最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】636話「補給軍の行方」感想!

更新日:

2020年3月26日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年17号「キングダム」第636話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】636話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 636話 あらすじ・ネタバレ 】

 

「鄴」を陥落させたものの、秦兵達を養う兵糧は鄴にはありません。

飢えと疲労でフラフラの何万もの兵を救う手立てははたしてあるのでしょうか…

 

【 鄴・城門外 】

 

信たち”十の二”の追撃軍が李牧軍を倒して鄴を陥落させていると信じ、”十の八”の後続軍は飢えと疲労の中、フラフラになりながらも鄴を目指し行軍。

 

飛信隊の淵は兵達に頑張れ、もう少しだと鼓舞し続けていました。

尾平がもう駄目だぁと弱音を吐いて倒れ込んだ頃、ついに先頭を進んでいた田里弥軍が鄴へ到着。

やがて淵や尾平ら飛信隊も鄴城の姿を確認します。

眼前に映るのは城壁にはためく秦の旗、すでに入城を始めている田里弥軍。

 

そして城門からこちらに向かって飛び出してくる三騎…

それは先に鄴入りしていた信と田永、楚水でした。

 

信の姿を見た尾平は担がれていたのが嘘のように走って駆け寄ります。

それは信たちも同じ。

馬から飛び降りるやダッシュで尾平たちのもとへ駆け寄り、ガッチリ抱擁して出迎えるのでした。

 

 

【 鄴・城内 】

 

後続軍は鄴城内に入り、水分と軽い食料を与えられます。

 

尾平は信に水ばっかりじゃなくて食い物が欲しいとおねだり。

後続隊からすれば鄴に着けば食い物があるということを信じ、それを糧に行軍を続けたのです。

着いてみれば城もデカいし、当然食料は潤沢にあると想像するのは無理もありません。

 

信や河了貂は、言い難そうに尾平達に実は鄴には食料が全く無いことを告げます。

思いもよらぬ言葉に驚き、落胆する尾平たち…

 

 

その頃、城主・季伯のいた建物の一室では王翦と桓騎、そして両軍の幹部が集まり、現在の状況と情報の共有を図っていました。

 

 

桓騎軍が城内をくまなく探索した結果、食料は予想以上に残っていなかったことが判明。

城主の季伯が隠し蔵までも難民に開放し、李牧軍の到着を今か今かと待っていたことが窺えます。

 

後続軍が城内に入ったことで食料が一気に減ることが予想され、もって二日と摩論は算定。

つまり、鄴内の秦軍は、それまでにどうにかして外部から補給を得なければ最悪の事態が待っているということになります。

しかし、仮に秦国から鄴へ兵糧を運ぶ軍があったとしても、それを李牧が黙って許すはずがないと摩論をはじめ各将は思っていました。

 

【 鄴・城外 】

 

摩論たち秦将の読み通り、すでに李牧は鄴にいる秦兵を餓死させる作戦の指揮を執っていました。

 

 

遼陽の包囲には北部から唐利将軍が増援として加わり、完全に包囲。

これで楊端和軍が容易には外に出る事はできなくなり、まして兵糧を鄴へ送ることなど到底不可能な状況に。

 

李牧はこうして秦軍が趙国内から食料を得ることを封じます。

となれば、鄴の秦軍を救う道は秦国からの補給のみ。

李牧は秦国との国境にある「列尾」に舜水樹を配置させていましたが、さらにそこへ邯鄲の守護者という異名をもつ将軍・扈輒を配置し、万全を期します。

 

【 秦国・咸陽 】

 

鄴から放たれた伝書鳩が秦国・咸陽へ到着。

 

「鄴」陥落の報せは直ぐに嬴政たちに伝えられ、戦況を固唾をのんで見守っていた昌文君や蒙毅たちは喜びを分かち合います。

しかし、鄴がたとえ陥落したとはいえ、「列尾」が陥落してない以上は秦軍が孤立していることに変わりはありません。

それは遅かれ早かれ兵糧の枯渇問題に繋がる事は明白。

嬴政と昌平君は以前、王翦軍が列尾を捨てて全軍で奥に攻め入ったと報告を受けた時、今の事態を危惧しある軍を列尾へと向かわせていました。

 

【 秦趙国境・趙国「列尾」 】

 

嬴政と昌平君が送った軍とは、大量の兵糧を運ぶ補給軍でした。

この軍を率いるのは介億。

 

「列尾」に到着した補給軍は前方に攻撃隊、後方に荷駄隊を配置し、列尾攻めに取り掛かります。

 

列尾を守るのは西部から来た扈輒を大将とした軍でした。

対峙する介億軍と扈趙軍、互いに相手の出方を見ます。

 

 

先に動いたのは趙軍の別動隊。

舜水樹率いる軍が補給軍後方の荷駄隊を横から突然襲撃!

この奇襲攻撃になすすべなく荷駄隊は次々と討ち取られ、兵糧が焼かれていきます。

しかし、ここでひとりの趙兵が異変に気がつきます。

兵糧が入っているはずの俵に何も入っていなかったのです!

 

 

 

キングダム【第636話】END

 

 

キングダム【第636話】感想と考察

 

 

どうやら「鄴」の危機は秦国からの兵糧で解決されそうな気配ですね。

 

 

【 また騙される舜水樹 】

 

介億が列尾まで運んだのは偽の兵糧でした。

これって王翦がやったことを場所を変えて踏襲したってことですよね。

そして騙されたのはまたしても舜水樹。

 

 

ということは…介億も「金安」でわざわざ兵糧を詰め替え直したんでしょうか。

いずれにせよ、中身の入った俵を運ぶ荷駄隊が他にいるという事でしょう。

ではその荷駄隊は何処へ向かい、誰が率いているのか…

これまでに作中に出ているヒントからして、趙西部・「黒羊」から兵糧が送られてくるのではないかと考えます。

なぜなら、扈輒が登場したからです。

扈輒は邯鄲から西部に呼ばれていたハズ。

それが現在「列尾」にいるということは、西部・黒羊の趙軍は手薄な状態なのでは?

てな訳で、黒羊経由で補給軍が動いているのかも。

 

 

【 落としどころ 】

 

 

仮に補給部隊が黒羊から侵入に成功しても、鄴にたどり着けなくてはお話になりません。

つまりそれなりに武装していなくては李牧が形成した鄴包囲網を突破することなど不可能です。

秦には現在 余剰軍などありませんので、そんなりに武装した大軍などとても送れません。

となると、鄴側からも何かしらアクションを取って連携して荷駄隊を守る?しかし、それもなかなか難しい状況です。

やはり趙国の都市が離反して秦国となり、状況が変わるというのが良き落としどころと思われるのですが…

離反ではなくとも、李牧の知らぬ所で和平協定とか停戦協定とかを勝手に結んでしまうとか…

いずれにしても、王翦にとってこの状況は相当前に想定していた訳ですから、うっそ~んてご都合主義的展開が待っているのは確かでしょうね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.