最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】54話のネタバレ「江の島にいくには」感想!

投稿日:

本記事は『チェンソーマン』【最新話】54話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「チェンソーマン」のネタバレを含む内容をご紹介します。 ちなみに前話53話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】54話のネタバレ

狩人の追跡者

レゼの襲撃の件がテレビで報道されたことでデンジは世界中から狙われることになった。

2人の若い男女が雪深い森の中を歩いていると、野生のキツネに遭遇した。

男はキツネに狙いをつけて弓矢を放つと、矢は見事にキツネの腹部に命中した。

彼らは命を狩り、糧とすることを生業としていた。

『師匠。キツネ狩りに何の意味が?』

と男が師匠と思われる女に質問すると、

『トーリカ。命を殺した感覚はありますか?』

と師匠はトーリカと呼ばれた男に質問を返すと、

『そうですね…。弦の振動しか感じませんね。』

とトーリカが答えると、

『そうですか。』

と師匠は言った。

トーリカは弓矢で射抜いたキツネの毛皮を解体する。

『トーリカ。命を殺した感覚はありました?』

と師匠が質問すると、

『…毛皮は家の仕事で剥いでましたからね。

特に何も…。』

とトーリカは答えた。

師匠とトーリカは拠点としている小屋へと戻っていく。

トーリカが狩ったキツネで美味しそうな熱々のシチューを作り、食卓のテーブルへと運んでいく。

『トーリカ。キツネを殺した感覚。』

と師匠がトーリカに質問している途中で、

『ありません。』

とトーリカが答えると、

『そうですか。』

と師匠は言った。

『トーリカ…。今回の仕事はデビルハンターの仕事ではありません。

この16歳の少年を殺すのが仕事です。』

と師匠はデンジの写真を取り出して、トーリカに見せる。

『まあ。…はあ俺はできますよ。』

とトーリカはデンジを殺すことができると言った。

『トーリカ。これから私達はこのキツネにした事を16歳の少年にします。』

と師匠はトーリカに言うと、しばらく2人は静かに向かい合う。

『少年を殺して、心臓をもぎとり、それを仕事にして生きるのです。』

と師匠はデンジを殺すことをキツネ狩りに例えて説明した。

食卓を挟んだ2人はしばらく沈黙したまま向かい合う。

『師匠…。俺は殺せます。』

としばらく考えたトーリカは言う。

『お上の方々が約束してくれた。

次の仕事が終われば師匠はデビルハンターをやめられる…。

師匠はあと半年しか生きられないんです。

余生は平穏に過ごして欲しいんです。俺は。』

とトーリカは自分の願いを師匠に伝えると、シチューを口に運んだ。

『トーリカ…。』

と師匠は自分のことを思ってデンジ殺しを引き受けたトーリカの発言に感慨にふけった。

中国の追跡者

車がせわしく行き交い、人々の往来で賑わう繁華街のとある部屋の中。

4人の裸の女の悪魔が一人の女性に抱き着いてベッドで寝転んでいる。

『はあ~…。クァンシ様よかったです~…。』

とポニーテールの悪魔が言い、

『ハロウィン!ハロウィン!ハロウィン!』

と脳みそが飛び出た悪魔が言う。

軍服姿の男が部屋に入ってくる。

『仕事だ。日本に行ってこのノコギリ男を捕まえてこい。』

と軍服姿の男がクァンシと呼ばれた女性に命令する。

『ご褒美は?』

とクァンシが軍服姿の男に確認すると、

『今回は今までで一番危険な仕事だ。

要求はできるだけ聞くと元帥様が言ってくださっている。』

と軍服姿の男は答えた。

『お嬢さん方。望みを言ってみなさい。』

とクァンシが周りの悪魔に確認すると、

『や~った!ドーナツ!

私。ドーナツ100個!!』

とポニーテールの悪魔は言い、

『血。』

と角の生えた悪魔は言い、

『ハロウィ~ン!』

と脳みその飛び出た悪魔は言い、

顔に縫い目のある悪魔は無言であった。

4人の悪魔達はクァンシに絡みつきキスをする。

『私の女達に人権と義務教育を。』

とクァンシが軍服姿の男に褒美の希望を言うと、

『検討する。成功したらな。』

と軍服姿の男は答えて、部屋を出ていく。

ドイツの追跡者

建物の廊下を歩くマキマと岸辺が会話をする。

『中国からクァンシが刺客として来るそうです。

おそらくお仲間の魔人達と一緒に来るでしょうね。

さてどうやって向かい討ちましょうか…。』

とマキマは岸辺に話すと、

『アイツに近づきたくはないな。

全人類が集まって素手で殴り合う競技があったなら、一位がクァンシだ。

とにかくやりにくい女だな。』

と岸辺はクァンシについて語る。

『こっちに来るビッグネームは彼女だけじゃないでしょうね。』

とマキマが言う。

『…クァンシは警戒しても仕方ねえか。

警戒すべきは…。』

と岸辺が言うと、

『ドイツのサンタクロース。』

とマキマは言う。

『来ると思うか?』

と岸辺がマキマに聞くと、

『どうでしょう…。

寿命で死んだという噂もありますが…。』

とマキマは答えた。

『アイツに悪魔を使われたら終わりだからな。

天に召されてるのを祈るか。』

と岸辺はドイツのサンタクロースについて語った。

壮観な建物が立ち並ぶドイツの公園のベンチに新聞を読む老人が座っている。

若い男が歩いてきて、老人がいるベンチの隣に座る。

『…。少し早いがクリスマスだ。』

と若い男が老人に言うと、

『…。プレゼントは誰に?』

と老人が若い男に確認する。

『日本で話題のデンノコ悪魔に。…。見つけられるか?』

と若い男が説明する。

『報酬は?』

と老人が確認すると、

『何が欲しい』

と男は希望を確認する。

老人はしばらくの間、報酬の希望を考える。

『性別は問わない。

美男美女を4人ほど養子にしたい。』

と老人が希望を言う。

『……。目的は?』

と若い男が確認をとると、

『3人は契約に使う。一人は趣味だ。』

と老人は答えた。

『…。用意する。』

と若い男は言い、その場を去っていった。

江の島に行く方法

早川の家の中でデンジは無気力に寝そべっている。

『なんで俺ん心臓みんな欲しいんだろ…。

…そもそもポチタは何者なんだ?

なんで…。』

とデンジは心の中で思案する。

早川がデンジの側へとやってきた。

『なんでマキマさんと旅行行けねえんだ……。』

とデンジはいじける。

早川がうつぶせに寝転がるデンジの背中に座る。

『…俺はイスじゃねえぞ。』

とデンジは早川に言う。

『一生ずっと殺し屋に命狙われるわけじゃねえ。

今回来るのを全員捌けば、相手も様子見してくる。

そうすれば旅行に行ける。

マキマさんは旅行を中止とは言ってない。

延期なんだ。』

と早川はデンジに話す。

『な~んだ。じゃあ簡単じゃねえか。

全員ぶっ殺しゃあ、江の島行けるっつー事か!』

とデンジは結論を出した。

全員撃退!ならGOトリップ!!

 

チェンソーマンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

チェンソーマンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

チェンソーマン【最新話】54話の感想

デンジを狙う追跡者がどんどん増えていきますね。

狩人の追跡者はキツネを射抜いたように狙撃手みたいな力を持っていそうですね。

師匠は不治の病に侵されているんでしょうか。

人を思う者の力は侮れないので注意すべき相手ですね。

クァンシは引き連れている悪魔に大分好かれていますね。

お互いに想い合っているようなのでレズっ気が見えますね。

岸辺の情報では格闘がものすごく得意そうですね。

デンジ達との熱い戦いに期待ですね。

ドイツのサンタクロースの従えている悪魔はどんなものなんでしょうね。

岸辺の評価では悪魔を使われたら最期とのことなので、即死系の能力を持っているんではないでしょうか。

美男美女が代償となる契約なので相当な強い能力なんでしょうね。

デンジを狙う追跡者は今回までに登場した4ヵ国でとりあえずは終わりでしょうか。

いずれも厄介そうな相手ばかりですね。

早川は全員を撃退すれば江の島にいけると言っていますが、果たして誰も失わずに勝てるものなのでしょうか。

次回からの追撃者撃退編に期待ですね!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.