最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】632話「再始動」感想!

更新日:

2020年2月20日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年12号「キングダム」第632話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】632話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 632話 あらすじ・ネタバレ 】

黄泉へつながる「朱い階段」を上ることなく、無事に現世へと生還をはたした信。

先ほどまで悲痛な叫び声を戦場に響かせていた隊員達でしたが、信の生還に今度は歓喜の雄叫びを朱海平原に轟かせます。

 

【 朱海平原・秦右翼軍/飛信隊 】

死んでいたはずの信が、まるで昼寝から気持ち良く目覚めたようにスッキリした顔をして起き上がり、周りを驚かせます。

呆気にとられ一瞬言葉を失う隊員達でしたが、生き返った信の姿を見て感情が爆発。

尾平も淵も岳雷も楚水も皆、生き返ったことを確かめたくて信の体に触れようと飛びつきます。

河了貂も尾平たち同様に信に飛びつき、只々、信の名前を連呼するのでした。

 

涙をこぼしながら生還を喜ぶ河了貂を見て、信は本当に自分が死んでいたんだなと感じます。

 

【 間の世界 】

信がひと足先に生還をはたした頃、羌瘣はまだ間の世界にいました。

 

辺り一面真っ白な世界。

どこにどうやって行けばいいのかわからず、羌瘣が立ち往生していると、そこへ象姉が現れます。

まったく出方もわからないのに…そういって禁術を使った羌瘣を象姉は呆れていました。

羌瘣の使った術は自分の命を削って人の命を助ける、いわば蚩尤族の奥儀とは真逆。

であるからこそ蚩尤族には使えない、だから「うそっぱち」とされてきてた術でした。

それを信のために使えた羌瘣をちょっと妬む象姉。

あの小さかった羌瘣が命をかけるほどまでに男を好きになるとはねぇ…と。

 

 

「好きとかじゃなくて一緒に戦う仲間だから…」

 

そういって照れる羌瘣でしたが、尾平が死んでも禁術を使うか問われ、それはないときっぱり否定。

象姉はコイバナが大好き。

いつから信のコト好きになったのよぉとグイグイ迫ります。

普段、隊の皆の前では絶対に見せることのない羌瘣の乙女な部分が象姉によって表に現れます。

 

「会ってすぐくらいからだったかも。」

 

シレっと一目惚れ発言をする羌瘣に心底羨む象姉…

しかし、妬みながらも羌瘣が自分が夢見た恋愛をするまでに成長したことを内心喜んでいました。

羌瘣が「間」にいられる時間には限りがあります。

もっといろんな話をしたいところでしたが、象姉は羌瘣を座らせ、大事なことを急ぎ伝えるのでした。

悪いこと一つ。

オマケでいいこと二つ。

象姉は悪いことから伝えます。

それは羌瘣も覚悟している寿命の話でした。

今回、禁術を使った代償として寿命が縮まったことを羌瘣に認識させます。

そして二度とこの術は使えないとも。

 

後悔はしていないときっぱり答える羌瘣。

次に象姉はオマケのいいことを伝えます。

 

「二つのいいことっていうのはね…」

 

 

【 朱海平原・秦右翼軍/飛信隊 】

 

羌瘣が信の膝の上で目を覚まします。

 

意識を取り戻した羌瘣を信たち飛信隊全員が喜んでいました。

尾平は羌瘣が信を助けたのに、信は何にもそのことわかってないし、覚えてないんだぜとすぐに告げ口。

死んでたんだから仕方ねえだろと尾平に怒鳴る信の姿を見て、羌瘣は信が生き返ったことを安堵すると同時に、向こうでのことを信は覚えていないのだなと思うのでした。

信にその記憶はないものの、羌瘣が助けてくれたという尾平の言葉を否定する気には全くなりません。

おそらく羌瘣がまた無茶をして自分を救ったのだろうという直感、確信がしていたからです。

礼を述べる信に対し、自らの寿命を削ったにも関わらず、別に大したことはしていないと話す羌瘣でした…

ドドドド

そこへ後方から蒙恬、王賁、番陽らが駆けつけます。

信を含め飛信隊の面々は驚きます。

 

蒙恬らは信が死んだとという情報を聞き、そんなバカなと、真偽を確かめに駆けつけたのです。

表には出さないものの、心内で信はその友情に感謝していました。

 

田里弥軍の丁雨がそこへ駆けつけ、飛信隊が李牧を追走しないことを叱咤します。

軍法会議ものだぞと。

信が生還したことで我に返った河了貂。

涙を拭き、軍師として各小隊に追撃の指示を出します。

 

信は羌瘣に一先ず休んでおくよう伝え、自らも追撃に出ようとしますが体中に痛みが走って思うように動けません。

それを見かねた蒙恬が、あの龐煖を倒したんだからダメージは無理もないだろと声をかけ、信に現在の戦況を教えてあげます。

 

「どうやら李牧には逃げられたっぽい」

 

蒙恬はそういって戦場各所の動きを説明します。

龐煖の敗北を見届けた後に李牧は軍は本陣軍を率いて戦場を離脱。

その本陣には倉央軍が攻め上がり占拠し、そのまま李牧を追走中。

飛信隊後方にいた亜花錦軍がイチ早く李牧を追走するも、いまだ吉報はなし。

趙・左翼は馬南慈を中心として乱戦を解きながらすでに半数以上が戦場を離脱。

中央で本陣を守っていた軍も雷伯を中心に戦場を離脱。

趙・右翼の紀彗軍にいたっては楽華隊の追撃を受けながら中央に流れ込み、馬呈隊が退きやすくなるように援護までしてそのまま戦場を離脱。

蒙恬からこれら状況を聞いていた河了貂が思わず声を上げます。

 

 

「ちょっと待って、左右中央が離脱ってことはじゃあっ…」

 

 

河了貂の考えている通りだよと、蒙恬は趙軍が全軍退却をし、それら軍は「鄴」へ向かっていると伝えます。

だからこそ、一回ここで喜んでおこーかという蒙恬。

鈍い信には蒙恬の言っている意味がよくわかりませんでしたが、周りにいた河了貂をはじめ、飛信隊や秦兵たちにはその意味がわかっていました。

うっすらと涙ぐむ河了貂や兵たちを前に、蒙恬がハッキリと告げます。

 

「この十五日に及んだ朱海平原の戦いは、俺達の勝利だ!」

 

 

ウオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

 

 

周りにいた飛信隊をはじめ秦軍の兵たちの魂の雄叫びが夕暮れに朱く染まる朱海平原に響き渡るのでした…

 

キングダム【第632話】END

 

キングダム第632話感想と第633話考察

終わり良ければ総て良し。

って気持ちにはなれない朱海平原編でした。

しかし、長~い長~い章でしたので、蒙恬のラストの言葉には、信たち以上に読者は皆 開放感を感じたのではないでしょうか。

朱海平原編を検証することよりも、とにかく終わってくれたことを喜びたいってのが素直な気持ちです。

 

【 オマケのいいこと 】

象姉からいわれた「オマケのいいこと二つ」ってなんでしょね。

今回作中では語られませんでしたけれど…。

想像ですが、この禁術を用いたことで、羌瘣と信の間には何か特別な絆というか繋がりが出来たとか?

ガンダムでいうところのニュータイプ同士の会話みたいな。

それと、誰にでも術が発動するわけではないということは、条件があるということです。

術をかける側とかけられる側、どちらか一方だけの思いでは術は発動しないとか…

だから両思いだよ、みたいな?

いずれにせよ、羌瘣と信に関する私的なことなんでしょう。

河了貂はフラれちゃうんですかね…

側室になるとはおもえないし、なんだか切ないわぁ…

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.