最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】614話「挟撃」感想!

更新日:

2019年9月19日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年42号「キングダム」第614話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】614話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

【 キングダム 614話 あらすじ・ネタバレ 】

李牧から密命を受けた傅抵。

騎兵数百騎を率いて行く先は…

【 秦中央軍・飛信隊 vs 趙中央軍 】

飛信隊の出現によって俄然、勢いが増す秦中央軍。

田里弥軍と倉央軍は李牧本陣まで防壁はあと二つから三つまでに迫ります。

飛信隊が横から攻め入ったことで、前面の秦中央軍だけに兵を充てる訳にはいかなくなった趙軍。

カイネたちは厳しい戦いを強いられます。

「ここは死守だ!ここを抜かれると後がないぞっ!」

傅抵隊がここで動きます。

田里弥軍と倉央軍の繋ぎ目を狙い一点突破!

見事にこれを成功させる傅抵隊。

田里弥も倉央も傅抵隊に背後を狙われることを想定しますが、傅抵隊はそのまま直進。

傅抵隊が向かう先には王翦本軍しかありません。

田里弥も倉央も援軍を送ろうとしますが、

わずか数百騎で五千からなる王翦本軍を落とせるとは考え難く、これを李牧の防御術と考えます。

こちらの戦力を割くための陽動であると。

あれしきの数では本陣は揺らがないと判断。

傅抵隊の追撃をせず、前面の李牧本陣の攻撃に戦力を集中させます。

傅抵は秦軍の追撃が無いことに驚きません。

なぜなら、それすら李牧は想定していたからです。

「…ったく これも李牧様の読み通りだ」

遂に傅抵隊は王翦本軍に真正面から突撃!

傅抵隊は無理な仕掛けはせず、来た敵に対してだけ攻撃。

それはまるで守備の戦いです。

王翦側近兵らは傅抵隊のその戦いぶりから脅威とは感じませんでした。

「李牧は珍しく無意味なことをしましたな 王翦様」

王翦はそれを否定します。

李牧という男は決して無意味なことはしないと。

「李牧は本気でこの本陣を討つ気だ」

その時!

ドドド

王翦軍の右から蹄の音が聞こえてきます。

ドドドドド

やがて蹄の音は大きくなり、音の正体が姿を現します。

ドドドドドドドドドドッ

それは右翼後方にいたはずの馬南慈軍!!

馬南慈軍は王翦本軍の右横に突撃!

異変に気付いた田里弥、倉央、そして河了貂もその光景が信じられません…

「そんな バカな!」

傅抵隊はこれを待っていました。

馬南慈軍が突撃してくるまで兵を温存する戦いをしていたのです。

「っし こっから全開でいくぞっ!」

傅抵が兵にGOサインを出します。

李牧が繰り出した策は”挟撃返し”

キングダム 第614話 END

【 キングダム 615話感想と考察 】

原先生、休戦協定じゃダメですか?

李牧と王翦の同じ策のやり合いはついこの前も見ました。

この時代より1500年前の法典のノリですね。

【 馬南慈どうやって? 】

馬南慈軍は大軍で王翦軍の真横から現れました。

右からということは…

右翼軍全体が前に出たことで空いたスペースを通って来たってことですかね。

大軍で…。

亜光軍には斥候っていないのでしょうか?

【 誰が馬南慈と傅抵を止めるのか 】

屈強な王翦軍といえども、将がいません。

いや、いました!

王翦大将軍!!

そうです!遂に王翦の武が見られる時がやって来たのです!

フィゴ王がトアクを倒した時みたいに馬南慈をサクッとやっつけちゃうかもしれませんよ。

王一族ですし、弱いはずがありません。

幼き王賁に槍の基本姿勢を教えたこともあったし、実は達人設定かも。

いずれにせよ、討たれることはないのでしょうから、一騎打ちになっても負けはしないはず。

互角の勝負を演じて、そこに亜光参上でしょうか。

亜光が先日から王翦本陣で休養を取っていたとすれば無理な展開でもありませんし。

それでもまだ傅抵がいますね…

傅抵の相手は、父親を助けるというベタな展開なら王賁一択か。

【 起死回生 】

どう見たって王翦はピンチです。

李牧よりピンチです。

馬南慈に傅抵ですから。

何か意外なことでも起きない限り王翦は討たれてしまいます。

これをひっくり返すなら援軍以外ありませんよね。

昌平君か政が黒羊から軍を送り込ませている可能性もありますし、

橑陽から壁軍とメラ族が来る可能性も0ではないでしょう。

しかし、もっともっと意外な援軍は本物の王翦でしょうか。

本物の王翦は閼与を落とし李牧本陣の背後に現れるのです。

そして、竹進に李牧様にはあなたが必要ですと言われた金毛が李牧を逃がすのです。

趙国にはあなたが必要ですと。

金毛は討ち死に。

紀彗たちも退却。

馬南慈は偽物王翦を討って、亜光に討たれるか亜光を討って退却。

傅抵はカイネに助けられ離脱。

いかがでしょうか原先生。

【 リアル王翦 】

今 朱海平原にいる王翦は偽物って説はファンの間で以前に話題になっていましたが、いつの間にか誰も言わなくなりました。

王翦が部下と普通に会話をしていることからも、やっぱ本物なんじゃない?と思わされましたけど…

声色までそっくりな影武者を用意する周到さが王翦っぽくありませんか?

尭雲軍の雷雲みたいな精鋭を率いて閼与を攻略。

または、

昌平君に黒羊に兵を集めるように指示し、何かしらの合図を送って合流。

そして閼与を攻略した脚でそのまま精鋭を率いて朱海平原へ。

李牧が”突然登場術”なら王翦も”突然登場術”でしょう。

だってここまで同じ術のやり合いですからね。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.