最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】625話「矛盾の答え」感想!

更新日:

2020年12月12日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年2号「キングダム」第625話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】625話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 625話 あらすじ・ネタバレ 】

お前らはいったい何なのだ!?

龐煖の問いに信は天下の大将軍だと答えました。

このボヤっとした答えを聞いて龐煖は理解できたのか!?

読者も理解できたのか!?

李牧様、解説をお願いします。

 

【 李牧本陣前・正面 】

王翦中央軍の倉央軍・糸凌隊は李牧本陣手前まで攻め入ります。

それを趙軍左翼から救援に駆けつけた紀彗軍・副将の馬呈隊が迎撃。

両隊は激しく衝突、糸凌と馬呈、将同士の一騎打ちが始まっていました。

糸凌の高速二刀攻撃を大斧一本で防いで見せる馬呈。

 

 

しかし反撃する隙を糸凌が与えてはくれません。

両者の打ち合いはほぼ互角となり、結果的に糸凌隊は馬呈隊によって足止めされる形に。

 

糸凌隊が厄介な馬呈隊を引きつけている間隙を縫い、倉央軍大将・倉央率いる軍が李牧本陣を目指します。

 

戦局は完全に秦側にありました。

それは李牧本陣の兵たちが、李牧が本陣から脱出したかどうかを気にかけるほどに…

倉央は李牧が未だ本陣に留まっていることを遠目から確認。

李牧を守る側近たちが皆 右翼方向を向いていることから、飛信隊が何かしていると察する倉央。

ならば尚のこと…

倉央は部下を鼓舞し、李牧本陣へ急ぎます。

 

倉央軍の後方に陣取る田里弥軍。

そこへ傅抵隊と馬南慈軍を振り切った総大将・王翦が合流をはたします。

少し遅れて王翦救援に来た楽華隊・蒙恬、玉鳳・王賁も合流。

 

王翦は前方の李牧本陣に目を向け、李牧がまだ本陣に留まっていることを訝しがります。

田里弥は李牧が脱出しないのは、横撃中の飛信隊に気をとられているようですと説明。

 

 

「ほう…」

王翦は冷静に今の状況を分析します。

 

【 李牧本陣 】

 

正面で本陣を守る趙兵たちから李牧に退避を促す進言が次々と入ります。

しかし、李牧もカイネもその声が耳に入ってきません。

下で一騎打ちを繰り広げる龐煖と信に目が釘付けでした。

 

信はいつしか龐煖と五分の打ち合いを展開。

絶対的強者である龐煖と互角にわたりあい始めた信の姿に、尾平たち飛信隊だけでなく、カイネたち李牧側近兵も驚きを隠せません。

信の力が理解できないカイネは茫然…

そんなカイネに李牧が解説してやります。

信の力は龐煖の対極にある力であり、龐煖が理解できない力だと。

 

龐煖は武神への道の極みに達したと悟り、その力を天に示さんと山を降りました。

しかし17年前、王騎の大切な女性「キョウ」を龐煖が討った戦で王騎によって顔面に傷をつけられるほどの敗戦を経験します。

 

 

龐煖はこれを自身の未熟さ故の敗北と考え、そこからさらに鍛錬に励んだのです。

そして9年後、馬陽での戦いにおいて再び王騎と相まみえた龐煖ですが、魏加の弓による援護なしでは勝つことができませんでした。

李牧はこの時、龐煖は17年前も8年前も龐煖は未熟だったわけではなく、すでに人の武の極みに達していてなお王騎に敗れたのではないかと気づいたのです。

 

武の極みなのに負けてしまう…

この矛盾こそが”答え”だと李牧はカイネにいいます。

 

信の一撃でついに龐煖の身体が一瞬グラつきます。

しかし、返す刀で龐煖はこれぞ武の極みという奥儀を信にお見舞い。

それは大矛が何本にも見える刹那の速度の連撃!

これを避けられないと判断した信は咄嗟に矛で胸だけ防御。

ゾゾゾゾゾゾッ

 

 

信の身体中から血が噴き出し、膝から崩れ落ちるかに見えた次の瞬間!

ドッ

今度は信が返す刀で下からすくいあげるように矛を振り上げます。

 

 

勢いのまま倒れる信でしたが、ついに龐煖に膝を着かせます。

どこにそんな力が残っているのか…なおも信は立ち上がり、不屈の姿勢を龐煖に見せるのでした。

龐煖はこの時、背後で信を支える尾到と漂、王騎、麃公、そして輪虎、万極といった人間達と信の繋がりを目にします。

 

李牧はカイネに”答え”を解説。

「関わる人間達の思いを紡いで束にして戦う力です」

 

 

キングダム 第625話 END

キングダム 第625話感想と第626話考察

 

これでは龐煖が哀れでなりません。

もっといえば求道者たちが哀れでなりません。

彼らの考えはやはり宗教に限りなく近い気がします。

神か天の違いはあるにせよ…

現世に願いを叶えようとする限り、残念ながら目に見える結果がついて回ります。

つまり、求道者には必然的に残酷な結果しか待っていないのです。

来世やあの世とは違いますからね。

 

【 王翦中央軍 】

 

田里弥軍と合流をはたした王翦たちですが、ホッとしている場合ではないでしょうに。

傅抵隊と馬南慈軍が追って来ているわけですから、王翦は陣形の指示を出さないと。

「ほう…」とか呑気なこと言ってる場合じゃないと思うんですけどね…

臨時とはいえ現在将軍である蒙恬が指揮を執り、傅抵と馬南慈を迎撃するのか?

その前に李牧から撤退の号令がなされる方が先なのか?

結局、龐煖vs信の結果待ちなんですよね。

 

【 糸凌 】

 

とりあえず馬呈に討ち取られることは無さそうなんで一安心。

馬呈と互角にやりあえる武を持っているということが嬉しいです。

これだけの武があれば、倉央がたとえ討ち取られても糸凌は生き残りそうですよね。

女将軍が楊端和と羌瘣だけでは物足りないので、ここは是非とも糸凌を昇格させてもらいたい。

これから先、王翦軍を見る機会は増えそうですから楽しみにしたいと思います。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.