最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第192話「廻る縁」感想!

更新日:

鬼滅の刃【ネタバレ】192話

竈門炭治郎は宿敵〝鬼舞辻無惨〟を前に
先祖の〝住吉〟を通して視た
〝遺伝の記憶〟を思い出す―――

それは――――
「日の呼吸」の創始者〝継国縁壱〟に
〝炭吉〟を通して「剣」の教えを受けたことで

そこから〝縁壱〟の「想い」を感じ
その優しくも哀しい生き様に触れるのだった。

 

そして今———
炭治郎は〝無惨〟と対峙しながら

「日の呼吸」=「ヒノカミ神楽」の
〝十二の型〟を繰り返すことで
特殊な「円環」が生まれ―――――

〝鬼舞辻無惨〟を破るための
新たな「十三個めの型」が
生み出されることを確信する!?

 

「そうですよね? 縁壱さん!
絶対に『十二の型』を繋げます!」

炭治郎は心の中の〝縁壱〟に語りかける。

その決意が漲る炭治郎の目には
〝縁壱〟の優しい「笑顔」が
浮かんでいるのだった―――――!!

 

 

 

 

優しく美しい人

竈門炭治郎は〝鬼舞辻無惨〟と対峙しながら

来る直前に
先祖の〝炭吉〟を通して視た「遠い過去」————
〝遺伝の記憶〟を思い出す。

 

 

————————————————————

俺は〝住吉さん〟の体の中で———

〝縁壱さん〟から
何百回と「説明」を受けることに加えて
〝正解の形〟を一度見せてもらえると
『理解度』が格段に変わった

俺はただ———
夢を見ているだけかもしれない

けど・・・それでも、
ほんの僅かな『手首の角度』の違い
『足の運び』の違い
『呼吸の間隔」を知り
自分の無駄な動きに気づけた

そうやって俺は〝縁壱さん〟から
直接『日の呼吸』を習得していった

 

そんな〝縁壱さん〟は
物静かで素朴な人だった

〝炭吉さん〟の妻〝すこやかさん〟が
『剣の型』を見たいとせがんだら

それを見せてくれるような
優しい人で

〝炭吉さん〟は
それをつぶさに観察し————

ひとつも取り零さず
その『瞳』に焼きつけた

 

『日の呼吸』の型は
息を忘れる程に綺麗だった

あまりにも美しすぎた

後に〝神楽〟として
受け継がれていった理由がわかる

 

剣を振るう時の
〝縁壱さん〟は———
『人』ではなく
『精霊』のように見えた

〝すこやかさん〟や子供たちが
喜んではしゃぐと
照れくさそうに俯いていた。

————————————————————

 

それぐらい
〝縁壱さん〟は純粋で
清らかな人だった。

炭治郎は改めて
そう思うのだった――――。

 

 

 

うわぁぁ!?  凄い!?  こんなのってあり!?

先祖の〈記憶の遺伝〉を垣間見た炭治郎は————
「住吉」の体を通して
〝縁壱〟から直接「日の呼吸」と「型」を学んだのだ!?

〝柱〟達と違って
今迄の炭治郎の「能力」では
「〝無惨〟にはとても太刀打ちできないのでは?」と
密かに危惧していたのだが――――

それもこの「僥倖」で杞憂に終わりそうで
ホッと胸を撫で下ろした「読者」も
少なくない筈である!

そう! 時を越えて
〝縁壱〟と炭治郎は
コラボレーションしたのだ!

〝縁壱〟が美しく激しく
炭治郎の目の前を舞えば舞うほど
その優しさと哀しさが際立っていく・・・

この演出こそが「鬼滅の刃」の醍醐味なのである!

 

 

 

 

縁壱の笑顔

そして
〈別れの時〉が来る――――

 

———————————————————
「また遊びに来て下さい」と言ったけど
別れ際に————
〝縁壱さん〟は
〝炭吉さん〟に「耳飾り」をくれた

その「耳飾り」を見て————

縁壱さんは
もうここには来ないと思った

その遠ざかって行く
物悲しい後ろ姿に
思わず涙が出てきた――――

 

「縁壱さん!
後に繋ぎます!!」

 

〝炭吉〟が家族全員で見送りながら
その背に叫ぶ!

 

「貴方に守られたこの『命』で・・・
俺たちが!!!」

「貴方は
価値のない人なんかじゃない!!
何も為せなかったなんて
決して思わないで下さい!」

「そんなことは
絶対誰にも言わせない!!」

 

「この俺が!?」

 

そう叫ぶ〝炭吉〟の顔は
もはや『炭治郎』であった!!

 

「この〝耳飾り〟も
『日の呼吸』も
後世に伝えます!」

 

「約束します!!」

 

振り返った〝縁壱〟は————

 

「ありがとう」

 

今迄に見せたことが無い
満面の「笑み」を浮かべて
そう言うのだった――――。

——————————————————

 

 

 

 

ここにきてやっと・・・縁壱から優しい笑顔が零れ落ちる。
〝炭吉〟の「想い」に心動かされたのだ。

〝縁壱〟にとって・・・この〝住吉〟との出会いが
彼に「笑顔」を思い出させてくれた。

〝住吉〟の「朴訥」で
それでいて「熱い心」を内に秘めた人柄が

〝縁壱〟に
ほんのひと時の「安らぎ」を
与えたのだ!

それが結果として
満面の「笑顔」という現象となって
表に溢れ出したのだ。

これが————
〝縁壱〟における
〈人生の中の唯一無二の〝出会い〟〉
だったことは
間違いないであろう。

 

 

 

 

ヒノカミ神楽

 

(〝鬼舞辻無惨〟を前に
炭治郎はさらに思いを馳せる――――)

 

—————————————————
〝縁壱さん〟・・・
俺の方こそ

『俺達の祖先を助けてくれて
ありがとう』

貴方がいなければ
俺たちは
生まれていません

貴方が信じて逃がしてくれた
〝珠世さん〟の協力で
こうして〝無惨〟を
追いつめることが出来ました

 

貴方が見せてくれた

『日の呼吸』で———

俺は『戦う』ことができます

 

この『十二個の型』は

何百年も経つのに
驚くほど「正確」に伝わってました

俺も幼い頃、父さんに
いろいろと教えてもらいました

 

『〝円舞〟
〝碧羅の天〟
〝烈日紅鏡〟

〝幻日虹〟
〝火車〟
〝灼骨炎陽〟

〝陽華突〟
〝飛輪陽炎〟
〝斜陽転身〟

〝輝輝恩光〟
〝日暈の龍・頭舞い〟
〝炎舞〟』————

 

これらの———

貴方が
見せてくれた『型』も
〝十二個〟でした

前に
〝炎柱〟さんに聞いた
『十三個めの型』についてを
ずっと考えていて―――

『型』の名前で
気になっていたことがある・・・

それは―――

〝円舞〟と〝炎舞〟・・・
全く同じ音の『技名』が
あるということ

そして、
父さんが言ってた『言葉』————

〝正しい『呼吸』ができれば
炭治郎も
ずっと舞える〟

 

そう、
父さんは
夜明けまで
『ヒノカミ神楽』を
ずっと舞っていた

そして今————

〝無惨〟の体の『造り』をみて
ハッキリと確信した———

恐らく『十二の型』は
〝繰り返すこと〟で
『円環』を成し———

 

〝十三個めの型〟になる!!

 

そうだ!
そうに違いない!?

 

だから————

〝無惨〟の
この攻撃を
ひたすらくぐり抜け

夜が明けるまで

『脳』と『心臓』を
斬り続けるんだ!!!

 

『十二の型』は
『円舞』と『炎舞』で
全て繋がる!?

 

――――が!?

きっと俺は
途方もない地獄を見るだろう

俺には———

〝縁壱さん〟や
父さんのような「才覚」がない・・・

そして
〝無惨〟の逃亡を
どう「阻止」すればいいのかが
わからない・・・・

それどころか――――

『夜明け』まで
もつかどうかも
わからない・・・

 

今になって

〝無惨〟と対峙した人達が
自信を失う理由がよくわかる

〝縁壱さん〟ですら
できなかったことが————

果たして自分にできるだろうか・・・?

それでも俺は
今自分にできることを
精一杯やる――――

 

心を燃やせ!

負けるな!

折れるな!

——————————————————

 

 

自分自身をそう「鼓舞」し、
炭治郎は〝無惨〟へと
飛び込むのだった――――――!?

 

 

 

 

なんと!?

ここで——————

「継国縁壱」
「炭吉」
「日の呼吸」
「竈門炭十郎」
「ヒノカミ神楽」
「竈門炭治郎」

今迄、至る所に散りばめられていた
これら全ての様々な「ワード」が
しっかりと結びつく!?

そう、
この〝縁壱〟と炭治郎の
「邂逅」と「技の伝授」!??

この時のために

今迄に細かい「伏線」が張られていたといっても
過言ではないだろう。

そして————
それが必然的に
「十三個目の型」へと繋がり
打倒〝鬼舞辻無惨〟の「切り札」を生み出すのだ!?

 

 

 

 

意志を継ぐ!?

 

ヒュガガガ

ゴオオオオッ

 

炭治郎の「太刀」が炎を纏って舞い———

 

ガガガガ

 

〝無惨〟の「触手」と激突する!?

 

と!

 

〝無惨〟の目に———
「継国縁壱」が重なる!?

 

ビ  キ

 

「この亡霊が・・・!!」

 

〝無惨〟の怒りに任せた「触手」が
さらに素早く唸り

 

ドシュ

 

炭治郎に
激しく襲いかかる!?

 

その時
炭治郎はハッキリと
その身に「自覚」する!?

 

「見えた!」

 

そうか―――
〝これ〟が
みんなが倒された『理由』・・・

〝無惨〟の———
背中の九本の『管』と両腕、

それを上回る速度の『管』を
八本も―――
『腿』から出して
攻撃しているんだ。

 

そう・・・
〝無惨〟は〈変幻自在〉だ。
固定された姿で認識すると
思わぬ攻撃を喰らう!?

瞬時に

炭治郎は舞い

踏み込む

 

日の呼吸―――

 

〝円舞〟

〝烈日紅鏡〟

〝火車〟

 

と!

 

ガギィ

 

ここで
後ろへと弾き飛ばされる!?

 

が・・・!
炭治郎は確信する!?

 

「やっぱり繋がる!

そういうふうにできている!?

そうですよね?
縁壱さん!

繋ぎます!!

次は『十二の型』全てを!!」

 

確かな手応えを
その手に感じた竈門炭治郎は

〝決意の目〟で
「日輪刀」を構え直すのだった――――!?

 

 

 

 

おぉ!?  覚醒した炭治郎が見たのは
味方が悉く倒されたその「真相」―――!?
それは〝無惨〟の体に隠された
「腿」から出る多くの「触手」だった!?

しかし〝無惨〟は・・・
なんて「規格外のバケモノ」だろう!?

これは「生物」の域をとっくに越えている・・・

が、それを見抜いた炭治郎も
既に「人間」を越えているようで・・・

少しだけ「怖さ」を覚えてしまうのは
私だけではないだろう。

 

そして———
「十二の技の繋がり」に
確信と手応えを得た炭治郎。

〝縁壱〟と〝炭十郎〟の心を載せた
炭治郎渾身の「ヒノカミ神楽」が
今ここに始まる!!!

――――のだが・・・・

その続きは
「来週」へと持ち越されるのである!?

 

 

 

鬼滅の刃192話の感想

今週の「鬼滅の刃」は————
「炭吉の回想」(祖先の『遺伝の記憶』)と
「炭治郎と〝無惨〟最終決戦の行方」が

時を同じくして
「静」と「動」、
「心」と「体」の描写が
鮮やかに対比されながら
行きも吐けない緊張感の中で
「展開」されていく!

そして今回特筆すべきは—————

全編が〝炭治郎の心の声〟だけで
成り立っている事だろう!

そう! 今回は炭治郎の「独白劇」となっているのだ!

この・・・炭治郎の「心の声」を通して――――

我々読者は〝縁壱〟の人となりを知り、
「日の呼吸」が「ヒノカミ神楽」へと変遷した経緯、
その「十二の型」が連環して
『十三個めの型』が生まれることなどの
数々の「新たな事実」を
改めて知る事となるのだ!?

そして———
その「十三個めの型」が
打倒〝鬼舞辻無惨〟への「鍵」として
重要な位置を占めることが—————

炭治郎の「心の底」から
ヒシヒシと痛いぐらいに
我々の胸の内へ伝わってくるのである!?

 

そして何よりも
炭治郎のこの「心の声」は————

「〝縁壱さん〟の想い」と
「炭吉や父・炭十郎を始めとする
御先祖みんなの想い」を代弁しているようで
とても感慨深い。

「夜明け」まで
兎に角
斬って斬って斬りまくる!?

ここまでに関わった人達の
全ての「想い」を胸に
竈門炭治郎は
〝鬼舞辻無惨〟へと
「光り輝く未来」へと

今、走り出すのである!!!

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.