無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】38話のネタバレ「気楽に復讐を!」感想!

更新日:

本記事は『チェンソーマン』【最新話】38話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「チェンソーマン」のネタバレを含む内容をご紹介します。 ちなみに前話37話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】38話のネタバレ

刀男捕縛

激戦の末、デンジはヤクザの孫を倒した。

ヤクザの孫は捕縛され、パンツ一丁で線路上に出された。

ワイヤーで両腕を後ろ手に縛られ、電車に固定されている。

『ぐうう。うっ。』とヤクザの孫はうなり声をあげて、目を覚ました。

『目が覚めたか。やっぱ、アンタは俺と同じなんだな。』

とデンジはヤクザの孫に話しかけた。

『てめえの手の刀抜いたらさ。真っ二つの体もくっついたぜ?』

とデンジはヤクザの孫と体の構造が同じであることを説明した。

『ふううう。殺してやっ。ぶっ殺してやるうア!!』

とヤクザの孫は叫び声をあげた。

『負け犬の声はデケえなあ。』

とデンジは余裕たっぷりに言う。

『警察がテメエを迎えに来るまで、ここでじいっと待ってなきゃなんだけどよ。

俺はいろいろ納得できないんだよね。』

とデンジは言った。

『てめえは姫野先輩を殺した。

ツラの良い美人がテメエのせいで世界から一人減ったんだ。

なのにテメエは反省もせず、一生刑務所暮らし。

それじゃ俺がスッキリしねえ。』

とデンジは煮え切らない思いを述べた。

『お前には何もできねえだろ。公安の犬風情がよ。』

とヤクザの孫はデンジが何もできないことを指摘した。

金蹴り大会

『んー。』とデンジは顎にてを当てて考え込んだ。

『今から大会を開く。』とデンジは考えを述べた。

『あ?』とヤクザの孫は疑問の声をあげた。

『大会?』とちょうど合流してきた早川も疑問の声をあげた。

『おあ。いいトコにきたなあ!』とデンジは早川に声をかけた。

『こちら4課早川。

時計館前線路内にて拘束済みの目標を発見。応援を求む。』

と早川はトランシーバーで仲間に今の状況を報告し、応援を呼んだ。

『早川の先輩も参加するか?最強の大会によ。』

とデンジは早川に大会参加の確認をした。

『お前は何を言ってるんだ?』と早川はデンジの謎の誘いに疑問を口にした。

『コイツは姫野先輩を弾で撃った。

だからコイツもタマを撃たれるべきだろ。

だから大会を開く!お互いにコイツのキンタマを蹴っていって

警察が来るまでに一番デケえ悲鳴を出させた奴の勝ち!』

とデンジは大会の内容を早川に説明した。

『正気か。お前。』とヤクザの孫は大会の内容に驚きの声をあげた。

デンジは笑みを浮かべ、早川は呆れた顔をした。

『ハア~~~~~~。』と早川はその場にしゃがみ込み、大きなため息をついた。

『ああ?やんねえのか?』とデンジは早川に確認すると

『俺達の仕事はコイツを捕まえる事だ。

いたぶって憂さを晴らす事じゃない。』

と早川は答えた。

『そんな事したって姫野先輩は喜ばない。』

と早川は姫野先輩のための復讐を否定した。

『あ。そう。』とデンジは納得した。

早川は胸ポケットから姫野先輩からもらったタバコを取り出す。

タバコを見ると Easy revenge!(気楽に復讐を!)と書かれていた。

『なあ。』と早川は言ってその場から立ち上がる。

『買ったら何くれんだ?』

と早川は腕まくりをしてやる気まんまんにデンジに質問した。

『へ!そりゃもちろんコイツの玉金よ!』

とデンジは答えた。

別の場所ではヤクザ達が警察に逮捕され、次々と連行されていく。

天使の悪魔が何かの気配に気づき空を見上げると、多くの鳥が飛び立っていた。

デンジと早川によるヤクザの孫の金蹴り大会が開催される。

ヤクザの孫はキンタマを蹴られるたびに表情が辛いものへと変わっていく。

デンジと早川は嬉々としてキンタマを交互に蹴っていった。

『ヤアアアアアアアアアア。』とヤクザの孫は大きな悲鳴をあげた。

『姫野先輩。天国まで聞こえるか?

オレ達からアンタへの鎮魂歌だ。』

とデンジは心の中で姫野先輩に言った。

事件報告

デビルハンターの会議室でマキマが上官に事件内容を報告している。

『今回のテロ事件は沢渡アカネという元民間のデビルハンターが発端でした。

彼女が銃の悪魔と契約し、銃をヤクザに流しました。

その対価として、沢渡はチェンソーの悪魔の心臓を要求していたそうです。』

とマキマは上官に説明した。

『それで。なぜ沢渡はチェンソーの悪魔の心臓を欲しがった?』

と上官はマキマに質問した。

『それが聞き出す前に。』とマキマは言い、

沢渡が能力で自分の首をはねとばし、自殺した事を説明した。

沢渡を拘束していたコベニちゃんは沢渡が目の前で自殺するのを見て、

『へあああああああ。』と恐怖の声をあげていた。

『自殺?』と上官が疑問を口にした。

『銃の悪魔との契約で自動的に自殺したのかもしれません。』

とマキマは沢渡自殺の真相の憶測を話した。

『今回の事件でビル内から銃の悪魔の肉片を1.4キロ押収。

我々公安が持っている5キロの肉片と合わせた結果。

ついに肉片が本体に向かって動きました。』

とマキマは銃の悪魔の肉片について説明した。

『遂に。か。何処に向かって動いた?』

と上官がマキマに質問した。

マキマは向かった先を説明したと思われるがここでは語られなかった。

パワーアップ!?

デンジは夢の中である部屋の扉の前に立っていた。

『いつも見る夢だ。いつも見て、いつも忘れる夢。』

とデンジは心の中で言った。

『デンジ。』と扉の先にいる何者かがデンジに呼びかけた。

『あ。ポチタ!ポチタ出てこいよ。夢の中くらい撫でさせてくれ。』

とデンジは扉の先にいる何者かに話しかけた。

『デンジ。絶対に開けちゃダメだ。』

と扉の先にいる何者かが言った。

汗だくになったデンジは目を覚ました。

早川の部屋でデンジはパワーと早川の3人でテーブルを囲んで寝ていた。

部屋の中は酒や食べ物が食い散らかされていた状態だった。

『はあっ。は。』とデンジは息を荒くして起き上がった。

『なんじゃ。うるさいのお!』とパワーは目を覚ました。

『はあ。なんか悪夢を。』とデンジは説明した。

角が2本から4本になっているパワーの姿を見て、デンジは一瞬固まった。

『ん~。まだ、これ夢?』

とデンジはあり得ない状況にまだ夢の中にいるのかと混同した。

『なに寝ぼけてるんじゃ!』とパワーはデンジに殴りかかった。

デンジはパワーの拳に突き上げられ、天井に激しく叩き付けられた。

『なアんじゃ。このパワーは!?』

とパワーは驚きの声をあげた。

『夢じゃねえ。』とデンジは痛みに現実だと自覚した。

有り余る力!

 

チェンソーマンの最新巻をU-NEXTですぐに読む

U-NEXTは31日間無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読めます!

週刊少年ジャンプの漫画の最新話を無料で読めませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでオススメです!

チェンソーマンの最新刊を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

チェンソーマン【最新話】38話の感想

ヤクザの孫は生きていましたね。
真っ二つにされて内臓もぶちまけていたので、てっきり死んだと思っていました。
デンジと同じ身体の構造といっても、あれだけ斬られたら普通は死ぬと思いますが、やはり悪魔なんですね。
常識が全く通じないので驚きとちょっとした呆れがあります。
殺すには心臓をつぶしたりしないとダメなんでしょうね。

盛大な憂さ晴らし大会が開催されましたね。
キンタマを蹴られ続けるとか最大の苦痛ですね。
キンタマ抜き取られるのも耐え難い激痛でしょうね。
刑務所の中でヤクザの孫のアソコは全く機能しないと考えられます笑。
早川はやっても喜ばないと考えてましたが、実際にやってみるととても嬉しそうでしたね。
姫野先輩は早川の憂さ晴らしができることは望んでいたのかもしれませんね。

パワーの角が生えたのは驚きでしたね。
ハーメルンのバイオリン弾きのハーメルの魔人化に似た状態を思い出しました。
これからも進化するたびに角が増えたり、変形したりするんでしょうか。
これからのパワーの進化に期待ですね。

今回の事件で銃の悪魔の肉片が手に入ったことで、銃の悪魔と対決する道筋ができましたね。
銃の悪魔はどこにいるんでしょうか。
アメリカやロシアなどの外国でしょうか。
または日本のどこかに身を隠しているかもしれませんね。
次回からの銃の悪魔に迫る展開が楽しみですね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.