最新話のネタバレ・感想

双亡亭壊すべし【ネタバレ】第175回「地獄に於いて待機せよ」感想!

更新日:

双亡亭壊すべし【ネタバレ】175回

常人離れした「精神力」と
超人的な「身体能力」で
〈双亡亭〉のバケモノ達を
見事に倒していく〝黄ノ下残花〟!?

残るは〝井郷照清〟ただ一人となる。

が、既に「体力」が限界である〝残花〟は
〝井郷〟の細かい「斬撃」の前に
体を切り刻まれて出血し
そのまま蹲り動けなくなる。

隙を見極め、
最後の「止め」を刺そうと
襲いかかる〝井郷照清〟!?

強引にのけ反って躱し、
「渾身の力」を込めた———

〝魂の「唐竹割り」〟が炸裂する!?

刹那———!?

〝井郷照清〟の体は
頭頂部から真っ二つに
切断されるのだった―――――!!?

 

 

 

 

「怪人」の主張

鬼神の如き強さの〝黄ノ下残花少尉〟は
バケモノ共を次々と撃破し————

「次は『井郷准尉』・・・貴様だ。」

残った最後の一人———
〝井郷照清〟へと狙いを定める。

 

と——

 

逆さまになった「鞘」の口から
「液体」が零れ出る・・・!?

 

「『鞘』の中に『霊水』を仕込んで
『刀身』に付着させて
我々を斬ったという事か・・・!?」

〝井郷准尉〟は納得する。

「だがもうこの通り――
もう『霊水』は無くなった・・・。」

〝井郷〟は全ての「霊水」を
「鞘」から流しきる。

 

「『鞘』もこうだ!」 後ろへと放り投げる!?

 

「『侵略者』とやらに
体に入れられてからは・・・
実に『解放』された気分でな。」

井郷の顔が邪悪に歪む。

「この世の全ての事を忘れて
〈双亡亭〉で楽しく生きているぞ!!」

 

「生きている・・・?」
〝残花〟が問い返す。

「我ら『軍人』が———
己の職務も全うせずして
『生存』していると言えるのか?」

〝残花〟は冷たい目で
元部下を見据える。

「貴様の祖父は『東北武士』で、
その名に恥じぬ
生き方をせねばと———
いつも言っていたのでなかったか?」

 

「『過去』などもう忘れたわ!」

 

〝井郷〟は絶叫する。

 

「キサマこそ———
この〈双亡亭〉に再度来たのは
『過去』のせいなんだってな。
昔の友達が裏切って
『絵』に引きずりこまれたって———」

「そしてその友達とやらが
〝坂巻泥努サマ〟だってな?」

〝井郷〟は邪悪な顔で続ける。

「さあどうする?『隊長サン』よぉ・・・
友達が許せんから斬るか?

キサマ、軍人だ規律だとぬかす癖に
『私情』で動いていて何をほざく?」

 

「己達をここで全滅させといて
何をほざく?」

 

(「准尉」は「刀」を振りかぶる!?)

 

「キサマこそ『軍人』どころか
生きる資格なぞないわ!?」

 

「准尉」はそう叫ぶと同時に
〝残花〟へと飛び掛かるのだった――――!?

 

 

 

 

あれ? これって『双亡亭版青年の主張』か・・・!?(笑)
そう思わせるくらい
〝井郷照清〟が饒舌に語り尽くす!?

その主張の中で気になるのは————
「己(おれ)達をここで全滅させといて云々」
という「くだり」である!?

何やかやと御託を並べ
〝泥努〟のことまで引き合いに出して
〝残花〟を糾弾するのだが・・・
とどのつまりは
【黄ノ下残花〟へ「復讐」したかった】
ただそれだけに他ならないではないか!?

ま、確かに不慮のアクシデントで
この〈双亡亭〉で死んだ事には同情するが
それはあくまで井郷の「自分の問題」!?

〝残花〟は何の関係もないのだ!?
逆恨みをしているだけの
気の小っちゃな最低野郎・・・
それが〝井郷照清〟の本性なのである。

 

 

 

 

〝残花〟の戦い・・・

「あまりの緊張感に手が出せん・・・」
「『少尉』は勝つ・・・」

鬼離田琴代や宿木・・・
〝残花〟を見守る仲間達は
そのあまりの壮絶さに息を飲む。

 

「・・・でも・・・でも確か・・・」
緑朗は激しく動揺する。
「〝残花〟さんは・・・もう『体力』が・・・?」

 

ガ キ イ イ ィ ン

 

二人の「太刀」が
激しくぶつかり合う!?

 

キキキ

キキキン

 

高速の斬撃が
残像と共に飛び散る!

 

ブァッ

 

井郷の「太刀」が
「少尉」の足元を薙ぎ払う!?

 

〝残花〟は素早く上に跳んで躱す!?

 

が!

 

着地時に体勢を崩し
右膝をガクリと「床」につく。

そして「准尉」を背にして・・・

 

は——  は——  は———

 

その口からは
苦し気に息が漏れる。

 

「ふふ・・・
やはりな・・・」
「准尉」はほくそ笑む。

 

「キサマは全身の
ケガによる衰弱で
長い間は動けない・・・。
最早限界であろう。」

 

〝井郷〟は背中から「少尉」に迫る!

 

「ならば〝黄ノ下残花〟!」

 

ビュビュ ビュン!?

 

 

「准尉」は素早く
「太刀」を振りまわす!?

 

「恐るるに足らず!!」

 

「少尉」の体の表面が切り刻まれ
夥しい鮮血が吹き上がる!?

 

「いかん! 助けねば・・・!?」
宿木と鬼離田琴代が
加勢しようと駆け寄る・・・

「『助勢』は無用・・・」
俯く〝残花〟の口から言葉が漏れる。

 

「!」

 

俯いたその「目」は————
はるか遠くを見ていた。

 

「それが・・・」

 

は———   は———

 

「・・・救えなかった・・・
此奴ら・・・への・・・・」

 

は———  は———  は———

 

琴代がフッと吐息をつき——
宿木の「銃」を制する。

「鬼離田、何をするか!?」

「ヤドさん・・・やめよう。」

「あれは———
あの男の『けじめ』じゃ。
我ら余人の
立ち入る『戦い』では・・・無い。」

2人は〝残花〟を遠くから
見守ることしかできなかった————。

 

 

 

うわぁ・・・ 壮絶・・・!?
〝残花〟は———
ここで全滅した部下の為に
甘んじて自分を傷つけ、
少しでもその「償い」をしようと
井郷の攻撃の痛みを耐え凌ぐ・・・

それが「部下」達が受けた
「痛み」の一部だと
自覚しながら———

自分のあの時の
「無力」さを噛み締めながら———

自分の中で
自分だけの「戦い」と「償い」を
愚直に実行し続ける。

これだけ真っ直ぐで
純粋な人間がいるだろうか・・・

もう何もかも通り越して
そこには神々しい「清冽」さだけが
存在するのである———。

 

 

 

 

「隙在り!?」

〝井郷〟が元上官を
「上から目線」でねめつける。

「全て『浅手』だとて・・・
血は流れ出る。」

「キサマは一歩ずつ
『死』に近づいておるぞ!」

「よく・・・しゃべるな准尉・・・」
〝残花〟が湖面のように静かに言う。
「よく回る舌は・・・
軍人に・・・
いや、『男』には必要ない。」

 

そしてカッと目を見開く!?

 

「さっさと斬りに来んか! 井郷ォ!!」

 

 

ギ ィ ン

 

 

井郷の鋭い「突き」を
〝残花〟は右に受け流し————
空いた左側頭部に「太刀」を入れる!

 

ガィン

 

〝井郷〟は顔の前に上げた「刀」で
「少尉」の「太刀」を受け止め
下方へと叩き落す!?

 

その勢いに前のめりになり
低く前転する少尉に
「准尉」の細かな「斬撃」が飛ぶ!?

素早く起き上がる〝残花〟だが————

 

ぐらっ

 

傷だらけで出血し過ぎた少尉は
一瞬だけ態勢を崩す!?

 

「 隙 在 り ! ! 」

 

〝井郷照清〟の「魔性の太刀」が
容赦なく〝残花〟へと
振り下ろされるのであった—————!?

 

 

 

やばいっ!? 〝井郷〟のこの「攻撃」は防ぎようが無い!?
〝黄ノ下残花〟に最大の危機が訪れる!?

しかし・・・
「攻撃」で押し負ける〝残花〟っていうのは
初めて見た気がする・・・!

しかも「力負け」して
前に転がされるなんて―――
それは彼が
よっぽど弱っているという「証」だろう。

もうこれだけでもハラハラものなのに・・・
そこにとんでもない「一撃」が
加わろうとしているのだ!?

これが心配せずにいられようか!?

もう心はブレブレで
震える手を押さえながら
最後の「章」へとページを繰ろう・・・。

 

 

 

 

最後の一撃、最後の決意。

 

「少尉ィィ!!」 宿木が絶叫する!

 

(残花は一瞬だけ視線を落とす。)

 

 

「由太郎・・・
お前が己を『絵』の中に
引きずり込んだ時・・・
そう・・・

あの時・・・

お前は
何故嗤った・・・

何故あんな顔で
嗤ったのだ・・・」

 

 

(そして「視線」を
真っ直ぐ前方―――
さらにその先へと
鋭く見据える!?)

 

 

「それを直に問い質す迄は———」

 

 

 

「取ったあ!!」 〝井郷〟が絶叫する!?

 

 

ド  シ  ュ   !  !

 

 

左から右へと————
水平に振られた
〝井郷〟の「太刀」が
〝残花〟の「首」を捉えた!?

 

―――か・・・!?

 

・・・に見えたが!?

 

〝残花〟は———
「走り高跳びの選手」の様に
上半身を大きく仰け反らせて
自分の「刀」を
ザクッと地面に突き立てる!?

 

グッ

 

「柄」を握る手に力が籠る!?

 

 

「井郷、貴様の言う通りだ。
だが、己は・・・
『過去』を容易く忘れはせん。」

 

 

ゴッ  「刀」が地面から激しく抜ける!?

 

 

(のけ反った反動をそのまま利用し———)

 

 

上半身がバネのように
前方へと大きく撓り————

握った「太刀」ごと
『振り子運動』のように
大きく上半身ごと振り下ろす!?

 

 

「この〈双亡亭〉で・・・
もう一度〝坂巻由太郎〟に会って————」

 

 

 

《  唐  竹  割  り  》   !   ?

 

 

〝井郷〟は咄嗟に
「刀」を頭まで振り上げて
硬く「ガード」する!?

 

 

「訊きたい事があるのだ。」

 

 

一閃————!?

 

青白く真っ直ぐな〈軌道〉が

「空」を鋭く斬り裂く!?

 

 

「それが終われば、
貴様らを
死なせた己の無能を——」

 

 

太刀先が「床」を
激しく破壊する!?

 

 

「必ず詫びに行く故———」

 

 

「地 獄 で  『待 機』  せ よ ! ! 」

 

 

刹那!?

〝井郷照清〟は———

頭頂から股の間までを・・・

「一直線」に
ぶった斬られているのだった――――――!?

 

 

 

 

決まったぁ———!? 〝残花〟渾身の「唐竹割り」!?
これぞ「魂」の一撃だぁ!?

そしてここで
〝残花〟の「原動力」となったのは・・・
やはり〝坂巻泥努〟だった!?

この男にもう一度会うまでは
どんなことにも屈しないという――――
「ブレない心」が

この「一撃」を生み出したのだ!?

そういう意味では
〝泥努〟の存在が
〝残花〟を救う事になったという
「皮肉さ」をも生み出してしまう
捻じれた「現象」も
この「双亡亭壊すべし」の
魅力の一つなのかもしれない!?

 

 

 

 

双亡亭壊すべし175回の感想

今週の「双亡亭壊すべし」は————
先週に引き続き、
〝黄ノ下残花〟と〝井郷照清〟の戦いが
激しくダイナミックに描かれる!?

今回でこの戦いに「決着」がつくのだが・・・

やはりここで
書いておかなければならないのは

前回と同じ事になるが―――
〝黄ノ下残花〟の
稀に見るカッコよさであろう!?

今回はその〝カッコよさ〟に
さらに磨きがかかっている!?

ここ―――
〈双亡亭〉で死んでいった
「部下」達のことを
トコトン想い・・・

井郷照清から受けた痛みを
部下達の痛みの一部として
真っ正面からシッカリと受け取め

自分の中で
「償い」と「けじめ」をつける・・・
何て潔過ぎる男だろう!?

やっぱり男としては

「一生に一度くらいは
こんな男になってみたい!?」

――—と、
心の底から思わせてくれる
全ての「理想像」を兼ね備えた

〈究極の男前〉なのだ!?

 

そんな〝残花〟が
遂に井郷を倒したのだ!?

これは全国の〝残花〟ファンが
手を叩いて
大喝采しているに違いない!?

 

さあ! 来週である!?

〝残花〟の体は
大丈夫なのだろうか?

彼のメンタルは
疲労していないだろうか?

そんないろんな心配が
心の中に渦巻き溢れるが・・・

 

いや! 信じよう!?

 

〝残花〟なら———
きっと最後まで・・・
〝泥努〟と
相見える「その時」まで————

ずっと進み続け、
前を見つめ続けて、
しかもシッカリと
立ち続けるということを!?

何故なら
〝黄ノ下残花〟という男は————
そんじゅ其処らにいる
生半可な人間ではなく

「不屈の精神」と
「鋼の肉体」を持った

史上最高の「男」なのだから!!!

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.