最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】645話「趙王の命」感想!

更新日:

2020年6月25日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年30号「キングダム」第645話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】第645話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 第645話 あらすじ・ネタバレ 】

飛信軍・楽華軍・玉鳳軍の三軍が再び鄴に集結していた頃、趙では国を揺るがす大事件が起きていました。

 

【 秦・王翦軍 】

趙・扈輒軍の張る防衛ラインを抜くため、王翦軍はラインに沿って広範囲に軍を展開。

新たに飛信軍・楽華軍・玉鳳軍が王翦軍に合流。

各軍がそれぞれ配置についた時、王翦は本営本陣に全将軍を呼び集めました。

王翦が扈輒軍の防衛ラインを抜くための指示を将軍たちに伝えようとした正にその時、本陣に急報がもたらされます。

それは趙・悼襄王の急死を知らせるものでした。

倉央は報せを聞いて李牧が手をまわして悼襄王を殺したと推測。

倉央の憶測に対し、李牧はそんなことしねェと信は反論します。

田里弥は悼襄王殺しの犯人などどうでもいいことだと一喝。

問題は次の王だと話します。

時期王とされる太子・嘉は名君の器という噂以外伝わってこないほどの人物だと説明。

そして趙の賢人たちは牢獄にいたり、嘉の時代を待って野にひそんでいるとの噂だと危惧します。

この賢人たちが嘉が王になることで全員が表舞台に出てくることにでもなればと…

ここで王翦が話に割って入ります。

嘉が噂通りの人物であるならば、趙は生まれ変わると断言。

王翦がそう話しているそばから、目の前に布陣していた扈趙軍に早速動きが。

趙・王都軍が大挙現れ、防衛ラインに合流したのです。

この動きを見た信たち将軍は李牧が復帰したことを確信します。

王翦は各将に軍を第二ラインまで下げるように指示を出すのでした…

 

【 趙・王都「邯鄲」 】

悼襄王の死によって中枢は混乱。

悼襄王の死に方が尋常ではないことから毒殺説が飛び交っていました。

郭開は李牧一派の仕業に違いないとして近衛兵に逮捕を命じます。

しかし近衛兵たちは命令を拒否。

近衛兵はお前に仕える兵ではなく、王に仕える兵だと郭開に言い放つのでした。

それに対し王が亡くなった以上、今は宰相の自分に従うべきであろうがと怒鳴る郭開。

近衛兵は郭開に臆することなく答えます。

我らの仕える次の王はすでにいると…

すでに太子・嘉は実権を手に入れ、王として各所へ命令を下していたのです。

 

【 地下牢 】

その頃、嘉は側近を引き連れて牢獄を訪れていました。

嘉は地下牢に幽閉されていた賢人たちを全員解放。

もちろん李牧もその恩恵にあずかることに。

報せを聞きつけたカイネがすぐさま解放された李牧のもとへ直行。

李牧の生還を心から喜ぶカイネでした。

そこへ嘉が現れ、李牧に今何をすべきか指示を仰ぎます。

李牧は王都軍を早急に動かすべきだと進言。

この後、嘉と李牧、そして解放された賢人たちは対 秦軍の作戦を練るべく、邯鄲にある大広間へと移動。

 

【 邯鄲 】

悼襄王という後ろ盾を失い、兵一人すら動かせなくなった郭開。

この先どうしたらいいのかと自身の身を案じて焦燥感いっぱい。

そんな時、江姫と英書記官が喜ばしい知らせを持って郭開のもとを訪れたのでした…

 

【 大広間 】

嘉と李牧を中心に軍と武人、文官の配置を決めていた時、突如近衛兵が大広間に乱入。

あっという間に嘉や李牧やカイネたちを取り囲みます。

近衛兵の後ろからゆっくり現れたのは郭開と英書記官、江姫たちでした。

嘉と李牧は郭開の後ろに悼襄王の末子・遷がいることに気付き、嫌な予感が走ります。

それでも嘉は近衛兵に郭開は奸臣だと逮捕を命令。

しかし、近衛兵は嘉の命令に動きません。

動かないというよりも、動けないでいる近衛兵たち。

その様子から人質でも取られて従わされているに違いないと読んだ嘉は、近衛兵に何をした!兵を解放しろと怒鳴ります。

何かをしたのは亡き悼襄王だと告げる郭開。

意味が分からない嘉に英書記官が説明します。

悼襄王は亡くなる半日前に英書記官を呼び寄せ、遺言を記録させたことを話して聞かせました。

その遺言書は玉印も押されている正式なものであり、偽物ではないことも併せて通達。

遺言の存在、郭開の態度、そして末子・遷の存在…

これら情報が導き出すものが脳裏に走り、言葉を失う嘉と李牧。

静まり返る大広間に英書記官の遺言を読み上げる声が響き渡ります。

「第9代趙王・悼襄王は次の王位を太子・嘉…ではなく、末子・遷に継がせるものとする。by悼襄王。」

想像通りの遺言内容に絶句する嘉と、落胆する李牧。

嘉と李牧の顔を眺め、ニヤつく郭開でした……

 

 

キングダム第645話END

キングダム第645話感想と考察

いやぁ、ここまで自分の考察がハズレまくっていると清々しい気持ちです。

悼襄王暗殺犯は郭開でも、ましてや王翦であるわけもなく、考察は木っ端微塵に打ち砕かれてしまいました。

では誰が犯人なのか?

考察全ハズレの身としましては、田里弥のいうように犯人なんて誰だっていいことだとは到底思えません。

何とか犯人を突き止めたいところです。

李牧が解放された時、カイネはすぐさま李牧のもとに参じましたが、なぜか舜水樹は現れませんでした。

これは悼襄王暗殺の事後処理に走っていたからではないでしょうか?

仮に舜水樹が単独で計画した暗殺だとしても、李牧直属の部下である舜水樹が捕らえられれば李牧まで連座するのは明白。

ちょっとでも李牧に繋がるような証拠は残してはならない訳です。

場合によっては口封じのために何人かの命を奪っている可能性もあります。

だからそれなりに時間も必要だし、犯人である以上は解放後すぐに李牧に接触するのもマズいと考えたのかもしれません。

よって犯人は舜水樹と考えますが、太子・嘉と李牧がその後ろにいた疑いも当然捨てきれません。

郭開はおそらく悼襄王暗殺の犯人を捜すでしょう。

さがすどころか偽りの犯人を仕立て上げることも予想されます。

それで本当の犯人が名乗り出ても特段損はありませんし、何とでもなるでしょうから。

郭開は誰を犯人とすれば一番都合が良いかというと、それは李牧ではなく、嘉ではないでしょうか。

暗殺犯黒幕として嘉を祭り上げ、遷に処刑を宣告させれば李牧は断固それに反対するでしょう。

嘉は趙に残された唯一の希望なのですから。

そこで郭開は嘉の助命と引き換えに李牧をいいように使うことを考えるのではないでしょうか。

李牧が王都軍を防衛ラインに出した途端に王翦軍がラインを下げた事実を知れば、郭開は自身の身の安全を図る意味でも李牧の必要性を感じるハズ。

嘉と李牧、この二人を生かさず殺さず活用するクズ策を郭開が講じることを期待したい。

 

それにしても遷の見た目と、女性をマッパにしてお馬さんにする趣味の良さを今回目の当たりにして、親父の血が脈々と流れていることを実感させられましたね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.