最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第202話「帰ろう」感想!

更新日:

鬼滅の刃【ネタバレ】202話

〝鬼舞辻無惨〟によって
「鬼」にされてしまった竈門炭治郎!?

その「暴走」を止めるべく
嘴平伊之助が立ち塞がるが
どうしても炭治郎を斬れず、
逆に窮地に陥ってしまう!?

が!

その2人の間に割って入ったは
人間に戻ったばかりの
炭治郎の妹「禰豆子」だった!?

禰豆子は炭治郎にしがみつき
必死に説得を試みる。

そこに我妻善一と伊之助も加勢し
何とか炭治郎を止めようとするが・・・

咆哮一閃!

炭治郎は
しがみついた禰豆子以外の
全員を吹き飛ばし———

四つん這いになって
背中から
夥しい数の「触手」生やし
見境なく「攻撃」を繰り出す!?

 

炭治郎の暴走を止められない
誰もがそう思った時———

 

栗花落カナヲが
〈鬼を人間に戻す「薬」〉を
持って現れ———

最後の力を振り絞って
炭治郎の背中に「注入」する!?

 

刹那!?

 

炭治郎の顔の動きが止まり・・・
何らかの「異変」が
現れるのだった――――!?

 

 

 

 

 

禰豆子の説得!?

「鬼」となった炭治郎を
斬ることができない嘴平伊之助を
炭治郎の「爪」が襲う!?

 

——―刹那!?

 

そこに割って入ったのは
人間に戻ったばかりの
炭治郎の妹の「禰豆子」であった!?

禰豆子は
炭治郎に抱きつき
その両手を
グッと背中に巻き付ける!?

 

「お兄ちゃん、ごめんね――—
ずっと私何も・・・
わからなくなってて
ごめんなさい。

お兄ちゃん独りに
全部背負わせたね。」

禰豆子は
力いっぱい
炭治郎を抱きしめる。

「どうしていつも・・・
お兄ちゃんばっかり
苦しい目に
合うのかなあ?

どうして———
一生懸命に生きている
優しい人達が・・・
いつも
いつも
踏みつけに
されるのかなあ。」

禰豆子の目から
大粒の涙が零れ落ちる。

「悔しいよ・・・
お兄ちゃん、
負けないで!

あともう少しだよ、
『鬼』になんて
なっちゃだめ!」

 

禰豆子は
炭治郎の耳元で説得する!

 

「帰ろう、

ね――

一緒に
家に帰ろう。」

 

が!?

 

 

グオオオオオオオ

 

 

炭治郎は大きく吼え————

 

ガリガリガリ・・・

 

妹の背中に「爪」を立て
「服」もろとも皮膚を斬り裂き

禰豆子を遮二無二
振り払おうとするのだった―――――!?

 

 

 

 

「えぇ!  そんな!?  伊之助が殺される!?」
そんな危機的な状況の「前回」を受けて始まった
今週の「鬼滅の刃」————!?

が! そんな伊之助を助けに入ったのは
なんと「禰豆子」だった!?

禰豆子は炭治郎をハグする!?

これが普通の「展開」なら
兄妹愛が溢れる感動的で
とても喜ばしい事なのだが・・・

如何せん今回は事情が違い過ぎる!?

そう、炭治郎は「鬼化」して、
人を殺そうと「暴走」しており、
禰豆子は必死でそれを止めているのだ!!

そんな禰豆子は〈心からのハグ〉で
炭治郎を包み込む!

が! 炭治郎の「暴走」は止まらず
禰豆子を傷つけ振り払おうとする!?

 

「どうした? 炭治郎!?」

こんなに――――
禰豆子が「魂の叫び」を発しているのに
おまえには何も届かないのか??

読者も禰豆子と共に
必死で叫んでいるのだ!!

 

 

 

 

 

止まらぬ「暴走」!?

 

「炭治郎!
やめろ―――っ!!」

 

我妻善一が
炭治郎の背中にしがみつく!?

 

「炭治郎!
禰豆子ちゃんだぞ!

元に・・・
人間に戻ってる
禰豆子ちゃんなんだぞ!!」

 

善逸は涙で訴える!

 

「こんなことしたら
死んじゃうよ!!
お兄ちゃんて――
呼んでるだろ!!」

 

グワワ!

 

炭治郎は
構わず
吼え、
威嚇する!?

 

 

「やめろ――――――っ!!」

 

 

バシン!?

 

伊之助が
炭治郎の頭を平手で打つ!

 

「ガーガー言うな!
禰豆子に
怪我とかさせんじゃねぇ!?

お前は———
そんな奴じゃないだろ!!」

 

伊之助は闇雲に
炭治郎をボカスカと殴る!

 

「あんなに
優しかったのに・・・!!

元の炭治郎に
戻れよォオオオ!!」

 

 

ガ ア ッ

 

 

炭治郎が再び大きく咆哮する!?

 

 

 

ド     ン      !    ?

 

 

と!?

 

炭治郎を中心に
その周囲の地面が
「円」状に凹んで
破壊され———

 

「ううっ・・・」

 

しがみついている
禰豆子以外の全員が
徐に吹き飛ばされる!?

 

 

「!?」

 

 

そして————

 

四つん這いになった
炭治郎の背中から————

幾本もの―――
夥しい数の
脊柱でできた「触手」が
生え出てくるのだった――――――!?

 

 

 

 

 

うわぁああ!?  嘘だ!?  炭治郎が・・・!?

ここで読者は「衝撃の光景」を
目にすることになる!?

炭治郎から———
〝無惨〟と同じ様に
夥しい「触手」が生えるのだ!?

これは・・・
正直見たくなかった・・・

我らの炭治郎が・・・
こんなに酷い姿になるなんて・・・

この事実に————
今の炭治郎が人間ではない事を
改めて思い知らされ・・・

愕然としたのは
私だけではない筈———

そして————

この醜く「変形」した炭治郎は
本当に・・・元に戻るコトが
できるのだろうか??

この風雲急を告げる展開に
ページを繰る手が止まらない!?

 

 

 

 

負けないで!?

 

「お兄ちゃん、負けないで!!」

禰豆子が必死に呼びかける!

 

 

が!?

 

 

「触手」は
容赦なく善逸に襲いかかる!?

 

 

水の呼吸  肆ノ型  〝 打 ち 潮 〟  !  !

 

 

それを〝水柱〟冨岡義勇が
即座に撥ね返す!?

 

(禰豆子を噛んだ!!
炭治郎は血の味を覚えてしまった!?
これでもうお終いだ・・・!!

人を殺す前に———
早く炭治郎を殺さなければ・・・

だが・・・
「日光」も、
「赫い日輪刀」も
今の炭治郎には効かない・・・!!
殺す方法がない・・・!!)

 

キキキ・・・

 

炭治郎が口を開け

〝エネルギーの玉〟を作り、
それが大きく膨張する!?

 

「誰も殺さないで!!」

 

禰豆子が叫び———

 

「お兄ちゃん!
お願い!!
やめて!!」

 

開いた左手を
炭治郎の口に覆いかぶす!?

 

 

その瞬間————

 

 

ドギャ!?

 

 

禰豆子と炭治郎は
大きな光に包まれる!?

 

「わああ!?
禰豆子ちゃん!!」 善逸が絶叫する!

 

光が収束した中———

 

禰豆子のその「左手」は———
血塗れで
ボロボロになっていた!?

 

グン

 

炭治郎は四つん這いになる!?

 

禰豆子は背中に手を回して
その胸に
必死にしがみつく!?

 

「だめ!!
もう今のやったらダメ!!」

 

禰豆子が叫びを上げる!

 

(この状況を
義勇が急ぎ「分析」する———)

 

 

———————————————
何故———
禰豆子を殺さない?

血の滴る食い物が
目の前に
あるというのに———

先刻の『攻撃』は
何故逸れた・・・?

炭治郎・・・
もしかして
お前も抗っているのか?

もし――――
炭治郎の『自我』を
取り戻すことができれば!!

しかし————

そんな奇跡が
今の俺に
容易く
起こせるのか・・・!!
———————————————

 

 

「ああ・・・
まずい、何てことだ・・・!!」

その光景を
建物の影で見ていた
味方の「鬼」の〝愈史郎〟が
心中で叫ぶ!!

(太陽の下では
俺には何も
できることがない・・・)

 

と!?

 

その横を

フラフラと
1人の少女が
歩いていく————

 

「炭治郎・・・
禰豆子ちゃん・・・」

 

それは———
瀕死の状態の
「栗花落カナヲ」だった――――!?

 

 

 

 

ううぅ・・・!?   禰豆子はなんてスゴイんだ!!

身を挺した禰豆子のガンバリと
その大きすぎる「包容力」が
読む者全ての心までをも包み込む!!

その禰豆子の「魂の叫び」は
炭治郎にシッカリ届いていた・・・!?

そう! あの〈近距離攻撃〉で
死ななかった禰豆子!!

その「真相」は———
義勇の〈推理〉が正解なハズ!

「鬼」の体の中で・・・
炭治郎も
絶対頑張っているのだ!!

 

そんなギリギリの状況の中———
いきなり現れた栗花落カナヲ!?

彼女の登場は
どんな新たな「展開」を生みだすのか!?

そんなこの「物語」は————
息を飲む「緊迫感」のまま
「最終章」へと突入するのである。

 

 

 

 

 

片目の意味!?

「可哀想に・・・」

カナヲは胸ポケットから
小さな直方体の「木箱」を取り出す。

(良かった、
割れてない・・・
使える・・・)

それは———
〝蟲柱〟「胡蝶しのぶ」が
カナヲに託したモノで、

『珠世さんが作った
〝鬼を人間に戻す薬〟で・・・
3つあった内の1つだった』

「私の目を——
片方だけ
残してくれたのは
このためだったのね。
姉さん―――」

無事な左目、
見えない右目・・・
両方の眸から涙を流しながら
カナヲが得心する。

(「鬼」になってすぐだから
今ならまだ片目でも
炭治郎の攻撃を
掻い潜れるはず・・・)

 

 

花の呼吸  終ノ型  〝 彼 岸 朱 眼 〟 ! !

 

 

カナヲの左目が
「朱」に染まり———

「動体視力」を
極限まで高めたカナヲは
鬼の「攻撃」を掻い潜り———

 

 

ド シ ッ  ! ?

 

 

炭治郎の背中に
「薬」を突き刺す!?

 

「炭治郎、だめよ・・・
早く戻ってきて。」

 

カナヲは「攻撃」を食らい、
血を吹き出す!

 

「禰豆子ちゃんを
泣かせたらだめだよ・・・」

 

カナヲが頽れる―――

 

刹那————

 

 

ドクン

 

 

炭治郎の顔に
明らかな「異変」が
起きるのだった―――――!?

 

 

 

 

 

やったね!!  一発逆転!  起死回生!!
カナヲは〈「鬼」を人間に戻す『薬』〉を持っていた!!
しかもそれを炭治郎に注入する事に成功する!

この「薬」には———
珠世さんの想い、
胡蝶しのぶの想い、
カナヲの想い、

そしてこの「薬」を作るにあたって
協力してきた禰豆子を始めとした
数えきれないくらいの
「多くの人々の想い」――――

そんな〝みんなの想い〟が
いっぱい詰まっている・・・!?

だから絶対に効かない訳はないのである!!

そして
その願いはシッカリ通じ————

案の定! 炭治郎に変化が現れる!!

さあ! 炭治郎は無事元に戻れるのか・・・?

が! この続きは
「次回」へと持ち越されるのである。

 

 

 

 

 

鬼滅の刃202話の感想

今週の「鬼滅の刃」は———
〈「鬼」と化した炭治郎の暴走〉と、
それを止めるための〈仲間達の想い〉が、

ヒリヒリした緊迫感と
途轍もない疾走感を伴って
「光」の如く一気に描かれる!

 

そして!
今回、特に注目したいのが———

〝どうして
一生懸命生きている
優しい人達が
いつも
いつも
踏みつけに
されるのかなあ〟

―――という、
禰豆子の悲痛な「言葉」だろう!!

 

そう!
これは「鬼滅の刃」の
〈裏テーマ〉の一つであり、

一生懸命に生きてきた
炭治郎を始めとした
この「物語」の
全ての登場人物達のことを指しているのだ!!
(勿論それは悪役である「鬼」達の
人間の時代も含んでいる!)

 

だから———

禰豆子のこの「言葉」は
この物語の全ての人達の代弁であり、
「魂の叫び」でもあるのだ!!

しかもこの「叫び」は
この「物語」だけには留まらず、

我々読者の心中にも
ダイレクトに響いてくる!!

 

皆さんもとっくにお気付きだろうが・・・
この言葉は
この「世界」に住んでる我々人間に———
今そのモノの「現代社会」にも
完全に当て嵌まるのである!

そんな世知辛い「世の中」に
一石を投じようとしている
この「鬼滅の刃」が、

そのエモーショナルな部分も含めて
数多くの人達に受け入れられ、

今現在———
大きな「社会現象」となっている事は
完全に必然であるに違いない!!!

 

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.