最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】61話のネタバレ「ニュースレポーター」感想!

投稿日:

本記事は『チェンソーマン』【最新話】61話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「チェンソーマン」のネタバレを含む内容をご紹介します。 ちなみに前話60話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】61話のネタバレ

離間の計

デパート前はクァンシが斬っていった人形が散乱している。

生き残った人形達がデパート内へと侵入していく。

脳みそが飛び出た魔人が転がる人形をべちゃっと踏みつける。

『ハロウィン!』

と脳みそが飛び出た魔人が一人で進みながら言うと、

『はいソコ!離れないでください!』

とポニーテール姿の魔人が注意をする。

『さっさとクァンシ様に追いつきますよ~。お…。お?』

とポニーテール姿の魔人は何かを見つけて疑問の声をあげる。

悪魔達の目の前に岸辺、暴力の魔人、コベニちゃんが姿を現す。

『やっとクァンシから離れてくれたか。

東山達はデパートの人形を片付けてろ。』

と岸辺が指示を出すと、

『うし!はい!』

と暴力の魔人とコベニちゃんは返事をする。

『なになに?日本語わかりませ~ん。』

とポニーテール姿の魔人は言う。

ポニーテール姿の魔人は親指と人差し指を輪の形にしてのぞき込む。

『見えた。あいつが契約してる悪魔は…。

爪、ナイフ、針。

随分物騒なのと仲良しね。

でもこの日本人雑魚だ。

こいつの体に契約で払えるような物はもうほとんど残ってない。

4人で食べちゃいましょ。』

とポニーテール姿の魔人は岸辺を能力で品定めした。

人質

デパート内ではデンジ達とクァンシが対峙する。

早川と天使の悪魔はクァンシの攻撃で吹き飛ばされ、床に横たわっている。

クァンシの両手に持っている刀の刃は攻撃の衝撃に耐えきれずに砕け散る。

クァンシはデンジ達がいる場所へ駆け込み、デンジ、玉置、日下部が一瞬で倒されてしまった。

『蛸。』

と吉田が能力を発動させる。

クァンシの蹴りを吉田は腕でガードし、後ろへ転がって蹴りの威力を受け流す。

吉田の身体に大きな蛸の触手が絡みつく。

『墨。』

と吉田は辺りに黒い煙を発生させる。

黒い煙に身を隠してクァンシの背後に吉田は回り込む。

吉田はクァンシに向けてナイフを構えるが、クァンシは後ろ蹴りで一瞬で吉田の意識を刈り取る。

吉田の手放したナイフを奪い、クァンシは吉田に狙いを定める。

『クァンシ。久しぶりだな。』

と岸辺はクァンシに話しかける。

クァンシは吉田に馬乗りになった状態で静止する。

岸辺の腕にはポニーテール姿の魔人と角の生えた魔人が拘束され、首にナイフを突きつけられていた。

クァンシは静止したまま岸辺を睨む。

『痛って~……。』

とデンジは床から起き上がる。

『デンジ。パワー。この二人を拘束。

暴れたら殺せ。』

と岸辺は指示を出す。

『パワ子……。おい、起きろ。パワー。』

とデンジが声をかけると、

『どうじゃ。死んだフリしとったわ。』

とパワーが起き上がった。

『バ~カ!あ~。いってえ~。』

とデンジはクァンシの攻撃の痛みに声をあげる。

クァンシは窓辺にあるテーブル席に座る。

岸辺もクァンシのいるテーブル席に続けて座った。

デンジとパワーはクァンシの魔人達を拘束している。

岸辺とクァンシはお互いに顔を背けている。

謎のメモ

『残りの魔人二人はどうした。』

とクァンシが確認すると、

『逃げられた。

ここら一帯公安と警察で囲むからすぐに捕まるぞ。

下にいる人形達を公安で一掃したらお前を連行する。

それまで何もするなよ。』

と岸辺は言う。

『狂犬岸辺が随分と小賢しくなったな。

首輪を付けられて本当に犬になったのか。』

とクァンシが言うと、

『こっちは50過ぎてんだぞ。大人しくなるさ。

牙もとっくに抜け落ちた。』

と岸辺は言いながら「会話はマキマに聞かれている」と書かれたメモをクァンシに見せる。

『デビルハンターは老ける前に死ぬからな。

さっさと引退しておけばいいのに。』

とクァンシが言うと、

『年金生活なんて信じられねえ。

けど、もうそういう時期だからな。

今は悪魔より隠居してボケるのが一番怖いよ。』

と岸辺は言いながら「言う通りにすれば逃がす安全は保障する」と書かれたメモをクァンシに見せる。

『時代を追えばボケはしない。

ニュースとか新聞を見続けろ。新しいものを常に味わえ。』

とクァンシは言う。

岸辺は黙って、「マキマを殺す協力するなら全てを教える」と書かれたメモをクァンシに見せる。

しばらく二人の間で沈黙の時間が流れる。

『ニュース……。

朝のニュースに出ているレポーターにタイプの子がいて……。

…毎日そのニュース番組を見てたんだ。

その子が出てる雑誌とかも買ったりしてた。

ある日、その子の年齢詐称が発覚して…。

そこから芋づる式に昔の彼氏や悪行がテレビで流されるようになった。

その子はそれでも朝のニュースに出続けたんだけど…。

私はその番組を見なくなった。

その子が変わったんじゃなく。

変わったのは私の脳みそ。

この世でハッピーに生きるコツは無知で馬鹿のまま生きる事。

岸辺てめえは大人しく首輪つけときな。

元バディからのアドバイス。』

とクァンシは語った。

物陰からアルドが現れ、デンジに銃口を向ける。

岸辺はデンジに蹴りを入れ、銃をかわさせる。

拘束を解かれた角の生えた魔人はデンジを床に押し付ける。

『たっ。いでアっ!』

とデンジは痛みに声をあげる。

『クァンシ!!』

と角の生えた魔人が呼び掛ける。

岸辺の放った左ストレートはクァンシにかわされ、クァンシの右ストレートが岸辺の左頬に命中する。

瞬間攻防入り乱れ…。

 

チェンソーマンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

チェンソーマンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

チェンソーマン【最新話】61話の感想

公安退魔特異課の最強の男の岸辺先生が登場しましたね。
やっとクァンシと魔人が離れたと話しているので、ずっとクァンシのことを尾行していたのでしょうか。
ポニーテール姿の魔人の能力は相手の能力の透視でしたね。
岸辺の契約している悪魔を見通してしまいましたね。
岸辺は3体の悪魔と契約していたんですね。
毎回、ナイフばかり使っていたのは能力だったんですね。
しかし、岸辺の体には契約で払えるものがない状態なんですね。
あんなに強いのに体はもうボロボロな状態なんでしょうね。
爪と針の能力も早く出てくることに期待ですね。

クァンシの身体能力は恐るべきものですね。
デンジ達を一瞬にして戦闘不能な状態にしていましたね。
その攻撃を一度は受け流した吉田の戦闘力もたいしたものでしたね。
残念ながらクァンシに一瞬で意識を刈り取られていますが、一般のデビルハンターに比べても上位に位置しているかと思われます。

岸辺とクァンシは元バディの関係だったんですね。
岸辺も瞬足で行動していたので、クァンシに通ずるところがあると思っていましたが、まさかの知り合いでしたね。
岸辺は昔は中国で生活していたんでしょうか。
またはクァンシが日本で生活していたかもしれません。
2人で狂犬のように暴れまわっていたんでしょうね。
ものすごい速さの2人には誰もついていけなかったでしょうね。

岸辺のメモ書きの真意はなんでしょうか。
本当にマキマを殺そうと計画しているのか。
あるいは油断を誘う偽りの計画なのか。
岸辺とマキマの関係が気になるところですね。
マキマは殺しても復活する能力があるので一筋縄ではいかない計画でしょうね。

アルドが本当にいいところで現れましたね。
クァンシにとってナイスアシストですね。
岸辺の行動によりかわすことができましたが、アルドはいい仕事をしたと思います。
この行動が後々意味あることになっていきそうですね。
岸辺はクァンシの一撃を受けて、生き残ることができるのでしょうか。

次回も楽しみですね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.