最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】640話「国の要」感想!

更新日:

2020年4月23日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年21号「キングダム」第640話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】640話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

 

【 キングダム 640話 あらすじ・ネタバレ 】

秦が趙の「鄴」を落としたという衝撃は、瞬く間に全土に広まりました。

もちろん、楚の宰相のもとにも…

 

【 楚国王都・郢(えい) 】

媧燐は驚きを隠せません。

王翦の取った策には懐疑的であり、李牧同様に王翦軍の飢え死にを想定していたのです。

オモチャ兼側近のバミュウから、自身の読みが外れたことを指摘された媧燐。

邯鄲から王都軍が出れば王翦軍を潰せたが、それを趙王がしなかったからだと、ちょっとムキになってバミュウに対し声を荒げます。

とはいえ、李牧相手に鄴を取った王翦を内心では称賛していた媧燐でした。

 

【 鄴・飛信隊宿舎 】

信は羌瘣を見舞いに訪れ、そのまま羌瘣の横で眠りについていました。

羌瘣が自分をかばって目の前で龐煖に真っ二つにされる夢を見る信。

目に涙を浮かべ飛び起きます。

慌てて飛び起きた信を、先に起きた羌瘣が黙って見ていました。

二人は同じ夢を見ていたのです。

羌瘣はそのことを信に話し、よくは分からないけれど、自分の気が少し信に入ってしまったから同じ夢を見るのかもしれないと仮説を立てるのでした。

あの時、自分を助けるために、やはり何か無茶をしたんじゃないのかと信が尋ねますが、羌瘣は話しません。

心配をかけまいと寿命のことを隠します。

その頃、昏睡状態だった亜光将軍が復活し、軍を率いて鄴から討って出ます。

行先はもちろん、列尾。

 

【 趙国門・列尾 】

列尾の城壁の上から、秦国方面を見据える扈輒将軍と舜水樹。

そこへ急報が入ります。

それは秦軍4万が向って来ているとの報せでした。

向っていたのは秦国大将軍のひとり、謄。

 

こちらは3万、向こうは4万、さらに軍を率いるのは謄大将軍。

趙兵は不安を押さえきれず、たまらず扈輒将軍に”ここは持ちますか?”と聞いてしまいます。

謄の4万だけならば持つが、鄴から軍が出て、挟み撃ちにされたら持ちこたえられぬと話す扈輒将軍。

しかし、李牧ならばそんな鄴の動きを当然想定し、北部の軍を南下させているはずだと扈輒も舜水樹も思っていました。

であるならば、後方の鄴から来る軍は李牧に任せ、我々は前方の謄に集中すればいいだけのこと。

 

扈輒と舜水樹が軍を展開し、謄軍と対峙。

 

ドオオオ

 

やがて互いの先鋒隊が激突!

戦況を見据える扈輒と舜水樹に報告が入ります。

鄴より秦軍2万がこちらに向かって来ているとの報せでした。

舜水樹は北部からの援軍はまだかと焦れます。

 

そこへまた別の伝者が急報を携え現れました。

今度こそ李牧、或いは北部からかと期待する舜水樹ら趙兵たち。

しかし、報せは馬南慈からでした。

しかもその内容は、趙国王が李牧を投獄、北部軍も一切動かされていないという事実。

さらに、李牧は斬首になるとも。

それを聞いて舜水樹は激高!

剣を高々と振り上げ、腰を抜かし床に倒れた伝者の顔横に振り下ろします。

ドガッ

石床を突き刺し、伝者に対してどこまで王は愚かなのだ!と八つ当たり。

横で伝者からの報告を聞いていた扈輒は、全軍を邯鄲まで戻すことを決意。

後方の鄴から2万、前には謄の3万、北部からの援軍はなし、これらの状況を考慮、何より軍の温存と李牧の救出を優先するべきだと判断したのです。

扈輒も舜水樹も、李牧を失えば間違いなく趙は終わると確信していました。

 

扈輒は橑陽の包囲軍にも包囲を解いて邯鄲へ戻るように伝言を送ります。

やがて扈輒の号令の元、列尾に陣取っていた趙軍は全軍で邯鄲へ向け移動を開始。

謄は無理に追撃することをしませんでした。

列尾城を取り、辺り一帯を固め、趙王都圏の出入り口をガッチリと秦のものとすることに集中するためです。

 

【 秦国門・列尾 】

列尾を謄軍が押さえ、「鄴」「橑陽」「列尾」のラインがつながり、漳水流域トライアングルがついに完成。

漳水流域トライアングルの中には多くの趙の住民たちがいましたが、王翦は彼らを傷つけることをしなかったため、邯鄲に避難せず、その場に残る住民が大勢いました。

 

そして約一か月後。

秦国本営から兵が補充されるため、鄴攻略軍の一部が本国への帰還を許されました。

その三度目の組で、飛信隊もようやく鄴を後にします。

信たち飛信隊が列尾の手前辺りまで来た時、見慣れた旗を掲げる軍と偶然遭遇。

それは飛信隊同様に帰還中の壁軍。

朱海平原と橑陽方面に別れてから、実に69日ぶりに信と壁は再会を果たすのでした。

キングダム第640話END

キングダム第640話感想と考察

「鄴」の陥落は、信にとっても、秦国にとっても大変大きな出来事であり、両者を大きく成長させたように感じます。

もちろん、原先生がそう描いた故にそう感じる訳ですが。

史実的といいますか、史書的にもターニングポイントであったように思います。

 

【 侵略国・秦 】

秦はここから完全に強者として全開で他国への侵攻を推し進めていきます。

隣国で秦を単独で滅ぼせるような国は、せいぜい楚ぐらいではないでしょうか。

その楚にしたって、「今ならまだ」という条件付きでの話。

秦は弱者ではなく、強者であるということをこの「鄴」取り以降からはもっと実感させて欲しいです。

兵力数がものを言う展開、時代が訪れた事が描かれなくては中華というスケール感、壮大さを実感できません。

信にしてもこれ以上は個人の武に固執した演出よりも、将軍としての成長にスポットを当てて描かれていくことを期待したいです。

信が大将軍を目指す挑戦者であることは構わないのですが、秦国が弱者的に描かれるのはもう止めていくべきだと思います。

だってすでに斉国とも出来上がってる設定なのですから。

 

【 閼与は無かったことに 】

読者の期待を裏切るにはどうしたらいいか?

読者の想像を越えるにはどうしたらいいのか?

簡単!史実を逆利用すればいいじゃん!

 

原先生と編集がそう考えているのは間違いありません。

今回の鄴取りで閼与に関しての態度がそれを物語っております。

史実っていっても裏付けがある訳でも無し、だったら好きに…

ってところじゃないでしょうか。

 

もはや史実は読者をミスリードさせるためのものと思っていたほうがいいかもしれませんね。

 

【 信と壁はフリー 】

信と壁が合流したのは、二人ともフリーだからでしょう。

この二人はどこの戦場にいても史実を曲げませんしOKですものね。

韓に行くのか、魏に向かうのか、二人には史実とは無関係なファンタジーなエピソードが待っていそうですね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.