最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】607話「総大将の対話」感想!

更新日:

【 キングダム 607話 あらすじ・ネタバレ 】

李牧の戦術を見抜いた王翦がさらに攻勢を仕掛けます。

 

【 秦・中央軍 vs 趙・中央軍 】

 

雷伯の下に各小隊が苦戦を強いられている旨の報告が次々と入ります。

『李牧様を越えるということはあり得ぬが、王翦も近い景色を見ているというのか・・・』

王翦はここで動きます。

「面倒だ まとめて一気に決着をつける」

雷伯軍と戦っていた王翦軍は、共伯軍と戦っていた田里弥軍に強引に合流。

それは敵も友軍も、李牧でさえも予想だにしない展開でした。

これは、場の人間の思考が一瞬停止する程の大奇襲。

 

この動きに対して最初に反応を見せたのは倉央。

後方待機していた倉央軍本軍を呼びよせ、王翦軍の動きで混戦になっている中に飛び込ませます。

田里弥も王翦が呼び起こした混戦にバタバタしません。

まるで何かを察したように王翦の指示を待ちます。

 

方や趙軍の傅抵たちは王翦の狙いが分かりません。

王翦が知略を捨て、博打に出たのかと勘繰ります。

ただ、李牧は王翦が博打を打つとは考えていませんでした。

この混戦も何か狙いがあるのだと・・

 

王翦は各小隊に指示を出します。

田里弥も倉央も待ってましたとばかりに動きます。

ドドドドドォ

 

李牧は確信します。

「布陣だ・・・」

李牧の読みは正しく、王翦は大混戦の中で、戦いながら陣を作り上げていっていました。

各小隊が乱戦で込み合う中、移動と戦い、その二つを同時に、尚且つ迅速に行う事は決して易いことではありません。

しかし、さすがは秦国最強部隊。

その難題を各小隊は成し遂げ、この混戦の中で徐々に陣が形成されつつありました。

やっと傅抵ら趙軍の将達もこの混戦の中、王翦に陣を形勢されたことに気付き驚きます。

「な・・・バカな・・・」

これで王翦が最後尾に入れば大鶴の陣が完成され、形勢逆転。

田里弥、倉央の二人は王翦が最後尾に着座するのを待ちます。

 

しかし、

またしても王翦はここで誰もが予想もしていなかった行動に出ます・・・

 

ドガラ

 

なんと!王翦は単騎にて最前線のさらに前へ出て来たのです!

傅抵もカイネも末端の兵も、その常識外れの行動に戸惑います。

そして秦側でも王翦の無防備な行動の真意を測りかねていました。

趙軍、秦軍、共に王翦の動きをただ見守るしかない雰囲気となります。

その時・・

 

ドゴラ

 

なんと!今度は李牧が単騎にて最前線のその前に出て来たのです!

さらにザワつく両軍。

「李牧様!?」

「なっ・・・李牧だとォ!?」

一馬身程の間を置き、ついに向かい合う王翦と李牧。

「初めましてですね 王翦」

「よく出て来たな」

 

先ほどのザワつきは収まり、両軍の兵たちは二人の言葉に耳を傾けます。

 

李牧が口を開きます。

「降参しなさい そうすれば兵達の命は保証します。」

 

李牧は秦軍の兵糧が底をついていること、

もはやこれ以上戦っても秦側は討ち死にか飢え死にしかないこと、

兵站を断ってまで王都圏に侵入した時点で、秦側の負けは決まっていたことを告げます。

 

これに王翦が応えます。

「笑わせるな 鄴は落ちる」

 

鄴の食糧が尽き、間もなく鄴が落ちると告げます。

この王翦の言葉に趙軍の兵達に動揺が走ります。

なぜなら、鄴からの火急の報せは、李牧と一部の者だけに止め置き、兵達には知らせていなかったのです・・・

 

李牧は兵達の動揺を抑える意味でもこれを否定します。

「落ちませんよ 鄴は決して軽くありませんよ、王翦」

否定はするものの、鄴が落ちない理由は趙国百六十年の歴史の重みという抽象的なもの。

 

これを一笑する王翦。

「下らんな」

そんな抽象的なもので国は救われないと王翦は断言します。

上に立つ者共が馬鹿の集団であればそれだけで国は亡ぶ。

そして今の趙国が正にソレであると・・

 

「お前が消えさえすれば 間違いなく趙は一瞬で亡ぶ」

 

王翦の言葉が的を射ているのは、傅抵やカイネたち将軍、兵の顔を見ればわかります。

ここで王翦はさらに驚愕の言葉を口にします。

 

「私と一緒に来い李牧 お前が私と組み 力を貸すなら 二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」

 

キングダム 第607話 END

【 キングダム 608話 考察 】

ビックリな展開の週でしたね~

王翦がオウム返しみたいな戦術をしてくるのは予想してましたけど、

まさかのヘッドハンティング!

李牧がそれに乗っかってくるような人物とでも王翦は思ってるのでしょうか。

おそらく思っていないでしょう。

王翦は趙の政的内情を知っていてあんな事を言ったでは・・・

 

李牧は王翦の言葉の意味を測るでしょう。

つまり、興味があるフリをするのです。

周りにいる傅抵やカイネは信じないでしょうが、兵達は驚くことでしょう。

李牧様は裏切るおつもりなのか!?と。

結局、李牧は申し出を断ります。

安堵する兵もいれば、フリとはいえ乗っかった李牧に対して猜疑心を抱く者も現れるかもしれません。

 

ここまでを王翦が読んでのヘッドハンティングだとしたら・・

”反間の計”を捕捉する展開に繋がっていくのかもしれませんね。

 

 

【 リアルとフィクションの間 】

 

どこか両軍余裕ですよね。

このあと王翦も李牧も後ろに下がってリスタートになるのでしょうけれど・・

お互いに認め合っていたとしても・・あまりにクリーン。

始皇帝の兵馬俑坑から出てくる武具で最も多いのは矢です。

弩もたっくさん出ています。

遠くから飛び道具で狙うのです。

前後左右から容赦なく。

暴発兵が一人もいないような展開は綺麗すぎます。

それと・・

倫理的に漫画ではNGなのか、無理なのかしれませんけれど、

この時代、人肉は食されていました。

赤子や女性ほど美味しくはないそうですが、男性の肉も食されています。

王翦が兵糧の問題をどう解決してこの日まで持ちこたえたのでしょう。

飛信隊もそうです。

首が飛ばされる描写はOKで、人の死肉を茹でて食べたりしてる描写がNGなのは変です。

まして今回の戦いは兵站を切り、制限時間を設けたギリギリの戦いであるハズ。

ところが残念なことに、このギリギリ感を全然感じないのです。

亜光が尭雲と馬南慈の二人から同時に攻められていたときのようなギリギリ感。

それを物語の展開からは感じられないのです。

せめて趙兵と秦兵の動きなり姿を、もっと区別して描いて貰えていたら、展開に少しは感情移入出来たのかなと思います。

ですがもういまさらですよね・・

だって秦兵は超元気だし、この先は怪物二人による”これでどうだ”合戦が始まるし。

リアル一辺倒では面白くないですけれど、

これから先はせめて状況と画は出来るだけ合致させて欲しいと願わずにはいられません。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.