最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】644話「桃泉殿」感想!

更新日:

2020年6月18日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年29号「キングダム」第644話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】644話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 644話 あらすじ・ネタバレ 】

晴れて将軍となった信・蒙恬・王賁の三人。

昌平君の号令により、それぞれ隊を率いて再び「鄴」へ。

その頃、趙・王都「邯鄲」では大事件が…

 

【 趙・王都「邯鄲」地下牢 】

地下牢に幽閉中の李牧に、処刑が明日に決まったことを伝える郭開。

何か言い残すことは?と訊ねます。

李牧は申し立てなどは一切せず、自分が死んだ後に攻め入って来るであろう秦軍への対処方と、部下に後追いなどせぬよう伝言を依頼。

遺言を聞き終え、地下牢を後にする郭開。

一応形式通り李牧の遺言を聞きはしたものの、遺言を誰にも伝える気などは毛頭ない郭開でした。

 

【 「邯鄲」正殿 】

太子の嘉(か)が李牧の死刑執行が決まったことを聞きつけ、助命嘆願に趙王・悼襄王のもとに参じていました。

嘉は李牧は趙の門であり、失えば敵は素通りで国中を蹂躙してしまうと李牧の必要性を語ります。

さらに、もしこれで国が滅んでしまうことにでもなれば、父上の名は後世に汚名となって残るとまで言い放ち、処刑再考を涙ながらに訴えるのでした。

訴えを黙って聞いていた悼襄王。

玉座から降り、そっと嘉に近寄って抱きしめます。

嘉の耳元に顔をつけ、”いつのまにか大きくなったな”と話しかけ、そのまま耳をガブり。

ベチャ

床に吐き捨てられる嘉の右耳。

広間に響き渡る嘉の絶叫。

右側頭部を押さえ苦しむ嘉をすぐさま太子の側近二人が支えます。

悼襄王は嘉に暴言を吐くからだといい、とっとと失せろと命令。

さもなくばもう一耳ガブっといっちゃうぞと…

耳を千切られてもなお李牧助命を訴える嘉でしたが、側近二人は嘉の命を最優先に考えます。

悼襄王なら実の子であろうと殺しかねないと判断し、嘉を強引に広間から外へ連れ出すのでした。

 

【 「邯鄲」城内の片隅 】

人目を忍び、舜水樹、カイネら李牧救出を企てていた兵や側近が集合。

明日に迫った処刑をぶち壊す算段を立てていました。

処刑場は雷環広場。

もはやそこに襲撃をかける以外に方法は無いと決します。

しかしすでに広場には王都軍が集結して広場を厳重警備。

ここまで郭開の罠によって多数の犠牲を出していた救出軍。

王都軍と戦うには兵の数が圧倒的に足りません。

そこで舜水樹は隊を二手に分け李牧を救出する作戦を立てます。

まず、市民の中に小隊を紛れ込ませる。

次に、李牧が広場に姿を現したら舜水樹率いる五十騎が奇襲を仕掛け刑場を混乱させる。

そして、混乱に乗じて市民の中に紛れ込んだ小隊が李牧を救出する。

満身創痍の身体にムチうち、舜水樹の横で作戦の説明を聞いていたカイネ。

自ら中の救出隊に志願します。

絶対に李牧を死なせない、全てをかけて自分が救出すると涙を流し宣言。

カイネの思いをよく知っている舜水樹は二つ返事で志願を承諾するのでした。

 

【 鄴 】

鄴に着いた早々、出陣の伝令を受けた飛信隊と楽華隊。

蒙恬は信に状況を説明。

明日、李牧の処刑が執行されるらしいと信に伝えます。

それを聞いて本気で悔しがる信…

そんな信を尻目に蒙恬は続けます。

李牧亡きあと「邯鄲」が揺らぐのは必至、一気に趙を打ち倒す流れになる、その流れに乗るための出陣だと。

個人的な思いよりも大義だと頭で理解はしているも、どうしても心が追いついてこない信…

モヤモヤを抱えたまま河了貂に準備に入るよう命令。

ところが河了貂は返事もせずどこか上の空…

実はモヤモヤを抱えていたのは河了貂も同じでした。

河了貂はカイネが李牧の後を追うのでは…と心配していたのです。

 

【 「邯鄲」”いつもの”桃泉殿 】

太子・嘉を退けた後、いつもの大浴場「桃泉殿」でくつろぐ悼襄王。

クスクス クスクス

いつものように笑顔で尽くすチビッ子たち。

悼襄王はどいつもこいつもと不満をブツブツいいながらいつもの酒をガブガブ。

しかし今日はいつもの酒の量をはるかにオーバー。

飲みすぎでは?と心配するチビッ子を無視してガブガブ。

風呂はやめだ、横になるぞと、いつものようにチビッ子と寝室へ向かおうと風呂から上がったその瞬間。

ズキン!

突如胸に強烈な痛みが襲い、崩れ落ちるように悼襄王が床に倒れてしまいます。

声に出ない声をふり絞り、チビッ子たちに医師を呼べ、助け呼べと命令。

しかし…

チビッ子たちは助けを呼ぼうとはしません。

クスクス クスクス

身体中の穴という穴から血を噴き出し、もだえ苦しむ悼襄王が最後に見たものは”いつもの”ように笑顔のチビッ子たちでした…

紀元前236年、趙・悼襄王死亡。

キングダム【第644話】END

 

 

キングダム【第644話】感想・考察

前回のあらすじに「大浴場から運命は大きく動き出す」と書いたのですが、まさにそんな感じの展開で、ちょっと笑ってしまいました。

それにしても大浴場に名前があったとは…

見落としですかね、申し訳ありません。

で、その大浴場「桃泉殿」で悼襄王がついに死にました。

死にっぷりは大変見事であったと思います。

画的にもインパクト大!

この第644話は悼襄王ファンだけでなく、キングダム読者全員の脳裏に深く刻まれたに違いない。

いち悼襄王ファンとしてそうであってほしい。

お願い、忘れないで。

 

さて、死因ですが…

もともと病弱なところに酒の大量摂取で心筋梗塞を発症?

それとも、毒?

もちろん毒殺であってほしい。

報いを受けて死んでほしいからとかではなく、似合っているから。

てゆーか、完全にこれは毒殺です。

では一体誰が?ですよね。

願わくば郭開の指示であってもらいたい。

太子・嘉の耳を噛み千切った後、悼襄王は郭開ではなく、英(えい)という書記官を呼びつけていました。

これは郭開には言えない、もしくは言いたくないことがあるということを表しています。

壁に耳あり障子の目ありの郭開がこのことや耳ガブ事件を知り、見切りをつけたとか?

 

実は郭開も悼襄王も、李牧がいるから趙が滅びずに済んでいることを誰よりも理解していたと思います。

悼襄王は自分の命がそう長くはないと悲観し、国が滅びようがどうでもいいやといった考えの持ち主。

つまり、李牧を処刑して俺が趙を滅ぼしてやると考えていたとしても不思議じゃありません、

郭開もまた、李牧を疎ましく思うものの、趙を守る、つまり自分の生活を担保する重要な人間だとわかっていた。

それに李牧は国を乗っ取ろうとか、王を排除しようとかまではしない性格であることも。

郭開が悼襄王と違うのは、自身に悲観などしていないこと。

権力にどっぷりゆったり浸かる生活を送るためならば利用するものは利用した方が得策と考える思考の持ち主。

そうだとしたら、処刑を止める算段を考えたとしても、これまた不思議じゃないと思うのです。

だから悼襄王を毒殺し、その罪を太子になすりつけ、まだ幼い太子の子を担ぎ上げる計画を企てた…

てな感じの郭開黒幕説であってもらいたいと個人的は思うところです。

ですが…

黒幕は郭開ではないでしょう。

では太子一派の誰か?

それともチビッ子たちが死を賭して独断で毒を持った?

たぶん…おそらくは王翦か昌平君でしょう。

信たちが鄴についたタイミングで事が起きたことからもそれが窺えます。

いずれにせよ、これで太子・嘉が王となり、李牧は助かるということになりそうです。

信も河了貂もホッとすることでしょう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.