最新話のネタバレ・感想

キングダム【ネタバレ】610話「藺相如の助言」感想!

更新日:

2019年8月8日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年36.37合併号「キングダム」第610話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事はキングダム【最新話】610話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「キングダム」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話609話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

キングダム【ネタバレ】609話「中華のうねり」感想!

2019年8月1日発売日の週刊ヤングジャンプ2019年35号「キングダム」第609話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想 ...

もし、文章のネタバレではなく絵付きで「キングダム」を読みたい!ということであれば、U-NEXTで今すぐに【週刊ヤングジャンプ】が無料で読めますよ!

【週刊ヤングジャンプ】は一冊349円なので、登録したとたんに無料ポイントでまるまる読むことが可能です♪

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

【 キングダム 610話 あらすじ・ネタバレ 】

王賁と尭雲、宿命の再戦。

邪魔するものは誰もいません。

いざ!

【 朱海平原十五日目・王賁vs尭雲 】

 

尭雲軍、玉鳳、そして信の目の前で二人がついにぶつかります。

「王賁!」

思わず叫ぶ信。

尭雲は藺相如が臨終間際に予期した

朱き平原を敵の血でさらに深き朱に染めてやれ・・

その言葉が一瞬頭をよぎります。

今がまさにその時であると、渾身の力を込め、王賁に左手の大矛を振り下ろす!

ゴォッ

王賁も槍を振り上げますが、わずかに尭雲の方が速い!

しかし王賁は読んでいました。

今の自分ではおそらく尭雲の一撃を越える速さで打ち込むことは適わない。

そして自分も全力で撃てるのは一撃だけ。

ならば・・

ドガッ

王賁は尭雲の一撃を槍でいなすように弾き、そのまま切っ先を尭雲の胸に!

態勢を崩しながらも王賁の槍はついに尭雲の胸深く突き刺さる!

馬ごと崩れ落ちる王賁。

尭雲は大量に吐血し、手から大矛がこぼれ落ちます。

王賁も動く体力はもう残っていません。

決着が着いたことは誰の目にも明らかでした。

尭雲軍の十槍らが主の仇とばかりに王賁に襲い掛かります。

ドガッ

間一髪で信が十槍らを撃退。

王賁を助けます。

怒りにまかせて尭雲軍が二人に襲い掛かろうとしたその時、

「待て・・・」

瀕死の尭雲が兵達を止めます。

自分が逝く前に王賁と信には伝えておかねばならないことがあると。

それは尭雲の亡き主、藺相如から預かっていた言葉。

 

「振り上げた刃は 必ず 最後まで 降り下ろせ」

 

お前達が本当に中華を一つにする刃足らんと願うのならば、胸に深く刻んでおけと。

死の間際に敵である自分達へ向けた言葉。

その迫力に圧倒される王賁と信。

尭雲は胸に突き刺さった王賁の槍を引き抜きながら尚も言葉を続けます。

ズ ズズ

「中華の応えに近づく日が来ることがあれば意味が分かる・・・多くの・・・」

ズズズ ズ

王賁の槍を引き抜き、馬上にて息絶える尭雲。

死の間際に尭雲の頭をよぎったのは、幼き頃から仕えた藺相如との思い出・・

旧三大天 藺相如が十傑 最後の一人 尭雲

朱海平原十五日目の戦いにて

戦死。

 

キングダム 第610話 END

まとめ

以上、キングダム【最新話】610話のネタバレと感想!を紹介しました。

次号もお楽しみに!!

本来、漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

以前は暇さえあれば漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

しかしそのかわりに

『気軽にマンガが読みたい』

と思ったときに電子書籍サイトで無料で読めるマンガが増えてきているんです♪

オトクに漫画を読めるサイトをまとめたので読んでみてください。

U-NEXTを使えば【週刊ヤングジャンプ】2019年36.37合併号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます!今回のキングダムの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!!

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえるので。違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

【 キングダム 611話 考察 】

尭雲と王賁の一騎打ちは予想通りに

まんまクロスカウンターで勝負がつきましたね。

何手も打ち合うような展開じゃなくて良かったです。

 

【 藺相如二つ目の遺言 】

 

やっと、やぁ~っと判明しましたね。

随分待たされましたよね・・・

私を含め多くの読者も予想していた通り

「覚悟」の話でした。

やっぱや~めたってのはナシだぞって話。

確かに、まだ信も王賁も政ほど統一という人の業の極致に正面から向き合ってはいないように思えます。

大将軍になって政を助けるという強い思いはありますけれど、統一についてまだ深くは考えてないでしょう。

それは尭雲が指摘しているようにこれからですよね。

【 残る趙左翼は馬南慈 】

 

馬南慈の伝令を無視して、藺相如と交わした約束を優先させた尭雲。

結果、尭雲は討ち取られ、尭雲軍は玉鳳と飛信隊によって大きく戦力を削られてしまいました。

馬南慈からしたら、とんだスタンドプレーをしてくれたなぁってところでしょう。

尭雲が戦死したことでますます玉鳳・飛信隊は勢いを増すはずで

これで秦右翼軍を李牧のいる中央軍に向かわせないようにするのは困難になりましたからね。

とはいっても、王賁はここでリタイアでしょうから、その分だけは尭雲に感謝か。

この先、飛信隊は真っすぐ中央に向かうでしょう。

動けない王賁を置いて玉鳳が飛信隊について行くとは思えません。

尭雲軍の残党を引き受ける形で飛信隊を援護。

飛信隊を行かせまいと馬南慈軍が立ちはだかりそうですが、

亜花錦がまたしても馬南慈を邪魔すると思われます。

馬南慈はこの朱海平原では命を落とすことはないでしょうから、

やはり亜花錦相手にイライラされっぱなしのままで朱海平原からご退場となりそうです。

 

【 そして・・自称武神龐煖様 】

信と飛信隊は中央の李牧軍に突っ込む寸前、

或いは李牧に届く寸前で龐煖と出くわすことになりそうですよね。

そして羌瘣と信vs龐煖の因縁の戦いが行われるのではないでしょうか。

だとすると、残念ながら龐煖は生き残りそうです。

今回の王賁もそうでしたが、決着はやはり1対1が望ましいと思うのです。

羌瘣の力を借りて龐煖を討つ信で良いわけがありません。

そんな勝ち方で王騎を越えたとはいえないでしょう。

それに、蒙恬だって爺の仇を討ちたいはずです。

あんな前フリありますか?

殺す必要もなかった最愛の爺をあえて龐煖に殺させた訳ですからね、

どこかで龐煖相手にブチ切れる蒙恬を描きたいからこその演出だったはずです。

そうなると・・朱海平原でも龐煖は生き残ってしまう確率は高くなっちゃうのです。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.