最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】615話「本陣の危機」感想!

更新日:

2019年9月26日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年43号「キングダム」第615話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】615話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 615話 あらすじ・ネタバレ 】

 

王翦本陣の真横に突如現れた馬南慈軍。

段茶は信たち挟撃軍の背後を気にするあまり、馬南慈軍の動きに対応することが出来ませんでした。

「おのれ…何をする気だ馬南慈め」

恐ろしいことに、李牧は段茶の反応も読んで馬南慈軍を動かしたのです。

 

【朱海平原・中央】

馬南慈軍は勢いのまま王翦本陣に突撃!

馬南慈を先頭に王翦のいる中央へ突き進みます。

李牧本陣手前まで攻め入っている田里弥と倉央はここで王翦救出に向かっては勝てないと判断。

王翦救援に軍を割くことなく、李牧の首に集中します。

 

【朱海平原・左翼】

中央で李牧本陣が危ういとの報せを受ける趙右翼大将・紀彗。

馬呈に中隊を率いて李牧救援に向かわせます。

その動きを秦左翼大将・蒙恬は見逃しません。

「左翼の将を丁陽殿に!」

蒙恬は左翼の指揮を陸仙と麻鉱軍の将校に任せ、馬呈を追います。

 

【李牧本陣】

倉央軍の勢いを見た李牧は、雷伯と共伯の軍を下げさせます。

共伯軍は糸凌隊の前を塞ぎ、倉央軍の足を止めます。

対峙する共伯と糸凌。

「そこまでだ 大女」

【王翦本陣】

馬南慈はこれまでのフラストレーションを爆発させるが如く秦兵を切り伏せながら前進。

その姿はまさに”鬼人”!

馬南慈の武を目の当たりにした王翦は自ら矛を手にします。

馬南慈と矛を交わすことは避けられないと。

王翦は馬南慈を迎え撃つため乱戦の中へ…

 

馬南慈軍が現れた森の中から二十騎あまりの兵が現れます。

それは王賁率いる玉鳳の二十騎でした。

 

王賁も関常も目の前の光景に言葉を失います。

「行くぞ」

王賁は王翦の救援に向かおうとします。

しかし王賁は尭雲との戦いで受けたダメージが深刻で、万全どころか足手まといになりかねない有様。

当然、関常はこれに反対。

玉鳳騎馬隊と合流をしてからの救援を進言しますが、王賁は譲りません。

「それでは間に合わぬ!今行かねば我々の総大将が討たれる!」

関常もまた譲りません。

たった二十騎で馬南慈軍を相手に救援など絶対に無理だと王賁に食い下がります。

「助けに行かねば…父を」

これには返す言葉がない関常でした…

 

 

キングダム 第615話 END

 

【キングダム 615話感想と616話考察】

 

【本当の力】

お馴染みのバージョンアップ”本当の力”が馬南慈に発動しました。

もちろん何をもって”本当の力”なのかは謎です。

しかし、この”本当の力”が大変便利なのは間違いありません。

馬南慈に発動したのなら、王翦に発動しない理由はありません。

今週、ついに王翦の武を垣間見ることが出来ました。

間違いなく相当強いですね。

弱いんじゃないのと思わせて実は強かったってアレです。

蒙恬の爺ちゃんを思い出しますね…

馬南慈が猛れば猛るほどそれがフリとなりそうで心配です。

岳嬰がそうでしたから…

 

【王賁】

王賁は王翦を救うつもりが、王翦に救われる予感がします。

だって、関常が言う通り無謀ですもの。

万全な体調の王賁なら話は別ですが、すでに胸を押さえてる状態です。

何で入って来たの?な状況になりそう…

 

【蒙恬】

やはり来ますか、蒙恬。

胡漸爺やの伏線を回収ですね。

間違いなく蒙恬は龐煖と信の戦いに絡んでくるでしょう。

龐煖に内向きの武など誰かのための武には遠く及ばないことを思い知らせて貰いたい。

 

【亜光】

何度でも書きますよ。

亜光は復活するのです!

馬南慈をやっつけるのです!

聞いてますかキングダムの神様!

 

【決着は仕方なく…】

李牧と王翦どちらが先に白旗を上げるかの様相を呈してきました。

王翦は自分が討たれても、負けも退却もありません。

痛手ではあるものの秦が滅ぶほどのことではありませし、部下たちは「鄴」取りをつづけるでしょう。

李牧はそうはいきません。

この日、王翦が李牧に言ってましたよね、お前がいなければ趙を落とすのは容易いと。

李牧は討たれるわけにはいかないのです。

代わりがいないのですから。

これは互いの部下たちも認識しています。

今週の関常の態度からもそれを汲み取ることが出来ます。

最悪、王翦が討たれても終わりとは思わないでしょう。

これは秦の将達の共通認識と思われます。

一方で李牧の部下たちの共通認識は、李牧が討たれたら趙は終わるということで一致しています。

李牧自身もそう思っています。

 

この差が朱海平原の勝敗を分けるのではないでしょうか。

 

李牧の部下たち将は戦局次第で命令を無視してでも李牧を逃がすことを優先させるでしょう。

方や王翦の部下たちで今 本気で王翦を逃がそう、救おうと考えているのは王賁だけです。

その理由も父親だからという個人的なもの。

仮に総大将が王翦ではなく別の人間なら王賁は見捨てると思います。

まぁ、王翦はここで死ぬような事は絶対にないですけど。

いずれにせよ、李牧は部下たちの思いを汲み、”負けてないのに致し方なく”朱海平原から退却するのでしょう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.