最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第197話「執念」感想!

更新日:

鬼滅の刃【ネタバレ】197話

〝鬼舞辻無惨〟は———
〝珠世〟に注入された「薬」の
予想外の「効果」に慄然とし
その「動き」を停止する!?

刹那!?

いきなり
大きな「電撃」を
「体」全体から放射する!?

その余りの「威力」に
竈門炭治郎と
〝蛇柱〟伊黒小芭内は
悉く頽れ「痙攣」し・・・
「再起不能」に陥る!?

そのまま
逃げようとする〝無惨〟!?

が!?

それを止めたのは
〝嘴平伊之助〟と
〝我妻善逸〟だった!?

伊之助は———
「仲間たち」を嬲られた
怒りから

善逸は———
炭治郎を励まし「救う」ため

それぞれが
激しい「攻撃」を繰り出す!?

 

しかし、「健闘」虚しく
2人共———
〝無惨〟の前に倒れ去る!?

 

その間―――

炭治郎は
「痙攣」を止めようと
自分の胸に
「日輪刀」を刺す!?

 

そして———

体の一部を切断されて
「瀕死」の筈の・・・
〝岩柱〟悲鳴嶼行冥、
〝水柱〟冨岡義勇が———

ゆっくりと
立ち上がり・・・

自分のもとに
向かって来る
姿を前に————

慄然とする
〝鬼舞辻無惨〟であった————!?

 

 

 

 

まさかの「衝撃」!?

「お前を殺す為に
お前より
強くなる必要はない―――
お前を
〝弱くすれば〟
いいだけの話。」

〝無惨〟の体内の——
〝珠世〟の記憶が
「鬼」に絡みつく!?

「お前が生きる為に
『手段』を
選ばないように
私も、
私達も———
お前を殺す為に
『手段』は選ばない。」
珠世は優しく邪悪に
そう囁くのだった――――。

(〝無惨〟は戦慄きながら
思考する————)

 

 

————————————————
本来なら————
なんの意味もない。

〝赫刀〟での
『斬撃』も『損傷』も
私に効くはずがない

どの〝鬼狩り〟の〝赫刀〟も
あの男――――
〝継国縁壱〟には劣り・・・

『再生修復』の疲労も
私には蓄積しない

しかし———

『四種の薬』が・・・
これら全ての
無駄な攻撃を

極めて
〝有効な攻撃〟として
この私を
追いつめている・・・

この短時間で
あの女が
これ程の『薬』を作ることは
予想できなかった

そしてこれは
私が初めて喰らうモノ・・・

よって―――
『分析・分解』にも
時を用する―――――
————————————————

 

 

ピタ・・・

 

 

突然———
〝無惨〟は身体の
全ての「動き」を止める!?

 

「!!」

 

(急に動きが止まった!!)

炭治郎は瞬時に
思考を巡らす!?

(〝珠世さん〟の『薬』が
効いたんだ!!)

そして一気に昂る!?

(いける!!
これなら勝てる!!
『夜明け』まで
もう少し!?)

 

 

 

ド     ン     !     ?

 

 

 

―――――刹那————!?

 

激しく
大きな
「閃光」が———

苛烈過ぎる
「雷撃」が————!?

辺り一面に

〝無惨〟の「体」から
放たれる!?

〝蛇柱〟「伊黒小芭内」が!?
そそて炭治郎が!?

その余りの「衝撃」に
頽れるのだった―――――!?

 

 

 

 

う・・・! 艶めかしい!?
〝珠世さん〟の妖しく邪悪な微笑から始まる
今回の「鬼滅の刃」————!?

が!? その横の〝無惨〟の顔は
「恐怖」で引き攣っている!?

この対照的な表情が
今の「戦況」を端的に表しており

しかもその事が
〝無惨〟本人にも
痛い程「認識」できるだけに・・・

なんか〝無惨〟が
惨めで可哀想に思えてきてしまうから
「不思議」である。

が!?

まさか!?

突然の「雷撃」!?・・・が!?
炭治郎と〝蛇柱〟を襲う!?

2人は大丈夫なのか??

兎に角
続きを読み進めて行こう!!

 

 

 

 

鬼の「変貌」!?

〝鬼舞辻無惨〟は———
驚愕の「変貌」を
遂げていた!?

鋭い「牙」を無数に生やした
大きな〝異形の口〟が・・・
右肩から左腰まで
斜め下方に「表出」し————

それが悍ましい
大きな「裂け目」を
作り出していたのだ!?

 

「ガ・ガ・ガ・ガ!?」

 

炭治郎は仰向けに倒れて
白目を剥き
激しく「痙攣」する!?

 

何だ 今の 衝撃

攻撃 止ま・・・

 

ガクガク

 

痙、 痙攣

止まらない

息 息が

 

ガクガクガク

 

呼吸・・・

で、 できない

肺・・・肺が 潰れ

た  のか!?

 

ガク・ガク・ガクガク

 

伊黒さ ん

ど こ に・・・

無惨・・・無 無惨

逃 、 逃  げる

 

逃げる

〝無惨〟が・・・!?

 

炭治郎の目に
ゆっくりと踵を返して
逃げ去る〝無惨〟の
姿が映る―――

 

が!?

 

その〝無惨〟の背中に
鋭い「斬撃」が炸裂する!?

 

「よくも・・・
やってくれたなぁ!
許さねぇ!?」

そこには————
傷だらけで
血塗れの体に
包帯を巻いた

〝嘴平伊之助〟が
立っているのだった―――――!?

 

 

 

 

 

なんだ!?  この〝無惨〟の醜く悍まし過ぎる姿は!?
これではもう「鬼」どころじゃなく
只の「怪物」としか
言いようがないではないか!?

これが〝無惨〟の心の「姿」!?
ここまでして・・・
こんな姿に成り果ててまでも
「生きたい」と願う
「生」へ「執着」した
〝真の姿〟なのかもしれない・・・

が!
それは決して
美しいモノではなく
かくもこんなに
〝禍々しい姿〟なのだ・・・

そんな「生物」〝無惨〟の
意外な「底力」により
「窮地」に陥った
炭治郎と伊黒小芭内・・・

このまま〝無惨〟を
取り逃がしてしまうのか??

―――そう思った瞬間!?

あの「男」が
立ちはだかる!?

そう〝伊之助〟!!
満を持しての登場である!!

この逸る気持ちを胸に
「次章」へと
〈ページ〉を繰り進めよう!!

 

 

 

 

 

伊之助の「涙」!?

 

(伊之助・・・あ・・・危ない・・・)

倒れている炭治郎が
その「光景」を見て危ぶむ!?

 

〝鬼舞辻無惨〟と伊之助は
しばし対峙する————!?

 

(「術」が出せない・・・
疲労か・・・)
〝無惨〟が苦し気に呻く。

「俺たちを庇って・・・
〝数珠のオッサン〟の『足』と
〝半々羽織り〟の『腕』が
千切れた———」

伊之助は息も絶え絶えに続ける。

「あっちこっちに
転がっている死体は・・・
一緒に飯を食った仲間だ!」

「返せよ・・・」

「足も手も———
『命』も全部返せ・・・」

「それができないなら————」

伊之助の
「刀」を握る拳に
ギリリと
「力」が入る!?

(そこに
〝無惨〟の
「攻撃」が飛ぶ!?)

 

「百万回死んで償え!!」

 

伊之助は
双眸から
滝の「涙」を流して

激しい「斬撃」を
繰り出す!?

 

 

ド  ン  !  ?

 

 

〝無惨〟が「右手」を
大地にめり込ます!?

 

「!?」

 

伊之助の足元が割れて
鋭い牙と口を
無数に持つ
「サメ」の様な形の
〝無惨〟の右手が出現し————

伊之助の
「腰」を
一気に咥え込む!?

 

ギチ

 

伊之助が!?
その周りの空間が!?
大きな
『血飛沫』に染まる!?

 

(伊之助!!
あああ伊之助!!
助けろ
助けろ!?)

炭治郎が
激しく「痙攣」しながら
動かない自分の
「体」に
「心」に
激しく絶叫する————

が!

(駄目だ・・・死ぬ・・・
俺が先に死ぬ・・・)

炭治郎の「視界」が
徐々に「闇」に包まれる!?

 

と!?

 

 

ドドン

 

〝無惨〟の右手に
鋭い「斬撃」が走り————

噛みついていた「力」が弱り
伊之助が
地面に落下する!?

 

「!?」

 

そこに現れた
もう一人の少年!?

〝我妻善逸〟が
助けに来たのだった――――――!?

 

 

 

 

来た————!?  伊之助だぁ————!?

傍若無人、
天下無双の・・・
〝伊之助〟の見参だぁ!!!

が! 今回は少し様子が違う!?

一匹オオカミで
他人の事は「どこ吹く風」だった
アウトローの伊之助が・・・

仲間に「想い」を馳せ
傷つけられたことに「怒り」————
「涙」を零しまくるのだ!!

そう、
そこには
且つての「伊之助」はおらず

仲間思いで
「正義感」と「希望」に満ちた
〈新生伊之助〉がいるのである!!

そんな伊之助が
危機に見舞われ

〝我妻善逸〟が降臨する!?

そこには———
且つて
戦いを裂け続け
逃げ回っていた・・・

過去の軟弱な
〝善逸〟の姿はない!?

「さあ! 行け!? 善逸!?
仲間達を窮地から救い出せ!!」

さらに心躍らせて「次章」へ
目を走らせよう!!

 

 

 

 

〝害虫〟達の「執念」!?

 

「伊之助! 踏ん張れ!!
〝炭治郎〟は
まだ生きてる!!
『心音』がする!?」

 

ガガガ

 

善逸は
飛んでくる「攻撃」を
避けながら絶叫する!?

 

「炭治郎!?
生きることだけ考えろ!!

聞こえるか!?

お前は死なない!!

絶対死なない!!

人間に戻った
〝禰豆子〟ちゃんと
帰るんだ!」

 

(炭治郎の目に
涙が溢れる!?)

 

「お前達が
生まれ育った『家』に
帰るんだ!!

二人が帰って来るのを
家族みんなが
待っている!!」

 

ドゴ

 

善逸が
〝無惨〟の「腕」に捕まり
建物の壁に
叩きつけられ

そのまま潰されそうに————

 

ドギャ

 

間一髪!?

 

伊之助の「一撃」が
善逸を救う!?

 

が!

 

伊之助も
一瞬で建物の壁に
叩きつけられ————
激しく「吐血」する!?

 

その間――――

(〝血気術〟で
『神経系』を
狂わされているなら・・・
『日輪刀』が効くんじゃ・・・)

炭治郎はそう閃き、
ブルブルと
「刀」を持ち上げる!?

そして———

(『隙間』に刺す・・・
太い「血管」と「急所」は避けろ・・・)

炭治郎は
「日輪刀」を———

 

ドス!?

 

自分の左胸部―――
「心臓」の下部へ
ゆっくり突き刺す!?

 

ジュウウウウ・・・

 

そこから
湯気が立ち上る!?

 

(いけるか・・・
頼む・・・
『痙攣』よ止まれ!?)
炭治郎は必死に
そう願うのだった―――――!?

 

 

一方————

満身創痍の
〝鬼舞辻無惨〟は———

 

ハアッ
ハアッ

ハアッ・・・

 

肩で激しく息を切らす!?

 

(もう「腕」が上がらない・・・
体が・・・
「鉛」のように重い・・・)

 

ふと周りに目を遣ると———

 

そこには————
傷つきながらも
必死に起き上がろうとする
善逸と伊之助が映る。

 

(また立ち上がるか・・・
この〝害虫〟共・・・

潰しても死なない・・・

湧いて
湧いて
何度でも
立ち上がってくる・・・

夜明けまで———

私の「息の根」を
止める迄―――)

 

そして———

〝無惨〟は———
自分に向かって
ゆっくりと歩いて来る・・・

〝岩柱〟悲鳴嶼行冥と
〝水柱〟冨岡義勇に————

慄き
苛立つのだった―――――!?

 

 

 

 

どうだ!? 〝無惨〟!?
お前にも「理解」できたか!?

自分が「害虫」と罵る者達に
追いつめられるこの
恐怖と
絶望に染まる
「気持ち」を・・・を!?

これが今まで————
お前が
他者に
無理やり強いてきた
「状況」であり

お前が
行ってきた
「悪行」の数々なのだ!?

お前が忌み嫌う
「者」達によって
その醜い「生への執着」が
断ち切られるのだ!!

そんな〝無惨〟が
今後どうなっていくのか――――
それは、「来週」へと
持ち越されるのである。

 

 

 

 

鬼滅の刃197話の感想

今週の「鬼滅の刃」は————
「鬼殺隊」と〝鬼舞辻無惨〟の「死闘」が

手に汗握る「臨場感」と
針を刺すような「緊張感」の中・・・
これでもか!と、容赦なく描かれる!?

そして今回最も「特筆」すべきは

「感情の発露」!!  だろう!!

〝珠世さん〟が妖しく微笑み!?
伊之助が怒り、泣き!?
善逸が「希望」を吼え、願い!?
炭治郎が苦悶と悔しさ噛み締めて
仲間の「想い」に涙し———

〝無惨〟が
恐怖と絶望に恐れ戦慄く!?

そう!
今回
全ての「感情」が
一気に吹き出して
複雑に絡み合い

それが
1つへと————

「仲間への想い」と、
「命の尊さ」へと・・・

見事に
「昇華」されていくのだ!!

 

「いのち」を敬い、
他者を想い愛でる
「心健やかな者」は
何があっても復活し
その身を美しく輝かせ———

逆に―――
「命」を蔑み
他者を踏みつぶす
「邪悪な者」は
哀れな醜態を晒す・・・

 

こんなに――――

〈生命〉の
「美」しさと
「重さ」と
「尊さ」を――――

そして・・・

その対極にある
「醜さ」や「愚かさ」を

直接肌に感じさせてくれるのが

この唯一無二の素晴らしい「物語」————
「鬼滅の刃」なのである!!!

 

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.