最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】634話「戦略の破綻」感想!

投稿日:

2020年3月12日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年15号「キングダム」第634話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】634話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

 

【 キングダム 634話 あらすじ・ネタバレ 】

 

一刻も早く「鄴」に向かわなくてはならないにも拘らず、律義にも龐煖と信の一騎打ちを見届けたりして無駄な時間を費やした趙軍総大将・李牧。

せめて別動隊を先に「鄴」へ送っていれば…

 

秦趙大戦・十七日目。

「鄴」救出へと急ぐ趙軍に秦軍精鋭部隊が追いつきます。

 

 

【 鄴・城内 】

 

 

李牧が鄴の限界を案じていた頃、その鄴では食料を求めて難民たちの暴動がアチコチで起こり始めていました。

 

 

 

城門に押し寄せる難民たちと門を守る趙兵たちとの間では食料を巡って口論が絶えません。

我々を大人しくさせたかったら食い物をよこせ、無理ならば外に出させろと叫ぶ難民たち。

今 門を開けたら外にいる桓騎軍が城内に雪崩れ込み、城を秦に取られてしまうのだぞと怒鳴る趙兵たち。

 

 

普段であれば民も兵に逆らおうなどとは考えないでしょうが、生き死にが掛かっているため必死です。

さらに、城を守る兵数よりも圧倒的に難民の方が多いこともあって兵を怖がりません。

数に物を言わせて押し寄せる難民たちに対し、ついに武器を取る兵も。

 

 

難民たちは門の解放を求めるだけでなく、城内にある貴族たちの屋敷を襲撃するにまで至ります。

貴族たちは食料を隠し持っているという憶測が噂となって広がり、一部の難民たちが暴徒化してしまったのです。

 

 

これら難民たちの行動に城主・趙季伯は武力鎮圧を決断。

各将軍たちに武力行使を許可すると伝令を走らせます。

 

 

『 まずい…邯鄲軍でも李牧軍でも誰でもいい、早く来てくれ!このままでは鄴は落ちる… 』

 

 

焦燥感でいっぱいいっぱいの趙季伯とは対照的に、桓騎は…

 

 

【 秦・追撃軍 vs 趙・李牧軍 】

 

猛追する追撃軍によって李牧軍は進軍の速度が鈍らされていました。

 

 

捨て駒である殿隊で追撃軍を受け止めつつ、本軍は鄴へと急ぎたいところでしたが、倉央と糸凌の隊が殿隊の間隙を縫って本軍をコツコツと襲撃。

万が一本軍がこれで大打撃を受けてしまっては、鄴に着いたとしても桓騎軍を打ち破ることなど不可能になります。

李牧は先を急ぎたい気持ちを抑え、お尻に喰いついてくる追撃隊に好き勝手させぬため、陣を組んで応戦せざるを得ませんでした。

 

 

李牧は広失の陣という包囲陣でもって喰いつきすぎた倉央隊の一部を殲滅させます。

飛信隊を除き、倉央隊、楽華隊、玉鳳の精鋭兵たちは李牧軍の統率の取れた急反転に驚くも即座にこれに対応して追撃を止め、後方へと退却。

飛信隊は河了貂がいるも若干反応が遅れてしまい、ギリギリなんとか李牧軍に捕まることなく退却。

 

 

李牧軍は一部の追撃兵を殲滅するも、追撃隊の素早い反応には対応できず、隊そのものを瓦解させるまでには至りません。

李牧は包囲陣を解いてまた鄴へと向かうのですが、直ぐにまた倉央隊や飛信隊が李牧本軍のお尻をガブリ。

今度こそとまた李牧は包囲陣を敷くも結果は先ほどと同じ…。

こんなことを夜中まで繰り返し、結局李牧は鄴に着かずに十七日目の夜を迎えてしまうのでした。

 

【 鄴 】

 

休息を取ることすらせず、李牧たちは夜のうちにひそかに動きます。

殿軍に追撃隊の宿営地を襲わせ、その隙に李牧たち本軍は鄴を目指して移動したのです。

 

 

そして十八日目の日の出とともに李牧たちは遂に鄴に到着。

鄴城の城門はいまだ閉じられたままであり、城壁には趙の旗。

まだ落とされていないことに安堵する李牧たちでしたが、突然前方に桓騎軍が現れます。

それは武闘派で知られる雷土隊と超武闘派のゼノウ一家。

しかもヘトヘトの李牧軍と違って元気いっぱい。

 

李牧としては何か策を講じたいところでしたが、時は一刻を争います。

カイネ隊と傅抵隊、そして紀彗軍にもすぐに来るように伝令を送り、李牧は各自力技での桓騎軍突破を号令するのでした。

 

が、

 

 

当然元気いっぱいな桓騎軍と疲労困憊な李牧軍とでは勝負になりません。

無慈悲なゼノウさんらは向かって来る李牧軍を難なくぶっ潰していきます。

 

 

 

 

李牧軍と桓騎軍が戦闘を開始して間もなく、王翦ら追撃軍も鄴に到着。

部下が桓騎軍と連携して李牧軍を挟撃しましょうと進言するも、王翦は慌てなくたってもう大丈夫だといいます。

いかに李牧とて現在の状態で桓騎には勝てないと。

 

 

そもそも李牧の策は、朱海平原で秦軍を叩き、そのまま鄴へ南下して桓騎を討つというもの。

それが実質崩れている以上、もうその策は破綻しており、そして策を破綻させたのは秦の若き三人の力によるものであると断言。

もちろん現在 李牧が苦境に立たされているのは王都の邯鄲軍が動かなかったことが大きな要因ではあります。

しかし、蒙恬、王賁、信の戦いぶり、その成長が李牧の描いた勝利絵図を狂わせたことは間違いありません。

そしてそれは、鄴攻略戦の成否を分ける要因でもあったのです。

 

【 鄴城・城門 】

 

ドオオンッ

 

 

遂に桓騎軍と李牧軍の目の前で鄴城の城門が下ります。

 

 

 

中からは溢れるようにして難民たちが一斉に外へ外へ…

 

キングダム【第634話】END

 

 

キングダム第634話感想と考察

 

まだ完全には鄴攻略戦は終わってはいません。

ですが王翦はこの戦いの総括に入りましたね。

これは著者である原泰久先生による読者へ向けた総括といえるでしょう。

 

【 兵糧と成長 】

 

とにかく長い長い鄴攻略戦。

原先生はこの一連の戦いで、各将と各隊の成長をいちばんに描きたかったと思われます。

振り返ってみて、?な部分もあるにはありますが、概ねその目的は果たされているのではないでしょうか。

壁や、山の民連合の各長、信と飛信隊、王賁と玉鳳、蒙恬と楽華隊。

おっと忘れちゃいけない亜花錦と糸凌💛

オワコン人物たちと比較させ、成長を我々読者に見せてきたような感じに見えますが、実は成長をさせたのは王翦の策であり兵糧問題です。

それに比べたら龐煖やら尭雲といったオワコンの武に関する壁などは些事にすぎないのかもしれませんね。

 

 

【 未解決の兵糧問題 】

 

これで鄴が落ちれば遼陽から鄴にかけての一帯は秦の領土となるのでしょうか…

となれば田里弥が言っていたように、辺りの小城から食料を徴収することは略奪ではなくなるわけです。

それで問題解決ってことなんでしょうか…

昌平君に頼んだことは兵糧を送る新たな道についてではなかったんですかね…

まさか鄴陥落後の個人的ご褒美についての約束だけ?

王翦の慎重な性格やその姿勢を強く印象付けさせるため、原先生は何か兵糧問題について王翦が手を打っているように描くと思われるのですがどうなんでしょ…

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.