最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第191話「どちらが鬼か」感想!

更新日:

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

単行本を無料で読むならこちら

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

鬼滅の刃【ネタバレ】191話

〝鬼舞辻無惨〟の攻撃で瀕死の状態に陥った竈門炭治郎は
愈史郎達の応急処置を受けるも「脈」が次第に弱まっていく。

が!? 突然「日輪刀」が「鳴動」し———
炭治郎はいきなり目を開くのだった。

 

一方———
〝柱〟達と〝鬼舞辻無惨〟の戦いは
さらにその苛烈さを増していく!

そんな中———
〝岩柱〟悲鳴嶼行冥は〝無惨〟の体を「透視」し
複数の「脳」と「心臓」の存在を確認する。

〝無惨〟が頸を切断しても
死なない「理由」を理解した〝岩柱〟は
仲間達にも「透視」を呼びかけ
すべての「脳」と「心臓」
を同時に攻撃しようするのだが・・・・!

〝無惨〟の一瞬の「最強・最速攻撃」で
〝柱〟を始めとする「鬼殺隊」は
一気に再起不能に陥ってしまう!?

辛うじて息がある栗花落カナヲに
〝無惨〟が「止め」を刺そうと近づく!?

が!?

そこに
竈門炭治郎のヒノカミ神楽が炸裂する!

 

「もう終わりにしよう。」
炭治郎は〝無惨〟に
静かにそう言うのだった―――――!?

 

 

 

 

 

脈が!?

「何本目だ!?
そんなに打って大丈夫か?」

愈史郎が———
意識の無い〝竈門炭治郎〟の腕に
数多くの注射器を打ち込むのを
他の隊員達が咎める!

 

「うるさい黙れ!」

 

愈史郎が一喝する!

 

「〝無惨〟の攻撃を受けて
時間が経っているから
かなりまずい状態なんだ!?」

 

そして————

「で! お前は何してるんだ!」

 

目の前で妙に手こずっている
村田に突っ込む!

 

「いや、『刀』を・・・
放してやろうと思って・・・」

 

村田は指に力を入れる。

 

「でも凄い力で
『刀』を放さないんだよ!?」

 

「それは・・・・戦いに向かう『意志』が
あるんだろう。」
愈史郎が答える。

 

と!?

 

「あっ! 『脈』が!?」

 

炭治郎の
顔と首に触れている隊員が
その変化に叫ぶ!

 

「『脈』が戻ってきてる!」

 

「炭治郎!」
「炭治郎!!」
「〝無惨〟を倒しに行こう!!」

愈史郎や村田、
その他の隊員達が口々に叫ぶ!

 

が———

 

(「脈」が弱まる・・・駄目か・・・)

 

愈史郎が諦めかけるが—————

 

「早く行かなきゃ
〝無惨〟が逃げちまうぞ!!」

 

村田がそう絶叫した瞬間————

 

ギシィ

 

異様な音が
辺り一面に響き渡る!?

 

「なっ! なんだこの音・・・?」

 

ギシ

 

「!?」

 

ギシ

 

「この『刀』からだ!」

 

そう!

その「音」は
炭治郎の握る「日輪刀」から
発せられたモノだった!?

 

と!?

 

メギ!?

 

いきなり
炭治郎の目が
カッと
見開かれるのだった―――――――!?

 

 

 

 

炭治郎大丈夫か!?  ホントに助かるのか!?
瀕死の炭治郎の応急処置で幕を開ける今回の「鬼滅の刃」———!?
愈史郎を始めとする隊員達の健気な献身に胸を打たれる!?

そして一旦戻った「脈」が
突然急激に弱まっていく展開に・・・
読者は胸を抉られる!?

が! 村田の絶叫に答える様に
「日輪刀」が発動し、炭治郎の目が開くのである!

「とりあえずは良かったぁ———!」

やはり〈主役〉を張る炭治郎は
こんな所で死んだり
立往生はできないのだ!?

よし! いける!?

逸る心を抑えつつ
「次章」へと歩を進めよう!

 

 

 

 

勝てる!?

〝隠し部隊〟の隊員の一人が
恐る恐る遠くの「建物」の陰から
「柱」と〝鬼舞辻無惨〟の「戦い」を覗き見る。

(す・・・凄い!!
これ、もしかして
いけるんじゃないのか?
夜明けまで保つかも―――
遂に〝無惨〟を倒せるんだ!?)

その隊員の目には
自然と力が入るのだった――――。

 

 

そして
「戦い」は果てしなく続く―――――

 

ギャコ

 

〝岩柱〟悲鳴嶼行冥の
「鉄球」が激しく唸り飛び

〝無惨〟の左胸を大きく粉砕する!?

〝風柱〟不死川実弥が
地面に落ちている〝護符〟を拾い
素早く額へかざす!?

 

(なるほど!
この〝札〟をつけてる者同士は
見えるわけか! 面白ぇ!
使えるもんは
何でもつかうぜ!!)

 

風の呼吸  漆ノ型  〝 勁 風 天 狗 風 〟  !  !

 

〝風柱〟の鋭い「剣技」が
〝無惨〟の「触手」を
悉く切り裂く!!

 

(よし!
僅かながらの余裕だが
『戦力』が増して
集中できる。)

〝岩柱〟悲鳴嶼行冥は
「戦況」を瞬時に把握する――!

(『透き通った感覚』で
〝無惨〟の体を捕捉すれば
戦いに有効な「情報」を
得られるはずだ!

「音」の反響をよく聞け!
前に「感知」した———
あの時と同じように!)

 

ズズズ・・・

 

悲鳴嶼は「音」に集中し————

 

と!

 

その「白い瞳」の奥に
〈鮮明な映像〉が浮かび上がる!?

 

「透視」に成功したのだ!!

 

(———なに!?
「脳」と「心臓」が多数ある!!)

 

行冥は自分が視たモノに驚愕する!

 

(信じ難し! この男!!
「臓器」を複数
造ることができるのか!?)

そして〝岩柱〟は悟る―――

 

 

—————————————————
これが・・・
〝無惨〟が
「頸」を切断されても
死なぬ理由か!?

―――しかも
この「脳」と「心臓」!
常に移動している!?

位置が定まらず
「攻撃」の難易度も高い!?

 

いや!!
しかし———

私と同じく
『透かし視る』ことができる
者がいれば・・・

十二ゕ所を
同時に攻撃できれば・・・!!
—————————————————

 

 

「伊黒―――—っ!!
〝無惨〟の体を『注視』しろ!!」

行冥が声を張り上げる!

「『見え方』が変わらないか?
体が透けて視えないか?」

 

〝蛇柱〟伊黒小芭内が
言われた通り
「目」に神経を集中する!?

 

と!?

 

(これは・・・?)

 

小芭内は
自分の視たモノに驚く!?

 

(今一瞬〝無惨〟の
体が透けた————!?)

 

 

が!??

 

 

パ     ギ     ャ      !     ?

 

 

〝無惨〟を包む
周りの「空間」
全てが
揺れ!
鳴動し!
地面が
そして空気が

その「触手」の動きと共に
激しく複雑に
斬り裂かれるのだった―――――!?

 

 

 

 

「鬼殺隊」の仲間達の加勢に
「連携攻撃」の成功!
徐々に圧されていく〝鬼舞辻無惨〟!?

全てが順調に進んでいる———
ように見えたし、思えた・・・

が!?

その「空気」は
一瞬でひっくり返される!?

やはり〝鬼舞辻無惨〟は
そう甘くはないのである!?

状況を楽観視した途端・・・
とんでもない〝しっぺ返〟しを
喰うことになるのか??

一体何が起きた!?
この〝非常事態〟に
言い知れぬほどの「大きな不安」を
胸に覚えつつ―――

震える指で次へと
ページを繰り進めよう。

 

 

 

 

たった一瞬の出来事!?

 

ドン!?

その余りの激しい「轟音」に
〝隠し〟は
建物に身をめ潜め———

もう一度
恐る恐る「戦場」を覗き見る!

 

―――と、
その「中央」に
〝無惨〟が一人
立ち尽くしている―――!?

 

(あれ?
みんなどこ行った?)

 

〝隠し〟は
改めて
周りをグルッと
見回す・・・

 

ドクン

 

(??)

 

ドクン!

 

その「鼓動」が早鐘を打つ!?

 

(えっ?)

 

彼が見たのは————

 

〝岩柱〟悲鳴嶼行冥が・・・
右腕を切断された冨岡義勇が・・・
〝蛇柱〟が・・・
我妻善逸が・・・
嘴平伊之助が———!?

 

〝血塗れ〟になって力なく横たわる
この世のモノとは思えない
「恐ろしい光景」だった――――!!??

 

そして
その横で・・・

 

ゴフッ

 

吐血する
栗花落カナヲの額から——
真っ二つに斬り裂かれた〝護符〟が
舞い落ちるのだった―———!?

 

 

 

 

え? ええっ!? 何??  何だ!? 何が起こった!?

読者は〝隠し〟と同じ目線で
同じ体験を強いられる!?

まさか「鬼殺隊」が
一瞬で〝壊滅状態〟にされるなんて・・・!?

こんなコトはあり得ない!
イヤ、絶対に在っちゃいけない!?

が・・・実際にはもう起こってしまったのだ!?

血を吐くカナヲの
恐怖の表情が・・・
鮮烈にこの「悲劇」を物語る!?

やはり作者は情け容赦ない・・・

そして「物語」のために行われる
〈登場人物達〉への酷い仕打ちにの向こうに
「良い作品を作り上げよう!」としている作者の
凄まじい「プロ魂」を見せられるのだ!!

 

 

 

 

もう終わりにしよう

 

(速・・・すぎる・・・)

〝無惨〟の
苛烈な「攻撃」を受け

カナヲは
血を吐き茫然と跪く―――!?

 

ドッ

 

その目の前に〝無惨〟が立つ!?

 

カナヲは「刃」を折られ
その心と体は既に「限界」を迎え———
もう数ミリも
動くことができない・・・

 

 

———————————————
早く・・・

立って・・・足・・・・

動け

倒せ

コイツを

みんなが安全に生きられるように

また悲しい思いを
しなくていいように———

コイツのせいで
みんなの家族も殺された・・・

〝無惨〟を———
死んでも倒す

私だって
姉さんみたいに
最期までちゃんとやる・・・
———————————————

 

 

「止めろ――――!!」

〝隠し〟が叫びながら
カナヲへと走り寄る!?

 

無惨〟が
左手を頭上へかざす!?

 

と!?

 

 

ヒノカミ神楽  〝 輝 輝 恩 光 〟  !  !

 

 

〝無惨〟の左腕、肘から下が———
一瞬で「消失」する!?

 

(見事に切断されたのだ!?)

 

〝無惨〟が右後方へと顔を向ける――――

 

その少し離れた「場所」には
カナヲを抱きかかえた
〝竈門炭治郎〟の「後ろ姿」があった!?

 

「炭治郎・・・」

 

カナヲが涙を流す。

 

「うん、遅くなってゴメン。」

炭治郎は優しく答え———

 

「頼みます。」と

〝隠し〟にカナヲを託す!?

 

そして———
炭治郎は〝無惨〟と対峙する。

 

 

「何という醜い姿だ。」

炭治郎の顔を
一目見た〝無惨〟が呟く。

その炭治郎の顔は
「右目」から額にかけて————
醜く肥大した
〝無惨〟の「細胞」に覆われて歪み

露出した「左目」は
獣の如く血走っているのだった!?

 

「これでは———
どちらが『鬼』か
わからないな・・・竈門炭治郎。」

 

〝無惨〟は冷ややかな視線で言う。

 

その〝無惨〟の目には————
炭治郎の姿が
かつて自分追い詰めた
〝継国縁壱〟の「姿」が重なる!?

 

「・・・虫酸が走る。」

〝無惨〟がプイと吐き捨てる。

 

 

「もう終わりにしよう・・・〝無惨〟」

 

炭治郎は
静か過ぎる「迫力」で
〝無惨〟にそう語りかけるのだった―――――!?

 

 

 

 

来たぁ――――!?  炭治郎!?
そしてカッコ良く一瞬でカナヲを助け出す!?

これぞ主人公たる者の役目!
昔から連綿と続く「少年マンガ」の醍醐味!

そう! こうでなくちゃいけない!?

絶対的な「悪」を倒すために
必ずピンチに現れるのだ!?

更なる「形成逆転」とは正にこのこと!?

「このまま一気に倒してしまえ!!」

思わず身を乗り出すが
この続きは———
「来週」へと持ち超されるのである!!

 

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

単行本を無料で読むならこちら

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

 

鬼滅の刃191話の感想

今週の「鬼滅の刃」は———
「炭治郎の復活」と
「鬼殺隊と〝鬼舞辻無惨〟と戦い」が
風雲急を告げる怒涛の展開で描かれる!

そして———
今回何よりも力を入れて描かれるのは
〈〝鬼舞辻無惨〟の超絶な「力」〉である!?

1.どれだけ加勢が増えようと、
2.〝護符〟で姿を消そうと、
3.体を「透視」されようと、
4.どんなに「連携攻撃」されようとも————

〝鬼舞辻無惨〟は一瞬で全てを覆す!?

そう、今まで数話に渡って積み上げてきた「展開」を
たった一瞬・・・「ひとコマ」で、
全てを一変させてしまうのである!

恐るべし・・・
恐るべし「悪」の権化、
忌むべく「帝王」〝鬼舞辻無惨〟!?

これだけ「強さ」のハードルを上げてしまうと
これからの展開を考えるうえで
作者自身の「作品」のハードルを
各段に上げてしまうことになり
かなりきついのではないか・・・?
いろいろと困るのではないか?

そんな妙な「取り越し苦労」的な心配を
ついついしてしまうのが「読者心」なのである!(笑)

 

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.