最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】649話「条件次第」感想!

更新日:

2020年8月6日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年36・37合併号「キングダム」第649話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】649話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 649話 あらすじ・ネタバレ 】

「鄴」を落とし、さらに李牧が失脚中の今こそ絶好の攻め時。

しかし、王翦率いる秦連合軍が総出で当たるも趙・王都軍の守備は堅く、状況は一向に変わらぬまま。

「咸陽」ではこの事態を打開すべく、昌平君が動き出していた……

 

【 秦趙最前線 】

鄴攻略の翌年になっても、未だ秦軍は王都「邯鄲」に迫るどころか、趙軍の大防衛線に穴ひとつ開けることさえできずにいました。

新たに1万5千の軍勢となった飛信隊も例外ではありません。

信たちが防衛線を抜けたと思っても次から次へと敵の軍勢が現れ、一向に前に進めなかったのです。

信や我呂、岳雷、渕らは打開策を求め、飛信隊本陣の河了貂のもとへ来ていました。

何とかならないかと皆が河了貂を頼りますが、信たちの求めているものは結局兵数です。

河了貂の裁可でどうこうなるものでもありません。

秦国から兵を送ってもらおうにも国内の兵はすでにほとんどがどこかの戦地や要所に出払っている状況。

動かせるとしたら各拠点に配置された兵。

しかし迂闊に拠点の兵を動かす(減らす)ことは相当に危険なこと。

それでも動かすとなれば対魏の軍。

対楚の軍を動かすのは相手が相手だけに危険であり、対韓にいたっては元々拠点にあまり兵がいないからです。

河了貂はそのことを信たちに説明。

なら魏の拠点から援軍を送ってくれって昌平君に言ってもらえないかと安直に頼む信。

説明聞いてた?って感じに呆れる河了貂でしたが、昌平君頼りにならざるを得ない状況であることは確か。

しかし、この膠着した状況にもかかわらず、咸陽の本営から何の指示も来ていません。

河了貂は逆にそれが昌平君が何か大きな手を考えている証だと読んでいました。

 

【 秦・咸陽 】

政や昌文君、肆氏や李斯らが軍議を重ねている広間。

河了貂の読みは正しく、膠着する秦趙防衛線を動かすための新たな策を昌平君が提案します。

それは、魏国と同盟を結ぶという驚くべきものでした。

「鄴」の真下には黄河を挟んで魏があります。

魏の脅威を取り除くことができれば、そこに張っている兵力を膠着している対趙最前線に送ることができると昌平君は考えたのです。

六国制覇を急いでいる中で逆行するような同盟……

肆氏をはじめ多くの文官たちはその策に不安を隠せません。

政もまた、同盟自体をはたして今この時に魏が受けるとは思えないと意見。

趙を討ちやすくはなるが、趙を滅ぼした秦の次の狙いが魏になることは魏も重々承知のはずだからです。

つまり、自分の首を絞めるような同盟を魏が受けるとは到底思えないと政は言うのでした。

政に対し昌平君は一言。

条件次第ではないでしょうかと……

 

【 魏・王都「大梁」 】

魏の大将軍、”火龍”呉鳳明が前線から王都「大梁」に帰還。

魏王・景湣王の命でした。

謁見の間で呉鳳明を待っていたのは景湣王と軍師・玻璃、宰相・月華広。

景湣王は秦国からの同盟の申し出について、呉鳳明の意見をどうしても聞きたかったと、呼び戻した理由を説明します。

呉鳳明は提示された同盟の期間を玻璃に訊ねます。

玻璃が答えた同盟の期間は三年。

それを聞いた呉鳳明は同盟には「否」と即答。

この同盟が、秦がその場しのぎのために魏を利用するだけのものである同盟だと、その期間からも明白であったからです。

ナメた真似をと、使者の首をはねて送り返すよう命じる呉鳳明。

しかし玻璃はただちょっと条件が面白くて……とこの同盟を安に無下には出来ないことを示唆。

同盟に付帯されていた条件が景湣王や玻璃たちを悩ませていたのです。

玻璃が無駄にもったいつけていることに呉鳳明はイラッ。

玻璃!と語気を強めます。

そんな呉鳳明の様子を楽しむように、玻璃は失礼しましたと笑って陳謝。

玻璃は秦から提示された条件を呉鳳明に話します。

それは「什虎城」を魏に与えるというものでした。

驚く呉鳳明。

什虎とは魏・楚・韓・秦の四か国の国境地帯であり、中華でも指折りの重要地。

しかも

什虎は大国「楚」の城!

つまり、三年同盟の対価として、秦・魏連合軍で楚の什虎城を落とし、その什虎城をそのまま魏に渡すと秦は言ってきたということなのです。

この昌平君から投げられた賽に呉鳳明の下す決断は……

 

キングダム第649話END

 

キングダム第649話・感想と考察

信、蒙恬、王賁、それぞれに将軍となり、それぞれの隊も兵数が格段に増えて今や立派な軍。

そして、それを上回る兵数の王翦軍、桓騎軍、楊端和軍。

これだけの大軍勢、それも主要キャラ勢ぞろいで攻めているにもかかわらず最前線が膠着しているという設定にはちょっと違和感というか無理を感じますね。

それに李牧がいなけりゃ趙軍なんぞケチョンケチョンじゃなかったのかよ王翦!って感じ。

朱海平原のど真ん中で李牧に言い放ったことと全然違うじゃんて思っている読者も多いのではないでしょうか。

進行上致し方ないとはいえ、膠着状態にならざるを得ない理由にもっと説得力が欲しかったと思います。

 

【 秦・魏連合軍 vs 楚 】

個人的にとても楽しみ。

信たち新三将抜きの戦いが見れそうだからです。

物語に厚みを持たせ、飽きがこないようにする意味でも脇役たちが輝く舞台が用意されることは大歓迎。

べつに蒙武に興味はありませんけれど、蒙武の部下たちに興味があります。

おそらく新キャラが用意されているのではないでしょうか。

蒙武の戦いを理解している部下を新たに登場させてくれないかなと期待しています。

さて、この秦・魏連合vs楚の戦いですが、結果的に魏の勢力を削っておくことも昌平君の狙いだと思います。

であれば、蒙武はそれほどイケイケドンドンにはならないかもしれません。

犠牲を最小限に抑えつつ、時間を使っての戦い方が予想されるのですが。

そしてそこから連想される光景は……

蒙武にしてやられキィ―って怒りまくる呉鳳明の姿。

呉鳳明はいつもなんか怒った顔してますし、歯ぎしりが似合ってますよね。

 

【 こじるり 】

いや、べつにいいんですけどね。

でもなんか、なんかスッキリしないのはなぜでしょう……

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.