最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】45話のネタバレ「爆発日和」感想!

投稿日:

本記事は『チェンソーマン』【最新話】45話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「チェンソーマン」のネタバレを含む内容をご紹介します。 ちなみに前話44話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】45話のネタバレ

レゼ強襲

レゼは爆弾の魔人化をして爆風を起こした。

レゼは爆風で逃げるビームに一瞬で追いついた。

『ギギャア。チェンソー様ァ!!』

とビームは焦りの声をあげた。

ビームはデンジを抱えてその場から逃げようとした。

レゼはボボっと爆風を起こしてビームの前に飛んでいった。

レゼは地面を殴り、ボオっと爆発を起こした。

『ギャ!!』とビームは爆発に吹き飛ばされてしまった。

『アアアアアア。』とビームは地面を転がっていく。

『ア。ヴヴヴ!!』とビームは起き上がり、臨戦態勢をとった。

『アナタも4課の一員なのかな?

今、デンジ君を置いて逃げるなら見逃すよ。』

とレゼはビームに提案した。

『ヴヴ。ヴヴヴヴヴ!!ヴァ!!』

とビームは顔を大きくサメの魔人化をしていく。

『あそう。』とビームの行動に自分の提案が拒否されたことをレゼは理解した。

『ギャワ!!』とビームはレゼに噛みつこうと襲いかかった。

レゼがビームの顔に触れると、ボっと大爆発を起こした。

ビームは黒焦げになり、後ろにズザっと倒れこんだ。

ビームの逃走

レゼによりビームとデンジが強襲されている現場の近くを車が通りかかった。

『ん?』と車に乗る男が爆発に気づき、車を停めた。

3人組の男達が武器を持って車を降りた。

倒れたビームの前に立つレゼは、男達に気づき振り向いた。

『チキショ。祭り行きたかったのに。』

とスキンヘッドの男は文句を言い、

『うわ。なんか殺してやがる。』

と髪を染めた男は現場を観察し、

『祭り会場付近で悪魔発見。18時34分戦闘開始。』

と黒髪の男は誰かにトランシーバーで連絡した。

『民間のデビルハンターかな?』とレゼは推測した。

『うおっ。喋った。中々強いぞコイツ。』

と男達はレゼが話すのは聞いて驚いた。

パチンっとレゼは指を弾くと、火花が男達の元へと向かっていった。

火花はボオっと男達の前で大爆発を起こした。

男達の乗っていた車も爆発に巻き込まれいく。

爆発のあとは男達の姿、形もなく血が飛び散っていた。

男達を始末したレゼはビームが倒れていたほうへ振り返った。

振り返った場所にはビームとデンジの姿はなかった。

『逃げ足速っ。』とビーム達がいないことを確認したレゼは言った。

2課の誘い

退魔2課の訓練施設に早川が呼ばれていた。

『勝負アリ!!』と早川と2課の隊員との模擬試合の終了が告げられる。

『ぐうう。ご指導ありがとうございました!!』

と2課の隊員は顔から血を流しながら、早川に感謝を述べた。

『ありがとうございました。』と早川は余裕な様子で立っていた。

『アキィ~。わざわざ来てもらってすまないな。』

と2課の隊員の野茂が早川にお礼を言った。

『野茂さんの頼みは断れません。』

と早川が言うと、

『おお?そうか?なら今からでも2課に戻って来い。』

と野茂は早川を2課に誘った。

『特異課なんて血生臭い話しか聞かないぞ。

順当にいけば5年後には俺が副隊長になる。

そうなったら本気でお前を誘うからな。』

と野茂は早川に言った。

『ありがとうございます。』と早川は礼を言った。

天使の魔人はそのやりとりを浮かない表情で見つめていた。

訓練場を離れ、早川と天使の魔人は二人で廊下を歩いていく。

『ねえねえ。5年後はもう死んでますって言ってないの?』

と天使の魔人は早川に質問すると、

『その事誰から聞いた?』と早川が情報の伝達者を確認すると、

『パワーちゃん。』と天使の魔人は答えた。

『あの糞悪魔。』と早川は悪態をついた。

『お前は誰にも言うなよ。』と早川は天使の魔人に言わないように釘をさした。

『キミはいいなぁ。僕も早く死にたいな~。』

と天使の魔人は早川を羨ましがった。

『生きてると頑張らなきゃいけないからね。

死ねば頑張らなくていいし。』

と天使の魔人は言った。

銃の仲間の情報

『アキ!!下に来い!すぐ!!』

とその場にやってきた野茂が早川に指示をした。

下に向かった早川達は手負いのデンジとビームの姿を確認した。

『入り口で自分は特異課だと呻いていた。

この魔人が本当に仲間なのか?』

と野茂が早川に確認すると、

『は。はい!』と早川は答えた。

『デンジは悪魔にやられたのか?』

と早川はビームに確認をとる。

『うう…。』とビームは傷の痛みに声をあげる。

『ボムが来る!ボム。銃の悪魔の仲間!』

とビームは言った。

『なんでお前がそんな情報を知っているんだ?』

と早川はビームに問い詰めた。

『う…。あ…。』とビームは呻き声をあげた。

『答えろ。ここでお前を殺す事だってできるんだ。』

と早川はビームを脅した。

『話したら殺される!マキマ様と約束!』

とビームが答えると、

『マキマさん?』と早川は疑問の声をあげた。

レゼの追撃

『あ!キタ!キタ!ボム来た!』とビームは大声をあげた。

訓練施設の入口に黒い人影が現れたのを野茂と早川は確認する。

『そこの美女!!すまないがそれ以上近づくな!!

ここは退魔2課の訓練施設だ!民間人の立ち入りは禁じられている!!』

と野茂はレゼに警告した。

レゼは爆弾の魔人化から元の人間の姿に戻っていた。

『すいませ~ん!!』とレゼは大きな声で呼び掛けた。

『レゼ!』とデンジはレゼの声を聞いて、反応した。

『レゼ?』と名前を聞いた野茂は疑問の声をあげた。

『助けてくださ~い!!悪魔に襲われてま~す!!』

とレゼは笑顔で助けを求めた。

『ほー。ずいぶんな笑顔で襲われているもんだな。』

とレゼの言動について野茂は感想を言った。

『野茂さん。』と早川が野茂に話しかけると、

『ああ。お仲間を連れて後ろに下がっていろ。

本部と副隊長に連絡。ここにいる2課全員呼べ。』

と野茂は早川に指示を出した。

『それと。あの美女どこかで見たことないか?』

と野茂は早川に確認した。

『こんな時にナンパ癖はつまんないですよ。』

と早川が言うと、

『いや。本当に。』と野茂は言った。

『まさかな。そんなワケないか。』

と野茂は自分の中の推測を否定した。

『ダメみたいだな~。そりゃダメか~。

なら仕方がない。皆殺しコースかな』

とレゼは首のピンに指をかけ、魔人化しようとする。

殺意が撃針を叩く!!

 

チェンソーマンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

チェンソーマンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

チェンソーマン【最新話】45話の感想

 

レゼの戦闘力は半端ないですね。
持ち前の体技に爆発の力が加わってものすごいことになってますね。
ビームや民間のデビルハンター達も爆発で瞬殺してしまうほどの実力なんですね。

早川の余命はあと5年なんですね。
未来の悪魔により早川は自分の余命について告げられていたんでしょうか。
早川はデンジとパワーに自分のことを話していたんですね。
それだけ、デンジとパワーが心を許せる仲間となっていたんでしょうね。
残された命で銃の悪魔を倒せるように、強くなっていかないといけない思いが大きいでしょうね。

レゼの正体は銃の仲間とのことでつながりが深いんでしょうね。
銃の悪魔の肉片をかなり取り込んでいそうですね。
レゼを倒したら銃の悪魔の近くへとグッと近寄って行くんでしょうね。

野茂と早川は以前にレゼと会ったことがあったんでしょうか。
昔の知り合いが銃の悪魔と取引して、爆弾の魔人となったのでしょうか。
野茂や早川との昔のつながりが気になりますね。

レゼと野茂率いる2課との全面対決が始まりますね。
野茂の実力は高いんでしょうか。
2課は皆殺しになってしまうんでしょうか。
新登場の副隊長も気になりますね。
次回も楽しみですね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.