最新話のネタバレ・感想

MAO-マオー【ネタバレ】第67話「加護」感想!

更新日:

MAO-マオー【ネタバレ】67話

〈サンゴの塊〉に閉じ込められた華紋と
〝黒い邪気〟と
「海水の空間」に囚われの身となったマオ!?
2人に〈絶対絶命の危機〉が迫る!?

 

それと時を同じくして————

 

〈サンゴ〉の中の華紋は
〝女性の口づけ〟で目が覚める!?

その女性は〈真砂〉の「魂」であり・・・

華紋が窒息するのを
「空気」を送り込んで救ったのだ!?

〈真砂〉は———
華紋の無事を見届けると
美しい微笑を残して消え去るのだった――――

 

一方————
〈社殿〉へと駆けつけた菜花と夏野!!

 

菜花は————
〈社〉が〝邪気〟で包まれているのを見て
〝ゆら子〟が関わっていると看破し、
〈夏野〉はすかさず〝護符〟を送り込む!?

その〝護符〟は「結界」を破壊し
復活したマオは再び不知火と対峙する!?

と! そんな不知火の前に・・・

〈サンゴ〉を破壊した華紋が姿を現し
怒りの鉄拳で不知火を殴り倒す!?

 

そんな中———

〝邪気〟を見た〈夏野〉が———
「紗那が死んだ夜に
同じ〝邪気〟を見た」と告白し、

マオと菜花は大きく驚くのだった!?

 

 

 

 

 

 

〈五色堂〉の「輪」!?

 

(華紋さま!?)

 

マオは———
華紋が閉じ込められた
〈サンゴ〉の塊を前に・・・

自身も〝黒い邪気〟と
「海水の空間」に囚われながらも
目まぐるしく
思考を働かせる!?

 

 

 

————————————————
〈五色堂〉に
呼ばれた者同士なら
傷つけあい
殺しあえる。

もし本当に――――
不知火が・・・
真砂さまから
〝〈五色堂〉の因果〟を
引き継いでいたとしたら・・・

華紋さまは
不知火に
殺される!?
————————————————

 

 

 

マオの胸中を
大きな「焦り」が走るのだった―――――!?

 

 

 

 

 

 

マオの〈不安〉と〈焦り〉の表情で幕を開ける今週なのだが

それもその筈・・・

マオは————
華紋の死が目前に迫りつつあるのを
その目で、
その肌で・・・
敏感に感じ取ってしまったからなのだ!?

 

〈サンゴ〉に閉じ込められて
気を失い・・・
「なす術」なく窮地に陥る華紋!?

それを
手も足も出ず
只々見続けるしかなく
しかも溺れそうになっているマオ!?

 

マオと華紋は
この〈最大の危機〉を
無事に乗り切る事ができるのだろうか!?

兎にも角にも
次へと読み進めるしかないのである!?

 

 

 

 

 

 

 

ひと房の髪!?

 

一方—————

 

〈サンゴ〉の中で気を失っている華紋————

 

その「大鎌」を握る手に・・・

 

サワ・・・

 

〝ひと房の毛髪〟が
纏わりつく・・・!?

 

 

!?

 

 

華紋が薄っすらと
目を開ける―――

 

 

(・・・!?・・・え?
息が・・・できる・・・!?)

 

 

と!?

 

 

華紋に〝口づけ〟し———
「空気」を送り込む
ひとりの女性!?

 

 

(真砂・・・)

 

 

華紋は女性を一心に見つめる―――

 

 

真砂は〈優しい微笑〉を
朗らかに浮かべながら
ゆっくり消えていく————

 

 

(真砂の・・・髪!?)

 

 

後に残された
華紋の「大鎌」には・・・

 

ソッと寄り添うように
〝真砂の髪〟が
巻かれているのだった――――!?

 

 

 

 

 

 

うわぁ!? なんてファンタジー! なんてロマンティック!?

死にかけた華紋を救ったのは
真砂の〈愛の心〉だった!?

その「優しい微笑」が———
彼女の〈想い〉の全てを
こんなにも
美しく物語っている!?

 

「なんか・・・すっごく心が温められた!」

我々〈読者〉の胸中を
限りない「幸せ」が埋め尽くす!!

そんな【名シーン】に巡り合う事ができ、
この「マオ」を読んでいて
ホントに良かったァ!!・・・と、
心から実感する次第である。

 

 

 

 

 

 

復活!?

 

(〝黒い邪気〟を〈ゆら子〉が出してる!?)

 

〈社〉に蠢く〝それ〟を目の辺りにして
菜花は直ぐに思い至り、

〝邪気〟が〈社殿の正面口〉から
沸き起こっているのを確認し————

(これって
入口から同じ〝邪気〟が・・・
繋がってるってこと!?)

――――その状況を把握する!?

 

 

そして————

 

「え!?」

 

その内側から
沁み出す「水」を視認する!?

 

「夏野さん!?
〈本殿〉の中からも『水』が・・・!?」

 

 

「〈水攻め〉中か!?
だから帰って来ないわけだ!」
〈夏野〉が〝護符〟を数枚ほど投げ放つ!?

 

〝護符〟は「水」へ突入して
〈入り口〉を通過し————

 

 

ザン

 

 

囚われたマオの
『結界』をぶった切る!?

 

 

 

「な・・・」

 

(土の術者!?)

その一瞬の出来事に
不知火が絶句する!?

 

 

 

(夏野さまか!?)

 

海水を吐きながら
マオが〈復活〉し、

急ぎ華紋へ「意識」を飛ばす!?

 

 

「華紋さま!」

 

 

刹那!?

 

 

カッ

 

 

〈サンゴ〉の内部から————

 

 

一閃!?

 

ガガガガ

 

「大鎌」を振り切った
〝華紋〟が姿を現す!?

 

 

ガラガラ・・・

 

 

崩れ散るサンゴの欠片を前に
不知火が華紋の「鎌」を見ると————

その柄には————
〝ひと房の髪〟が絡みついている。

 

 

「髪・・・真砂の『加護』かい。」
不知火は目を凝らす。

 

 

 

「気にくわないね。」

華紋が〈怒気〉を露わにする。

「中で色々考えたんだが————
〝〈五色堂〉の輪〟に
組み込まれたせいで・・・
『死なない体』になった事は
同情してやらんでもない。

真砂が死んだのは————
僕との〈逢引き〉の
せいだってのは・・・
オマエに言われる筋合いじゃないが
まあ許してやるよ。」

華紋の目がヒヤリと歪む

 

「でもな・・・」

 

シャッ

 

大鎌一閃!?

 

ガガガ

 

不知火の周りに
無数の〝カマイタチ〟が渦を巻き
その動きを封じる!?

 

 

タン

 

 

「!」

 

 

華紋が瞬時に
不知火に詰め寄り————

「オマエごときが・・・
〝真砂〟を呼び捨てに
するんじゃねえっ!」

——————顔面をぶん殴る!?

 

 

(そこなのか!?)
そんな〈華紋〉にマオが
心中で思いっきりツッコむのだった―――――!?

 

 

 

 

 

 

やった!?  よし!  いいぞ!!

真砂と夏野の「助け」で見事窮地を脱したマオと華紋!
さあ!  行くぞ!! いざ決着だ!!

華紋の怒りの拳が不知火を打ち倒す!!

が、その「怒り」の原因が———
【真砂を呼び捨てにした】というコトに
その華紋の〝カワイイ個性〟を感じずにはいられない!

 

まぁ・・・思わずツッコんでしまうマオの気持ちも
分からいではないが・・・(笑)

 

兎にも角にも
いつもクールで
絶対人には触れそうにない華紋が
〝殴る〟という行為に走る事に
普段は隠されている
彼の情熱の一片を
垣間見れた気がして
非常に嬉しい限りである。

 

 

 

 

 

 

〝邪気〟の謎!?

 

 

「摩緖!」

 

 

菜花と夏野が急ぎ
マオ達に駆けつける!?

 

 

が!?

 

 

ザァ・・・

 

 

菜花達の前に〝黒い邪気〟が渦を巻く!?

 

(間違いない・・・
これは———
同じ〝黒い邪気〟だ・・・)
「ゆら子がここに居る。」
菜花が直感し、断言する。

 

 

(〝紗那さま〟が・・・!?)

それを聞いた
マオの胸が高鳴る!?

 

 

 

その横では————

 

 

「それと、もうひとつ。」

尻餅をつき
〈祭壇〉に凭れこむ不知火に
華紋が吐き捨てる。

「なぜ〝真砂の髪〟が・・・
オマエの〈社〉にあるんだ?」

 

 

「ふっ・・・」

 

ザワ・・・

不敵な面構えの〝不知火〟の後ろに
さらに〝黒い邪気〟が湧きあがる!?

 

 

 

時を同じくして————

 

 

「この邪気・・・」

 

〝黒い邪気〟を
ひと目見た〈夏野〉は————

 

「紗那さまが死んだ夜・・・
これと同じ〝邪気〟を〈館〉で見た。」

――――と、呟くのだった!?

 

 

 

 

 

 

おぉ!?  至る所に現われ、害をなす〝黒い邪気〟は————
ゆら子に・・・
そして〝紗那の死〟に関係している事が
ここで明かされる!?・・・・のだが!?

 

この事でさらに〈謎〉が深まって行く・・・

 

この〝邪気〟が紗那を殺したのか?
そして・・・ゆら子と〝邪気〟の関係は??

 

だがその答えは
まだ今は教えられないまま
「物語」は来週へと続くのである。

 

 

 

 

 

 

MAO-マオー67話の感想

今週の「マオ」は————
〈マオと華紋v.s.不知火の戦いの行方〉が
《〝紗那〟の想い 》を大きく絡めて、
思いっきりドラマチックに
躍動感と感情も露わに描かれる!?

 

にしても!?

 

今回特に注目なのは
〝華紋と真砂の想い〟だろう!!

 

死して尚〈華紋〉を「加護」する真砂の〝強い想い〟!?
そしてその「愛」に包まれて復活する〈華紋〉!?

これは————
まるで〈ディズニー映画〉の様な
超ロマンチックで素敵な「ラブシーン」ではないか!!

そしてそして!
復活した〈華紋〉は———
「真砂」の事を呼び捨てにしたコトにだけ激怒して
不知火を激しく殴り倒す!!

これって————
〝真砂〟を呼び捨てにできるのは
この世ではたった一人・・・
それは「自分だけ」だという
〈華紋〉流の
「愛の強さ」の現れに他ならないではないか!!!

 

これらの「場面」の出現に————

 

この「マオ」が————
とびっきり〈切なく〉、トコトン〈素敵〉な
「愛の物語」の側面がある事が発覚し、

なんて〝懐が深く包容力がある物語〟なんだ!!・・・と、
改めてその〈るーみっくワールド〉の
素晴らしさを思い知らされ————

何ともいえない満ち足りた「充足感」と
ホッコリした「幸福感」に酔いしれた次第である!!!

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.