無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

チェンソーマン【最新話】26話のネタバレ「銃は強し」感想!

更新日:

2019年6月17日発売日の週刊少年ジャンプ2019年29号で「チェンソーマン」の26話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はチェンソーマン【最新話】26話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

チェンソーマン【最新話】26話のネタバレ

デンジの猛攻

パーカーの若い女の左の親指、人差し指、中指、薬指の爪が剥がれてしまっている。

『こちら沢渡。練馬西大ビル3階でチェンソーと戦闘している。
援護しにこい。』
とパーカーの若い女はトランシーバーで仲間に連絡をとった。

早川は傷ついて床に膝をつき、大量の血を流している。

早川に容赦のない死が迫っていた。

ヴヴヴヴヴヴヴとあたりにデンジのチェンソーが鳴り響く。

デンジがヤクザの孫に斬りかかり腕の刀をはじく。

『ウらァ!!』とデンジは気合いの声を出してヤクザの孫に突きを繰り出した。

腕を交差してガードするヤクザの孫は吹き飛ばされ、後ろの壁にバコっと突っ込んで壁を粉砕した。

ヤクザの孫は右腕を振り上げ、目にも止まらぬ早さで振り下ろした。

ヤクザの孫の斬撃は壁を軽く引き裂いた。

『痛え!!』と腕を斬られたデンジは苦痛の声をあげた。

デンジは胸のチェンソーの紐を引いて、ブンっとエンジン音を鳴らした。

ヤクザの孫の手下の男2人が走り寄ってきて、ヤクザの孫の前に立って、デンジに銃を向けた。

『撃ちますか』とヤクザの孫の手下のニット帽を被った男がヤクザの孫に確認した。

『腕か心臓を狙え』とヤクザの孫は手下の男に指示を出した。

『オ』とデンジはヤクザの孫の手下のニット帽を被った男の顎に膝蹴りを繰り出した。

『ラッ』とヤクザの孫の手下の長髪の男の顔面に蹴りをくらわせた。

そのままに勢いでデンジはヤクザの孫に斬りかかり、デンジのチェンソーとヤクザの孫の刀がキィンと斬り合った。

デンジとヤクザの孫はお互いに後退し間合いをとった。

『い!?イタタタタ~。
あれぇ!?いつ切られた!?』
とデンジは驚き混じりの苦痛の声をあげた。

ヤクザの孫の手下のニット帽を被った男が倒れた態勢でデンジに狙いをつけ、パンっと音を鳴らして銃を撃った。

『痛っ!?てえ!!』と腕と胸を撃たれたデンジは苦痛の声をあげた。

『オラッ』とデンジは声をあげ、ヤクザの孫の手下のニット帽を被った男の頭に肘打ちをした。

デンジの敗北

『おい!そこのワルモン!!
こいつテメえの仲間だろ!!』
とデンジはヤクザの孫の手下の首を腕で拘束して、ヤクザの孫に確認した。

『うっ』と首を拘束されたヤクザの孫の手下のニット帽を被った男はうめき声をあげた。

『それならどうした』とヤクザの孫はデンジに聞き返した。

『お~。1ミリでも動いてみな~!?お仲間のお顔がおミンチになるぜ~!!』
とデンジはヤクザの孫を脅した。

『糞野郎が』とヤクザの孫は言った。

ヤクザの孫はその場に座り込み構えをとった。

『そ~そ~!そこで座ってな!!』とデンジはヤクザの孫に命令した。

ヤクザの孫の姿が突如、デンジの視界から消え去った。

『ん?消えた!?』とデンジは疑問の声をあげた。

ヤクザの孫はデンジ達の背後に回り込んでいた。

『あっ』とデンジが気づいたときにはヤクザの孫の手下のニット帽を被った男も道連れに、デンジはヤクザの孫に胴体を真っ二つに斬りさかれていた。

切り捨てられたデンジとヤクザの孫の手下のニット帽を被った男は床に大量の血を流して倒れてしまった。

『ううう』と言いながらヤクザの孫の手下の長髪の男が立ち上がった。

『こいつを運ぶ。さっさと車を持ってこい。
急げよ。チェンソーのお仲間は全員撃ち殺したハズだが』
とヤクザの孫は手下の長髪の男に指示を出した。

『ぐっ!』とヤクザの孫がうめき声をあげると、ヤクザの孫から刀の悪魔の変化が剥げ落ちていった。

『デビルハンターも人だ!銃には勝てんだろう!』とヤクザの孫は言った。

荒井、伏班の女、伏班の大男、伏、マキマが銃弾に撃たれて血を流して倒れている。

姫野先輩は契約していたゴーストに自分の身体の全てを捧げ、自分の身体がこの世から消滅してしまっている。

マキマの復活

京都に向かう新幹線の車内でマキマ達を襲撃した男達がマキマとマキマの部下の死亡確認をしている。

『銃だ。ああ!あ!』と同じ新幹線に乗り合わせた民間人達が恐怖の声をあげた。

『もうすぐ駅に着く。
車両移動して民間人に紛れるぞ。』
とリーダー格の男が襲撃班に指示を出した。

襲撃班の茶髪の男がふと後ろを振り返ると、血まみれのマキマが立ち上がっていた。

『うぇ』と襲撃班の茶髪の男が驚きの声を出しながら、マキマに銃を向けた。

京都駅のホームで顔に傷のあるスーツを着た男女が待っている。

スーツを着た男が男女の元へとやってきた。

『東京で特異1課、2課、3課、4課が銃で襲撃されたらしいです。』
とスーツを着た男が報告した。

『あ!?』と男女は驚きの声をあげた。

『マジ?マキマさん死んでる?』と顔に傷のある男が動揺の声をあげた。

『じゃあウチら待ち損かよ~!?』と顔に傷のある女は悪態をついた。

新幹線が駅のホームに到着し、血まみれのマキマが降りてきた。

『黒瀬くん。天童ちゃん。
新幹線内で銃撃にあった。
死体があるから片付けさせて。
会食は中止。』
とマキマは黒瀬と天童に指示を出した。

『東京でも銃撃が。マキマさんその血は!?
どこか撃たれましたか!?』
と黒瀬と天童がマキマに慌てて質問した。

『これは返り血。
私は撃たれなかった。』
とマキマは説明した。

新幹線内では襲撃班の男達の身体が貫かれ、大量の血が流れていた。

マキマの嘘は血に熔けていった。

チェンソーマン【最新話】26話の感想

沢渡の指は傷ついていましたね。
やはりヤクザの孫を復活させたり、ヘビの悪魔を呼び出した強大な力の行使にはリスクがあったんですね。

ヤクザの孫の実力はやはり大きいですね。
デンジはヤクザの孫の攻撃を見切ることができずに、気づかないうちに斬り捨てられてしまいました。
最後には刀の悪魔の力が剥がれ落ちていたので、動けるリミットの時間があるんでしょうね。

マキマさんが復活しましたね。
マキマさんファンに嬉しい出来事ですね笑。
復活したのは超再生や反魂などの能力でしょうか。
襲撃班を貫いた能力も気になりますね。

デンジは連れていかれてどうなってしまうんでしょうか。
食べられて銃の悪魔の力になってしまうんでしょうか。
復活したマキマはどういった行動をするんでしょうか。
次回も楽しみですね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.