっちは大丈夫か。コベニちゃん!』

と暴力の魔人が声をかけると、

『わた。わた・・・。わ・・・私の車が……。車っ。』

とコベニちゃんは自分の車の様子を見て絶望する。

吉田リベンジ

岸辺とクァンシが交戦していた場所に取り残されたパワーがクァンシ達と対峙する。

パワーは気絶しているポニーテール姿の魔人を拘束している。

『ワシに近づいたらコイツを殺すぞ!!

あとデンジを離せ!』

とパワーはクァンシ達に警告する。

『チキショ~…!』

と角の生えた魔人に床に押し付けられて拘束されたまま、デンジは声をあげる。

『お嬢さん。その子を放してくれないか。

でなければ戦う事になってしまう。』

とクァンシは忠告する。

『卑怯者がア~…!』

とパワーは冷や汗を流す。

床をサメのヒレが動いていく。

ビームは床から姿を現し、角の生えた魔人の背面に頭突きをくらわした。

『うっ。』

と角の生えた魔人は攻撃を受けて、床へと倒れ込む。

その隙をついてデンジは拘束から素早く抜け出す。

『あっ!!』

と角の生えた魔人はデンジを逃したことに声をあげる。

『チェンソー様に触るな!!汚い!!』

とビームは角の生えた魔人を一瞥する。

『アイツバケモンだ!逃げっぞ。ビーム!』

とデンジは呼び掛けると、

『バケモンめ!!このバケモン!!』

とビームは繰り返し言った。

『クァンシ!!』

と角の生えた魔人はクァンシを呼ぶ。

クァンシが角の生えた魔人の元に向かおうとするが、吉田が前に立ち塞がる。

『リベンジいいか?』

と吉田は首を擦りながら言うと、

『ん…。』

と答え、クァンシは構えをとる。

吉田も構えをとり、お互いに向かい合った。

クァンシが素早くパンチを繰り出し、蹴りを放つ。

吉田はパンチをいなし、蹴りをよけて、後ろへと下がる。

クァンシは追撃で蹴りと右ストレートを繰り出す。

吉田は腕でガードしながらクァンシの攻撃をいなしていく。

クァンシの飛び蹴りをいなした吉田は、カウンターで蹴りをクァンシの顔面に叩き込んだ。

蹴りを受けたクァンシは口から血を垂らしながら、大きく後ろへ後退する。

『まともに受けたら死ぬな。

人間の力じゃないだろ。キミィ。』

と吉田はクァンシの力を評価する。

最期の一刺し

デンジとビームがデパート内を駆けていく。

デパート内は倒された人形達が散乱している。

『チェンソーになっといた方がいいかなあ~!?』

とデンジが言うと、

『チェンソー様!血!節約!』

とビームは注意を促す。

『あっ。ぎゃふッ!』

とビームは倒れている人形の手に引っ掛かり、激しくこける。

『おい。ドジっ子!』

とデンジは呆れた声をあげる。

『痛っ!!』

とデンジは足元を確認すると、釘が足を貫通していた。

『ひい~。クギ踏んじゃった。』

とデンジは言う。

デンジの足元には人形に紛れてトーリカが横たわっていた。

『0』

とどこかからカウントが告げられる。

『オわっ。』

と天井へと浮いていくデンジは驚きの声をあげる。

『チェンソー様!?』

とビームは困惑の声をあげる。

『なんか!あれ…。掴まれてる!』

とデンジは自分の受けている感覚を話す。

『浮いてる…。す…。すげえ…。』

とビームはデンジの空中浮遊に尊敬の念を抱く。

『動けね~!!あ。なっ。体がハリツケになってくよオ~!?』

とデンジは声をあげる。

双頭の骸骨が出現し、デンジを拘束して、両肩に噛みつく。

デンジは大量の血を流して、床へと倒れ込む。

デンジの表情は死人のような表情をしている。

『なっ…。あっ…。』

と一瞬の出来事にビームは声が出てこない。

トーリカが起き上がり、ビームの顔面を蹴りとばす。

絶望!絶命ッ!?

 

チェンソーマンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

チェンソーマンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

チェンソーマン【最新話】62話の感想

クァンシとの対決が迫熱してきましたね。
クァンシの動体視力はすごいですね。
岸辺先生の攻撃を次々とかわしていき、圧倒していますね。
元バディで老いもあるかもしれませんが、クァンシのほうが1枚上ですね。
その攻撃をいなし続けて、カウンター攻撃を成功させる吉田の実力もすごいものですね。
クァンシはまだ吉田を舐めてかかっているところもあるかもしれませんが、吉田のペースになってしまっていますね。
クァンシが本気を出したら、吉田はすぐにでも血祭りにされてしまいそうですが、吉田が前回に十分に使うことができなかった能力を使用することで逆転するかもしれませんね。

コベニちゃんの車は新車から廃車へとなってしまいそうですね。
最初に落ちていった岸辺はともかく、クァンシとアルドは車を狙っていたかもしれませんね(笑)
クァンシは同じ場所に投げ飛ばし、アルドは見事に車へと突っ込んでいますね。
コベニちゃんにとっては2人とも確信犯に違いないかもしれませんね。
保険対象になり、保険金が支給されて、もっといい車が買えるといいですね。

トーリカは師匠から出されたテストを遂行しましたね。
床に散らばった人形に紛れて、見事にあと一刺しをすることができました。
デンジの油断を狙った効果的な作戦でしたね。
呪いのかかったデンジは大量の血を流して倒れてしまいますが、安否はどうなんでしょうか。
胸のチェンソーの紐を引くと再び復活する不死身なのでしょうか。
あるいはこのまま死んでしまっているのか。

次回も楽しみですね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.