最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】652話「主からの言葉」感想!

投稿日:

2020年9月3日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年40号「キングダム」第652話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】652話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 652話 あらすじ・ネタバレ 】

数で勝る什虎軍相手に、圧倒的に不利な状況下で奮闘する蒙武軍。

月知平原に秦の援軍である謄軍が到着するも、数的劣勢を覆すには程遠い数。

さらに楚・王都「郢」から項翼軍と白麗軍も到着し、秦側は窮地に陥る……

 

【 項翼軍・白麗軍 】

宰相・媧燐から敵の素性も聞かされぬまま、ただ暴れてこいと「什虎」へ送り出された項翼と白麗。

什虎に来てみれば相手は秦、それも因縁の蒙武軍と謄軍。

特に謄の存在が項翼と白麗を刺激します。

以前、函谷関での戦いで謄に楚の第一将・臨武君を目の前で討たれていたのです。

そして謄は白麗にとっては姉を悲しませた相手であり、項翼にとっては一騎討で引き分けに終わった相手。

当然、項翼も白麗も士気があがります。

謄軍は謄が率いる軍と、録嗚未が率いる軍に別れて行動していました。

項翼軍と白麗軍は謄軍の前にいる録嗚未軍に対し戦闘を開始。

まず白麗が弓隊に号令。

弓大隊を広く展開させ、戦闘中の録嗚未軍の横腹に一斉に矢を引き放たせます。

録嗚未もすぐにそれを察知。

しかし逃げる間もなく、弓大隊の矢は大きく放物線を描き、録嗚未軍の頭上に雨のように降り注ぎます。

白麗軍の攻撃に呼応するかのように、同時に項翼率いる騎馬隊が怒涛の勢いで録嗚未軍に迫っていました。

すぐさま録嗚未は状況不利と判断し、全軍反転の号令をかけます。

その号令には裏がありました。

 

【 秦・蒙武軍本陣 】

本陣を守る兵が録嗚未軍の後退を確認。

録嗚未の狙いがただの退却にあらず、項翼・白麗軍を引きつけ、その間に敵に囲まれ全滅の恐れがある蒙武軍を前線から外へ出すことだと理解した蒙毅。

録嗚未の判断は正しいと、全軍退却のドラを鳴らさせます。

蒙武軍がいかに精強であろうとも、各軍が連携しなければとても勝ち目はありません。

全軍で立て直しをはからねば事態は悪化する一方だと判断したのです。

 

【 什虎軍vs秦軍 】

同じ頃、

謄も録嗚未軍の動きと現状からその狙いを察知。

蒙武軍脱出の援護のため、標的を敵右翼の玄右軍から中央の満羽軍へと変更する号令を出します。

しかし、これまで動きの無かった玄右軍が急に謄軍に進撃開始。

この襲撃により、足止めを喰らってしまった謄軍。

玄右もまた録嗚未軍の動きから秦側の狙いを察知していたのです。

 

月知平原に全軍退却のドラが響き渡るも、蒙武軍からは一向に後退の動きが見られません。

これは蒙毅が恐れていたこと。

すでに蒙武軍は後退したくとも、後退出来ない状況へと追い込まれていました。

 

【 新たに現れた軍 】

什虎軍と項翼・白麗軍によって、もはや秦軍は壊滅手前の状況。

この状況に不満タラタラなのは什虎軍の軍師・寿胡王。

満羽や千斗雲同様に、秦軍との戦いをもっと楽しめるものだと思っていたからです。

寿胡王はこのままでは策を弄せずに戦いに決着がついてしまうとガックリ…

 

ドドドドドドドド

その時、月知平原に鳴り響く大軍の音。

その音を聞いて各将は新たな軍の到来を察知。

 

寿胡王の下に到来した軍の詳細がもたらされます。

大軍の掲げる旗は「魏」、その中には「鳳」の大旗があり、魏の第一将・呉鳳明が軍を率いて来たのだと。

寿胡王は報告を聞き、秦がなぜ少数で戦いを挑んできたかのかを即座に理解。

先程までの落胆はどこへやら、満面の笑みで”そうこなくっちゃ”と大喜び。

寿胡王はすぐに千斗雲軍に迎撃に出るよう指示を出します。

 

伝令を行けた千斗雲もまた寿胡王同様に、魏軍の到来を悶絶して大喜び。

寿胡王も千斗雲も、秦と魏の両方を一緒に相手にできることに幸せ過ぎてゴメンナサイといった様子でした。

 

【 秦・蒙武軍本陣 】

魏軍到来の報せを受け、蒙武軍本陣にいた兵たちは狂喜乱舞。

そんな浮足立つ兵たちを蒙毅が諫めます。

その理由は、まだ魏が同盟を受けたという正式な報せを聞いていないからでした。

つまり、呉鳳明が率いてきた軍が友軍か、そうでないのかの確認が取れていないのです。

 

魏軍本陣に確認の使者を出そうとしたその時、蒙毅の下に急報が。

なんと、魏から使者が来ているというのです。

使者は魏軍総大将・呉鳳明の側近、筍詠。

主からの言葉を預かってきたと蒙毅に言い、三年間限定の秦・魏同盟締結を伝えます。

そして、秦軍の攻撃に合わせて挟撃してやるとも。

 

わざわざ呉鳳明が側近を使者によこしたことで、蒙毅はこれが罠でも何でもなく、秦・魏同盟が成ったことを確信。

これで戦況は変わると、胸をなでおろすのでした。

 

【 魏軍本陣 】

蒙毅が同盟感謝の使者を魏軍本陣に送り、それを呉鳳明が確認。

これで秦軍と魏軍の同士討ちの危険はなくなりました。

呉鳳明はすぐさま軍を展開。

腕を身体の前に伸ばし、両手を擦り合わせ、兵達に”すり潰せ”と号令します。

その姿は亡き父、呉慶を彷彿とさせるものでした……

 

 

キングダム第652話END

 

キングダム第652話・感想と考察

ついに呉鳳明が登場!

真打ち登場といったところでしょうか。

呉鳳明はこっそりどこかで戦況を見ていると考察しましたが、単に遅れただけでしたね。

てっきりどこかで秦と楚を天秤にかけているのかもと思っちゃいました。

 

【 脇役たちのお祭り 】

月知平原に参戦している武将を整理してみますと…

秦軍は

蒙武・謄・録嗚未

魏軍は

呉鳳明・筍詠・乱美迫

楚軍は

満羽・千斗雲・玄右・寿胡王・項翼・白麗

なかなかの面子が揃っていますが、主役級の人物が一人もいません。

いやあ、脇役ばかりで読んでいて気持ちが上がりますね。

誰が誰より武が上なのかとか、そういった強さのバロメーター的なことを考えるのもいいですが、各キャラの姿と佇まいやセリフを注視するのが楽しい。

作者の遊び心が垣間見えて面白いのです。

もはやこれだけの人気作、主役級のキャラにはなかなか思い切った遊びを施すことは作者も出来ませんものね。

そんなフラストレーションを爆発させるが如く、作者が什虎の四将で遊んでいるのがよくわかります。

もしかするとこの「秦・魏同盟編」は本筋よりも面白くなるかもしれません。

普段、光を浴びることのない脇キャラたちの個性を知る上でも、今回のようなお祭りはこれからも本筋の間にいれてもらいたいです。

 

【 乱美迫の仮面 】

そういえば、久しぶりに乱美迫を見て、一目でわかるデザインってやっぱ大事だよなと痛感。

乱美迫のかぶる仮面は山の民たちと酷似しており、一瞬誰かわからなくて、山の民?って思っちゃいました。

久しぶりで読者も忘れている方がほとんどだと思いますし、いっそ乱美迫の仮面デザインをもっと特別な感じにリニューアルさせても良かったのではないかと。

それこそ一目で「狂戦士」だとわかるように。

たとえば、

直近では黄河の水路を伝って鄴に食料を届けようとした秦・水軍の将、青忠将軍の顔と兜が一体となったデザインなど最高でしたよね。

まんま半魚人で水軍の将だなってひと目でわかる面白兜。

あれこそ作者の遊び心でしょう。

青忠将軍(作者)が兜に寄せてヒゲをああしたのか、ヒゲに寄せて兜をああしたのか、想像しただけで面白いです。

口の傷だって、たぶんアレは釣り針で出来た傷ってことですよね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.