最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】631話「朱い階段」感想!

投稿日:

2020年2月13日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年11号「キングダム」第631話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】631話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

 

【 キングダム 631話 あらすじ・ネタバレ 】

 

蚩尤に古くから伝わる禁術を用い、信の精神と繋がった羌瘣。

自分の寿命と引き換えに信を生き返らせることが出来るのか…。

 

【 死者の魂が行き交う”天地の間” 】

 

天地の間で幽連と象姉に送り出された羌瘣。

するとそこには信がいました。

 

羌瘣は信の名を何度も呼びますが、どうやら信には聞こえていない様子。

そして信の目の前には天に向かってどこまでも伸びる「朱い階段」。

羌瘣は直感で朱い階段が黄泉の世界につながっていることを確信します。

その階段を上ってしまったら、もう戻れなくなってしまう…

 

 

なんとか信を止めようとしますが、羌瘣の周りだけ地面がドロドロになり、身動きが取れません。

動けない羌瘣は信に階段に上るな、待ってと大声を張り上げます。

階段に足をかけようとしていた信が誰かに呼ばれたような気がして後ろを振り返りますが誰の姿も見えず、気のせいかなと首をかしげます…

信は自分が何者で、なぜココにいるのかを全く分かってはいませんでした。

 

 

「よっ」

 

 

どこからともなく漂が現れ、案内に来たといって信を階段へと誘います。

先ほどまで目の前にあった階段はなぜか前方奥へと移動していました。

階段を見失う前に上らないとなと声を掛ける漂。

 

 

信が連れて行かれることに焦る羌瘣でしたが、地面のドロ沼に力がどんどん吸いとられているような感覚に陥っていました。

もしかしたら命を吸いとられている!?

またしても直感が働く羌瘣。

自分の命が吸いとられる前に何としても信を飛信隊の元に戻すんだと動こうとしますが沼から出ることができません。

 

 

漂は信を階段の方へ案内する途中、信が記憶を取り戻すようにまるで誘導尋問みたいに話しかけます。

どうやら漂が直接”答え”を教えたのでは駄目で、信が自ら”答え”を思い出さなければ記憶が戻ったとはいえないようです。

つまり、信が自分の意志を思い出し、自ら階段を上る事を拒否しなければ元の世界には戻れないということ…

 

 

漂は信と二人でとなり村に攻め入った時のことを話します。

まだ子供なのに自分ら二人は大人たちより強かった…

そう語る漂に、二人で鍛えまくったからなと話す信。

次に、何のために鍛えていたか覚えているか?と漂は訊ねます。

強くなるためだろと答える信。

漂の誘導は幼い頃の話から始まり、やがて戦場の話にまでおよびました。

信は自慢げに自分の隊をもつまでになったんだぜと語ります。

すかさず漂が隊の名を訊ねますが信は答えられません…

そうこうしているうちに再び階段の手前に。

漂の質問に対して肝心な部分が答えられないでいる自分に違和感を感じるものの、大して気にもとめていない信…

階段の手前で止まり、漂はまた質問します。

秦の王様の顔はどんなだった?と。

漂の執拗なまでの質問責めに呆れつつも、信は何か大きなことを忘れている自分に気がつきます。

 

 

「ユメ…!?」

 

 

漂はソレソレ!と目を輝かせますが、信はあっさりしたもので思い出せないからもういいやと考えるのを諦めます。

信がさぁはやく行こうぜと階段を上ろうとしますが体が動きません。

それは信には見えていませんでしたが、ドロ沼を必死で抜け出した羌瘣が信の体を掴んで上らせまいとしていたからでした。

 

 

 

羌瘣は先ほどの漂との会話を聞いていたようで信を叱咤します。

 

「お前の隊の名前は飛信隊だ!忘れるなバカ!」

 

すると、飛信隊というワードに反応する信。

トドメとばかりに信の夢を教えようとする羌瘣を漂が止めます。

羌瘣の口を手で軽く塞ぎ、それは信が自分で思い出さないといけないんだと説明。

 

 

足が止まった信はそのまましばらく考え、そしてついに自分が何者で何処へ向かおうとしているのかを思い出します。

 

 

「わりー 漂、まだお前達の所には行けねぇや、二人の夢だった天下の大将軍になってねー」

 

 

漂はずっとその”答え”を待っていました。

夢を叶えるという強い意志、自らまだ黄泉の世界には行かれないという意思。

それらを信が自ら思い出さなければ、現世への光の道は開かれないからです。

羌瘣が命懸けで信に自分自身が何者かを思い出させてくれたおかげで、その道は開かれました。

漂は羌瘣に礼をいい、後はその光の道を奥へ進めばいいと言い残し姿を消します。

 

 

次の瞬間、それまで羌瘣を感じる事さえ出来なかった信でしたが、自分の体を必死に抑える羌瘣の存在に気がつきます。

驚く信に、これで信が生き返れると涙を流しながら喜ぶ羌瘣。

信に抱きつき、頑張れと一言声をかけ、信を光の道へ押し飛ばすのでした。

 

 

信は光の奥へと吸い込まれ、羌瘣は地面の中へズブズブと沈んでいきます。

今度は先ほどのようにドロ沼から抜け出そうとはしません。

信を生き返らせるという目的を果たせた以上、もはや自分の命のことなど些事にすぎなかったのです…

 

 

羌瘣の姿が地面の中へ完全に消えようとしていたその時!

なんと松佐と去亥が現れ、地面から羌瘣を掘り出します。

そして閉まりつつある光の道に羌瘣を放り投げ、うちらの大将を頼んだぞと見送るのでした。

 

 

 

【 朱海平原・飛信隊 】

 

倒れている信に何か反応を感じたのか、飛信隊全員が信の名前を叫び連呼していました。

 

「隊長ォ!!」

「信っ!!」

「隊長ォ!!」

 

 

ムク。

突然目を開け、体を起こした信。

 

 

死んだとばかり思っていた信が起き上がり、飛信隊全員が声を出すことを忘れるほど驚愕!

やがて信が生き返ったことを実感し、今度は大声で信の名を呼び狂喜乱舞する飛信隊でした…

 

 

キングダム 第631話 END

 

 

キングダム第631話感想と第632話考察

 

 

たぶん…龐煖の凄さ凄まじさを読者に伝えようとするあまり、信を死なせちゃったんだと思います。

原先生と編集のどちらのアイデアかわかりませんけれど、これは二度と使えない手であることは間違いありません。

だから、これ一回だけのミラクルであるならばしょうがないなって考えていました。

ですが…

今回、松佐と去亥をあんな形で登場させたことについては許容というか、納得することができませんよ。

あれでは未来を予知し、信と羌瘣を黄泉の世界に行かせないためにあえて先に死んで準備していたようなもの。

仲間々と謳い、戦場が無慈悲であることを体現して散っていった二人がまさか飛信隊の黄泉レスキュー兵だったなんてオチ、いりませんてば。

去亥はともかくといったら去亥に悪いですけれど、とにかくこれで松佐の死がめちゃめちゃお安くなっちゃいました。

今回の話は別の意味で悲しすぎます。

朱海平原の戦いが最後の最後でこんなにモヤモヤが残ることになるとは思っていませんでしたよね。

こうなったら桓騎軍に頑張ってもらって、スッキリした形で鄴攻め編を締めて頂きたいと思います。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.