最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】624話「人の代表」感想!

更新日:

2020年12月5日発売日の週刊ヤングジャンプ2020年1号「キングダム」第624話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】624話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 624話 あらすじ・ネタバレ 】

我が人を超越しさえすれば!

今週も貴方のため、私たち人類のため、龐煖は矛をぶん回します。

 

【 信 vs 龐煖 】

人を救済するために人を殺す。

本陣にいた趙兵は、龐煖からはそんな業の深い「愛」は感じられませんがと李牧に意見します。

李牧はそれに対し、愛だの憎だの、人の情を全否定したのが求道者であり、求道者には「道」以外何もないのだと答えるのでした。

「龐煖には武神への”道”があるだけです」

 

 

 

龐煖の攻撃に防戦一方の信。

攻撃を矛で受け止めるのがやっとの状態です。

龐煖は信を矛ごと叩くべく強烈な一振り!

ドガッ

吹っ飛ぶ信!

龐煖は倒れている信に近寄り、トドメとばかりに矛を振り下ろしますが、信はこれに反応!

何度吹っ飛ばされようとも立ち上がり、龐煖に向かっていきます。

 

 

 

本陣から二人の戦いを見ていたカイネ。

いつしか龐煖ではなく、信を目で追いかけていました。

圧倒的に自分よりも強い相手に、何度も何度も向かっていく信が理解できなかったのです。

「なぜ立ち向かえるんだ…あの男は一体…」

カイネの疑問に李牧が答えます。

「彼も…いや、”彼ら”も人の代表です」

 

 

 

信はただガムシャラに龐煖に突っ込みます。

「ルアア!」

ドッ

信の攻撃をこれまで一切受け止めることのなかった龐煖が、初めて信の繰り出した一撃を受け止めます。

グググ‥

そのまま矛を押し込む信。

この時、信に王騎の姿を見た龐煖は一気に感情が爆発!

力まかせに矛を振り払い、信を思いっきり蹴り飛ばします。

ドッ

吹っ飛ばされ、倒れている信に矛を連続で振り下ろす龐煖!

その連続攻撃を信は倒れた状態で受け止めます。

ドドドドドドドドドド

まるでキャベツの千切りか、ひき肉作りかといった一方的な龐煖の攻撃。

まな板のキャベツか肉といった感のある信を目の前にし、いてもたってもいられなくなった尾平や淵たち飛信隊がたまらず飛び出します。

「やめろォ!」

ギロリ

しかし、龐煖のひと睨みでなぜか足が動かなくなってしまう飛信隊の皆さんと馬。

龐煖は倒れている信に連続攻撃の手を休めません。

ドドドドド

信が討たれるのはもはや時間の問題…

この場にいる誰の目にもそう映っていました…

しかし!

ガッ

信は立ち上がります。

矛を受け止めたまま膝を立て、やがて両足でしっかり地面を捉え、龐煖の前に立ちはだかるのです。

龐煖は信に訊ねます…

「なぜ”貴様ら”は俺に抗えるのだ…貴様らは何なのだ」

信の答えは至ってシンプル。

「だから何度も天下の大将軍だっつてんだろうが!」

 

 

 

李牧はカイネにいいます。

「私は答えに導く者、信は答えを持つ者」

 

キングダム【第624話】END

 

キングダム第624話感想と第625話考察

一話まるまる使ってクイズの出題、その次はまた一話まるまる使ってクイズの答え。

では今回は?

一話まるまる使って新たなクイズの出題でした…

要点だけなら622話から三行で済んだかもしれません。

 

【 ”彼ら”と”貴様ら” 】

李牧は信を指して”彼ら”といい、龐煖も信に”貴様ら”といっていました。

単純に信と王騎のことだけをいっているとしたらガックリです。

それでは麃公や胡漸、去亥がうかばれません。

羌瘣だって納得しないでしょう。

 

【 人の代表vs人の代表 】

龐煖は求道者の思想に感銘を受け、納得したからこそ求道者になることを選んだのでしょう。

生まれながらに求道者であったわけがありませんものね。

信じていた人に裏切られたか、自分が裏切った過去があるのかもしれません。

人の弱さ、自身への失望。

その結果、求道者になったのでは?

龐煖は人に失望した人の代表ということでしょうか。

では信は?

その真逆と考えればいいと思います。

人の可能性を信じる人の代表ということでしょう。

なんだか…ありがちといえばありがちな展開。

それをこんなに引っ張る理由はいったい何なのか?

やはり失敗(龐煖のキャラ設定)を、どうにか失敗じゃなかったことにしたいって事なんだと思いますがいかがでしょうか。

 

【 その他大勢代表クリリン!じゃない、尾平! 】

ひと睨みで馬も人も動けなくさせたり、自分の思いを人づてに聞かせただけで左目から涙をこぼさせたりと、もう充分に人を超えちゃってる感のある龐煖。

その龐煖がいった”貴様ら”の中に、その他大勢も含まれているのであれば、是非ともその他大勢の代表者にも活躍の場を与えて欲しいです。

代表者はもちろん尾平。

幸い、朱海平原の戦いにおいて、まだ尾平は何ら覚醒もレベルアップもしていません。

直接的な武功をあげることは無理でも、決定的なアシストを信にすることは可能ではないでしょうか。

つまり、ジャンプ的にいいますと、尾平はクリリンになるのです!

残念ながら去亥では駄目なのです。

決して尾平の殉死を願っているわけではありませんよ。

ただ、龐煖に勝つことで信の武をレベルアップさせるのが狙いでしたら、何か決定的な出来事が必須ではないでしょうか。

羌瘣があんなふうにされても、信は大爆発までいきませんでしたし、壁のような必死さも感じられません。

このままダラっと勝ってしまう前に尾平アシストがあると期待したいと思います。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.