最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第195話「めまぐるしく」感想!

更新日:

鬼滅の刃【ネタバレ】195話

〝鬼舞辻無惨〟は
この激しい戦いの中で———

過去と現在において
自分を「危機」に陥れた
日の呼吸の始祖〝継国縁壱〟を思い出し
改めて「恐れ」を抱く。

かたや——
〝竈門炭治郎〟は———
過去に縁壱がつけた『古傷』こそ
〝無惨〟の「心臓」と「脳」が
ある場所だと確信し

それと同時に

どうしたら―――
目を潰された
〝蛇柱〟伊黒小芭内を
救えるかを思案するのだった。

 

そして———

 

「夜明け」まで
あと〝四十分〟となった時————

〝無惨〟が突然「逃亡」する!?

〝無惨〟に逃げられれば
みんなの「命」が
無駄になってしまうと
焦る炭治郎!?

負傷した〝蛇柱〟と共に
必死で食らい付き
何とか「逃亡」を
阻止しようと試みる!

その最中、

炭治郎は——
〝愈史郎の目〟の「札」を
〝蛇柱〟に渡すことに成功し、
新たな「視覚」を得た
〝蛇柱〟は———

炭治郎と共に
全力で〝無惨〟を
倒しにかかるのだった!?

 

 

そんな戦いの「場」を
遠くから見つめる少女が一人・・・

それは———
ここまで全力で駆けてきた
「鬼化」した〝禰豆子〟だった!?

その彼女の右の「目」は
「黒い人間の目」へと
変化しているのだった―――――!?

 

 

 

 

 

それぞれの心模様

〝鬼舞辻無惨〟は
戦いの最中に―――
「日の呼吸」の創始者、
〝継国縁壱〟を思い出す。

 

——————————————
あの男は———
初めは弱く見えた・・・

覇気も
闘気も
憎しみも
まして
殺意など微塵もない。

そんな男が
私の頸を刎ね
切り刻むなどとは・・・
誰が思いもしようか!?

さらには
その男から
受けた〝傷〟が———

この『何百年もの間』・・・
〝太陽の光〟のように
私の「肉」を
「細胞」を
灼き続けるなどとは・・・

例え
神や仏でも
予想できなかったはず・・・

こんなのは———
『出鱈目なお伽話』としか
思えない・・・

本当の『化け物』は
あの男だ!?

私ではない!!
——————————————

 

〝無惨〟は心の中で
そう絶叫するのだった!!

 

 

かたや———

「攻撃」を続ける
鬼殺隊隊士「竈門炭治郎」は
実感する———!?

 

—————————————————
〝無惨〟は———
「傷」を隠せなくなっている!?
取り繕えなくなってるんだ!

そう!〝無惨〟は確実に弱ってる!!

みんなで繋いだ
一秒一秒が
〝無惨〟をここまで追いつめた!!

みんな―――

絶対に倒すから!!
最期までちゃんとやるから!!

 

(そして〝無惨〟を凝視する)

 

「傷」が動く・・・!!
あの『場所』に
『心臓』と『脳』が
あるに違いない!?

これなら——
このまま「急所」を狙える!!

でもその前に・・・
伊黒さんの『目』を
何とかしなきゃ!!

蛇の〝鏑丸〟の手助けだって
限界がある!?

どうする・・・
どうする・・・!!

(と!?みんなが
顔に着けていた
「札」に思い至る!?)

そうだ! 『目』は・・・!!
〝愈史郎さん〟の『札』がある!!

あれを拾えば・・・!!
—————————————————

 

 

「夜明ケマデ四十分!!」

 

突然——

〝鎹カラス〟の叫びが
その空間を劈く!?

 

―――――と!?

 

ドン

 

「!!」

轟音ととも
炭治郎の目の前から
〝無惨〟がかき消えるのだった――――!?

 

 

 

 

おぉ! 〝無惨〟の弱気な心情で「幕」を開ける
今週の「鬼滅の刃」———!?

〝無惨〟は
「老化薬」を投与されたと知った瞬間から
かなりの精神的なダメージを受けたようで

もう心が折れそうな「ムード」を醸し出す!

それと共に
炭治郎と〝蛇柱〟の
予想以上の頑張りが功を奏し

〝無惨〟の「負けモード」が
さらに濃厚に漂い始めるのだ!?

 

(これはなかなかに「良い予感」がするぞ!?)
と安堵する「読者」も数多くいる筈!?

 

が! 突然!?

〝無惨〟が炭治郎の視界から消える!?

何か新しい「攻撃」をするのか?
「血気術」で一時的に姿を隠したのか?
「力」を使って更に高速で移動したのか?

それとも・・・??

この続きを知るためにも
一気に「次章」へと読み進めよう!?

 

 

 

 

「悪の王」・・・逃げる!?

炭治郎は
高速で走り去る
〝無惨〟の姿を認める!?

炭治郎の顔に
驚愕が走る!?

(え? 走って逃げた・・・!?)

 

「逃げた!!
逃げた! 伊黒さん!!
〝無惨〟が逃げた!!」

 

「!?」

 

(逃亡・・・!!)

伊黒の動きが一瞬止まる!

(そうだ! 当然だ!
〝無惨〟は
『埃』を持った
〝侍〟でもなければ・・・
『感情』で行動する
〝人間〟でもない!?

〝無惨〟は———
生きることだけに
固執している『生命体』!?

夜明けも近くなり
その『命』が脅かされれば
逃亡することにも
一切の抵抗がない!?)

〝蛇柱〟はそう合点するのだった。

 

 

(ああっ・・・
くそっ!!

どんどん遠ざかる
追いつけない!?)

その速すぎるスピードに
炭治郎が焦りを見せる!?

(そんな・・・そんな!!

負けるのか?

こんな負け方は
あんまりだ!!

これじゃあ
みんなの「命」が
無駄になってしまう・・・!!)

 

〝無惨〟は
恐るべき速さで———

地面に横たわる
夥しい「鬼殺隊隊士」を
踏みつけ
巻き上げ
さらに切り刻みながら「疾駆」する!?

 

(「亡骸」を踏みつけに・・・!?)

 

それを見た炭治郎は
心の中で
「大激怒」するのだった――――!!

 

 

 

 

我々は今回———
信じられない「光景」を目撃する!?

あの————
無敵の・・・!
悪の帝王の・・!?
〝鬼舞辻無惨〟が———
尻尾を巻いて「逃亡」したのだ!?

この信じられない「展開」に
全ての「読者」が
度肝を抜かれたに違いない!

そしてその逃げ方が
また酷い!?   いや、酷過ぎる!!

隊士達を蹂躙しながら走り去るのだ!?

これはもう「激怒」しかない!!
読んでいても
怒りでワナワナと手が震えてくる!!

「行けぇ! 炭治郎!?
そんな奴は
一刻も早く倒してしまえ!!」

炭治郎の「激怒」と共に
そう叫んでしまっている自分が
そこに居るのである!!

 

 

 

 

めまぐるしい「攻防」

一心不乱に
「戦いの場」から
走り去る〝鬼舞辻無惨〟!?

 

が!?

 

「!?」

〝無惨〟が
異様な気配に振り向くと————

数多くの「刀」が
その背に迫るのを視認する!?

 

ガガガ!?

 

〝無惨〟は
「触手」の一振りで全てを破壊する!?

 

炭治郎は——
落ちている「刀」を
さらに拾って投げつける!?

 

(しつこい虫共め・・・
払っても
払っても
纏わり付いてくる!?

が・・・!?

今は『斬撃』よりも
体深くに
『刀』が
貫通する方が危険だ!?)
〝無惨〟が冷静に「分析」する。
と!

 

ドギャ!?

 

〝蛇柱〟が
〝無惨〟の上空から
真っ逆さまに落下し

首の後ろへ
「日輪刀」を突き刺し
そのまま前まで
「貫通」させる!?

不意を突かれた〝無惨〟は————
伊黒に「触手」を向けるが!?

炭治郎が
すかさずが斬りこみ
〝蛇柱〟を助ける!?

 

「伊黒さん!
これを受け取ってください!!」

 

炭治郎が「護符」を差し出す!?

「これで〝鏑丸〟と『視覚』を共有して・・・」

 

 

パ ギ ャ ッ !?

 

刹那!?

その会話を———
〝無惨〟の「触手」が斬り裂く!?

 

「ゲボッ」

「グッ・・・ッ!!」

 

炭治郎と〝蛇柱〟は
「攻撃」をもろに喰らう!?

 

と!

 

「ああっ! 紙が・・・!?」

炭治郎の持っていた「札」が
その手を離れ
「宙」を舞う!?

 

「伊黒さん!
大股三歩
右へ飛んで!!」

 

炭治郎が「札」の位置を
的確に「指示」する!?

 

ダ  ン  !?

 

伊黒は「攻撃」を掻い潜り
炭治郎の「指示」通り移動し———

「札」の近くへ
一瞬で近づくが・・・
そこで戸惑う!?

 

(炭治郎が投げたモノが
どこかわからない・・・
小さすぎる・・・!!)

 

「〝鏑丸〟頼む―――っ!!」

炭治郎の絶叫と共に・・・

小芭内の背の〝鏑丸〟が
パクリと「札」を咥える!!

 

「炭治郎——〝感謝〟する!!」

 

伊黒の額には
既に「札」が付いていた!?

 

「!!」

 

小芭内に
「札」を渡した炭治郎を
〝無惨〟の「触手」が襲うが————

〝蛇柱〟と〝鏑丸〟が
一気に蹴散らす!?

 

(見え方は
人間とは異なるが
これで『視覚』は開かれた!
これなら
格段に戦いやすい!!)
小芭内は勢いづく!?

 

「炭治郎! 挟め!!
常に挟むように
立ち回れ!?」

 

伊黒が叫ぶ!

 

「絶対にここから逃がすな!
二人ならできる!!」

 

「はい!!」

2人は「連携」を取って
機敏に〝無惨〟を
挟み撃ちするのだった――――!?

 

 

 

 

やった!! 伊黒小芭内の「視覚」が戻った!!

炭治郎と〝鏑丸〟の見事な連携により
「札」を手にした〝蛇柱〟は
見事に「視覚」を取り戻した!!

これでまた「活路」が開かれたのだ!!

「逃亡」を選択した時点で
もう〝無惨〟の負けは「確定」したようなもの!!

「このまま一気に畳みかけろ!!」

読者の心は否が応でも逸り立つ!!

 

それにしても——
なんか一気に大好きになってしまったのが
蛇の〝鏑丸〟!!

最初は「蛇」っていうだけで
引いていたのだが・・・・

これだけ人と打ち解け合って
一緒に戦っている姿を見ると
「なんか良いかも!!」・・・って
可愛く思えてしまうから
なんとも不思議だ!

なんならペットとして飼ってもいいかな?
――――までは・・・いかないにしても(笑)

素直に見直してしまった次第である!

 

 

 

 

それぞれの心模様「2」

(しつこい!
いつまでも・・・
いつまでも!?)

激しい「攻防」が続く中———
〝無惨〟が毒づく!

 

(どけ!)

 

ハア ハア

 

(私の道を塞ぐな!?)

 

〝蛇柱〟と炭治郎の
2人の「攻撃」は
只ひたすら続く――――!?

 

ハア

ハア

 

(・・・!? 息切れ・・・!)

 

ハア ハア・・・

 

(体力の「限界」が
近づいているのか!?
この私の———
肉体に・・・!!)

その——
今まで味わったことのない
「感覚」に・・・
〝無惨〟は
愕然とするのだった―――!?

 

 

そして————

その「戦い」の舞台を
遠くから
見つめる少女がいた・・・

それは―――
ここまで一目散に駆けてきた
「鬼化」した
〝禰豆子〟だった!?

その息せき切る
〝禰豆子〟の「右目」は———

黒く染まり———
「人間の目」と
化しているのだった―――――!?

 

 

 

うわぁ! とうとう・・・とうとう〝禰豆子〟来たァ~~!!

これで全ての「登場人物」は出揃った!
これは———
「物語」の本当の「終わり」が近づいた
「証」であろう!

 

そして、ここで注目なのは———
「禰豆子」の体が半分だけ
「人間」に戻っているということ!?

この「事態」が今後の展開に
大きく関わってくることは
絶対間違いない!?

果たして
これが「吉」とでるか
「凶」とでるか!?

が! この続きは———
「来週」まで待て!?
・・・ということなのである!!

 

 

 

 

鬼滅の刃195話の感想

今週の「鬼滅の刃」は———
竈門炭治郎と〝鬼舞辻無惨〟の「戦」いを通じて
2人の「心情」が〝目まぐるしく〟吐露される!?

そう、今回のタイトルの
「めまぐるしく」は————

決して「戦いの行方」や
「物語の展開」だけではなく――――

「炭治郎と無惨」、
この2人の
「心の動き」も表しているのだ!!

〝無惨〟で言うと————

1.「縁壱」に「恐怖」し、
2.本当の「化け物」の存在に「慄き」
3.「逃亡」を選択して「保身」し、
4.自分の「体力の限界」に「愕然」とする・・・

そう!
〝無惨〟の心は
めまぐるしく「負の連鎖」に覆われる!!

 

かたや「炭治郎」はと言うと————

1.〝無惨〟の「弱り」と「急所」を「確信」し、
2.仲間を踏みつけて逃げる〝無惨〟に「激怒」し、
3.〝蛇柱〟の「視覚」復活に「奮起」し———
4.〝蛇柱〟と2人で絶対に倒せると「希望」を抱く!!

――――このように「ポジティブ」な
「めまぐるしさ」で心が高揚していくのだ!!

そう! 読者の皆さんは
もうここでもうお気付きだろうが
「炭治郎」と〝鬼舞辻無惨〟

2人の————

「正」と「負」、
「ポジティブ」と「ネガティブ」、
「高揚感」と「下降感」が————

見事に「対比」され
それが悉く起きる「事象」によって
浮き彫りにされていくのが
今回の「肝」となっているのだ!!

 

それを「念頭」において
もう一度最初から読み直してみると
また何かの「新たな発見」がある――――

そんあ魅力あふれる素敵な「マンガ」が
この「鬼滅の刃」なのだ!!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.