最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】629話「信の夢」感想!

更新日:

2020年1月30日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年9号「キングダム」第629話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】629話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 629話 あらすじ・ネタバレ 】

龐煖を見事打倒した信でしたが、その死闘によって受けたダメージは深刻なものでした。

意識を失い倒れた信に飛信隊の面々が駆け寄りますが…

 

【 秦・王翦中央軍 】

龐煖が討ち取られたことで撤退を余儀なくされた李牧は、軍全体に撤退の号令をかけました。

李牧本隊はカイネらとともに「鄴」城の解放に向かうため、本陣を後にします。

敵本陣が空になり、李牧が戦場から離脱するべく動いたことに気付く王翦。

 

 

 

田里弥は自軍の複数の小隊を李牧本陣裏に向かわせていることを王翦に説明。

仮に自軍の小隊が間に合わずとも、右翼にいる飛信隊と亜光軍が李牧追撃に動いているはずだと。

田里弥はそういって右翼にいる飛信隊を見やりますが想定に反して飛信隊に動いている様子が見受けられません。

王翦は飛信隊に不測の事態が発生していると判断。

田里弥は部下の丁雨を右翼へと走らせます。

『バカな…なぜ李牧を追わぬのだ飛信隊…』

心内でそう呟く田里弥でした…

 

【 秦・右翼飛信隊 】

尾平に抱き抱えられている信の周りには淵や楚水をはじめ飛信隊の隊員達が集まっていました。

河了貂は動かぬ信の姿に茫然と立ちすくみ、尾平や淵らが泣き叫ぶ声も耳に入ってこない状態…

 

 

 

尾平は信の身体を揺らしながら起きろ起きろと声を掛けますが信に全く反応がありません。

目の前の光景が信者られない田永は、俺がぶっ飛ばして目を覚まさせてやると暴れる始末。

そのせいで尾平の腕から信がこぼれ落ち、地面に転がり仰向けになります。

 

 

仰向けになった信の姿は誰の目にもそれが死んでいるとわかるものでした。

それまで泣き叫んでいた全員が言葉を失い、淵にいたっては拒絶反応から嘔吐まで…

崇原は信の脈を取り、首元を触ります。

 

「心臓も動いてないし…もう…こんなにも冷たくなっている…」

 

その場にいた誰もが想像をしていましたが認めたくはなかったこと…

しかし、それを確かめられたことで隊員達に絶望が走ります。

それでも認めたくない田永は崇原に対し、だからどうしたってんだよと突っかかりますが崇原だって認めたくないのは同じ。

気持ちを必死に抑えて怒鳴ります。

 

「信は死んだんだ!!」

 

 

飛信隊の隊員たちが信の安否を確かめようと詰めかけたことで前線はごった返しており、後方にいた新兵たち歩兵隊は前に進むことすら出来ませんでした。

新兵達にも信が死んだとの噂は広まっていましたが、干斗はそんなのは絶対に間違いだと、まるで自分に言い聞かせるように仲間に声を掛けます。

噂を聞きつけ、後方から来た沛郎も混雑する兵達のせいで前線に行くことが適いません。

 

 

皆が言葉を失う中、田永だけは尚も信に怒鳴り続けます。

「お前が死んだら俺達はどうすりゃ…飛信隊はどうすりゃいいんだよ!!」

慟哭する田永の言葉は飛信隊全員の思いでもありました…

そこへ先ほどまで立ちすくんでいた河了貂が。

震える足で近寄り、信の傍らに膝を着いて静かに語りかけます。

 

「ここまで頑張ってきたのは皆 信のことが好きで、命がけで信の夢をかなえようって、一緒にかなえようって…」

 

河了貂はまだ信が天下の大将軍にはなっていない、夢半ばであることを伝えます。

だから勝手に死んで、俺達を置いていかないでくれと…

 

「起きてよ信っっっ!!うああああっ」

 

そういって泣き崩れる河了貂。

その泣き声に共鳴するかのように、再び飛信隊の兵達も泣き叫び始めます。

そこへ片足を引きずりながら瀕死の羌瘣が現れ、河了貂にそこをどくように告げるのでした…

 

【 秦・右翼亜光軍、亜花錦隊 】

李牧らが本陣を後にしたというのに動かない飛信隊の様子を目にした亜花錦は信が倒れたと察します。

 

 

亜花錦の部下達は、たとえ隊長が倒れたとしても隊全体の動きが止まるなど、今の状況から考えてどういうつもりだと憤ります。

亜花錦はそんな部下たちに、良くも悪くも飛信隊とは信が倒れたら動けない隊であると説明。

我らで最大武功を挙げるぞと部下を鼓舞し、亜花錦は隊を引き連れ李牧追撃に向かいます。

 

キングダム 第629話 END

 

キングダム第629話感想と第630話考察

 

どうやら信は死んでしまったようです。

死んでしまった悲しみよりも、絶望する飛信隊の面々とは裏腹に、読んでいるこちらが全然余裕でいられるのことの方が悲しいです。

連載開始時に大将軍になった信の姿を読者に見せている以上、信が夢を叶える、死なないということは確定事項。

だから今回のような演出をされてもドキドキしませんよね。

少なくとも信に関してこういった演出を施されても読んでるこっちが若干シラケてしまうのは当然のことだと思います。

原先生もそれは十分理解しているハズなのになぜ…

やはりキングダムという作品をよりファンタジーな方向へもっていきたいのかもしれませんね。

個人的には残念ですが、エンターテインメント作品である以上は致し方ないとも思います。

 

【 ドクター羌瘣 】

 

次回は王賁を治療した施術がお披露目されそうですね。

羌瘣は緑穂に「命を貸して」とこれまでに何回か話しかけています。

王賁が緑穂の力を借りて復活したのかはわかりませんけれど、おそらく信の復活には緑穂の力が必要になってくるのかもしれません。

そうでなければ、未だお披露目されていない回復に使われる”神の器”ならではの技があるのかも…

でも…それがどんなものであれ、いってみれば魔法の類であることには間違いありません。

漢方薬治療とはいいませんが、せめて針治療とか一子相伝のツボ治療ぐらいに留めていただきたいです。

仙人思想が広くのさばる世界とはいえ、歴史ある東洋医学の本場の物語なのですから…

 

【 龐煖と再会 】

 

羌瘣によって生還する前に、アチラの世界で信が龐煖と何かしら語り合う展開もあり得ます。

なんせ信は一騎打ちの最中に漂たちとお話していますから。

つまり、あの時から魂は抜け気味だったってこと。

信は李牧やカイネと違い、なぜ龐煖がたった一人でやみくもに殺しばかりしていたのか、その目的を知りません。

それを龐煖から聞かされるんでしょうかね…

知ったところで…ですけれど、思いを紡いでいくのが信な以上、龐煖の思いも紡がなければなりません。

龐煖を嫌われ者から最後は可哀想な奴という同情を集めるキャラに昇華させた原先生ですから、きっちり龐煖の思いを信に紡がせる可能性がありますね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.