最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】第623話「摸を示す」感想!

投稿日:

2019年11月28日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年52号「キングダム」第623話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】第623話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 第623話 あらすじ・ネタバレ 】

龐煖が「人の代表」?

ちょっと何いってるのかわからないんですけど…。

そんな趙兵と読者のため、李牧の解説が始まります…

 

【 19年前 】

李牧はとある戦いで大敗し、敗残兵となって敵から追われていました。

腹に深手を負っていた李牧は力尽き、地面に寝転びます。

薄れゆく意識の中、ふと上を見上げるとそこに大男が立っていました。

その大男が龐煖だったのです。

龐煖は李牧の視線に気付き、首を狙って矛を振り下ろしますが寸でのところで矛を止めます。

「どうした…?目障りなら殺すがいい…」

家族も仲間も失った李牧は自暴自棄になっており、生きる気力を失いかけていました。

龐煖は”地”の声を聞いたといいます。

「貴様は俺の道を答えに”導く者”だと」

李牧には龐煖が何を言っているのか分かりません。

龐煖はいずれ分かると言い、李牧を助けたのでした。

「俺の名は”求道者”龐煖だ」

 

【 現在・李牧軍本陣 】

カイネは求道者の意味を李牧に訊ねます。

求道者とは文字通り道を求める者。

「そして、その道とは”人の救済”です」

予想だにしなかった”道”にカイネも趙兵も声が出ません。

 

李牧は龐煖に救われた後、しばらく戦線から離れて求道者が何者であるかを調べて回っていました。

その時に知った求道者の成り立ちや目的を李牧は語ります…

 

求道者は五百年以上前から存在し、争いを繰り返す人の世を救えないだろうかと真剣に考えた賢者たちの集団がその始まりでした

彼らは人の世を救う答えを探しましたが見つかりません。

そこでやり方が間違っていると結論します。

この争いの世で道を探しても答えは無いと断定したのです。

 

その理由は人が人であるからだと彼らは考えます。

人は情を持った生き物であり、情がある限り苦しみの世は変わらないと。

そこで彼らは人が皆、人を超える存在になれば苦しみの世から解放されるという結論に至ります。

それにはまず、自分達が人を超える”摸”を示さねばならない…

 

 

それで彼らは人の世から離れ、姿を消し、ひたすらその”道”を探したのです。

 

彼らの考えは、一個でも、ある奇跡の”摸”を示した時、全体にもその変化が起こり、皆が上の存在に昇るのというものでした。

つまり、彼らの道とは…

人を超えし”摸”を天に示すことなのです。

 

「一体さっきから何の話を…」

一人の趙兵が呟きます。

あまりにも現実離れした求道者の考えに皆 呆れるやら驚くやらで震えが止まりません。

カイネは龐煖がただ最強を誇示する為だけに暴威をふるっていると思っていました。

しかし、李牧の話を信じるのであれば、龐煖は人々を苦しみの世から救うために暴威をふるっているということに…

 

 

「何を言って…そんなこと起こるわけが…」

そう呟くカイネ…

その時カイネの左目から一筋の涙がこぼれます。

李牧を除き、周りにいた趙兵たちも一斉に左目から涙が…

本陣下で信と戦う龐煖を見据えながら李牧が言います…

「龐煖とは、我々人を救済するため、全てをかけて武神にならんとする道を行く者なのです」

 

キングダム【第623話】END

 

 

キングダム 第623話感想と624話考察

とりあえず前回李牧が言った

「龐煖とは人の代表」

その意味が分かりました。

分かりましたけど、後付け感は否めません。

 

【 キングダム的求道者 】

人を超えた存在になれば、人々にその影響が伝播し、皆 人を超えた存在となる。

人を超える存在になれば争いは無くなり、平和な世の中が訪れる。

これがキングダム的求道者が妄信する人類救済への道。

そっか、だから龐煖は武神という人を超えたものになろうと人々をぶった斬っていくんだ。

そっか、だから龐煖は自分を鼓舞する意味でも「我武神也」って自己暗示をかけているんだ。

そっか、だから龐煖は他者に意思を紡げる人間は理解出来ないし、そいつらは自己否定になる存在なんだ。

なるほどね~☆

 

ってすんなり思う訳ないじゃないですか…

だいたい人を諦めることから始まるこの救済は後ろ向きすぎますし、人を超えた定義がわかりません。

ただ、中国で長らく続いた「徳治主義」または「中華思想」を意識して作者は考えたんだろうなとは想像します。

それにしたって、これじゃ龐煖が虚しすぎませんか?

龐煖なんて早く消えてくれればいいのにってずっと思ってきましたけれど、

こんな理由、こんな人類救済なんて理由で武神武神いわされてきたのかと思うと可愛そうになります。

これじゃ龐煖がアホの一言で片づけられてしまいますよ。

全人類を殺し終えるまで神になれないことを悟れない程度の頭しか持ち合わせていないってことでしょ。

いや、仮に信との戦いで神になれないことを悟ったとしても遅すぎですし、あまりにも無理がありますって。

龐煖を人類救済の求道者にしたのは間違いではないでしょうか。

 

【 見届け人・李牧 】

理詰めの李牧が何の根拠も無い求道者のいうことを信じているわけがありません。

李牧の役目は「一人で人類は救済出来ないよ」ってことを龐煖自身に悟らせる場面を作ってあげることなのでしょう。

言い方は悪いですが、李牧はいつだって龐煖の「死に待ち」だったということになりますね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.