最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第189話「心強い仲間」感想!

更新日:

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

単行本を無料で読むならこちら

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

鬼滅の刃【ネタバレ】189話

〝柱〟と〝鬼舞辻無惨〟の戦いで混乱する「町」を
鬼殺隊の後処理部隊「隠」(かくし)が、見事な手際で沈静化する。
と、瓦礫の下から救い出した一匹の「猫」が・・・
一目散に「戦場」へと走って行くのだった!?

 

時を同じくして————
「水」「風」「岩」「蛇」の〝柱〟達は
〝鬼舞辻無惨〟と熾烈な戦いを繰り広げていた。

しかし・・・あまりに傷つき、〝無惨〟の細胞が付着した〝柱〟達は
徐々に自分達の「細胞」が破壊されていき、
絶対絶命の窮地に立たされる!?

その時!  一匹の「猫」が宙を舞う!?
その猫は「珠世」の命で
〝柱〟の細胞破壊を止める「血清」を持って来たのだ!

「血清」を体内に入れた〝柱〟達は復活し、
「夜明け」までの時間を一秒でも稼ぐために———
只ひたすらに〝無惨〟へと突き進む!?

そんな中———
〝蛇柱〟伊黒小芭内は
〝痣〟を発現させ・・・
自らの太刀をも「赫刀」に変え、
〝最期の戦い〟に臨もうとするのだった――――!?

 

 

 

 

「隠」と「猫」

「あー駄目駄目、入んないで!!
逆です! あっちに抜けて下さい!?」

鬼殺隊の後処理部隊『隠』の面々が
声を張り上げる。

「『地盤沈下』です!
危ないですから避難して下さい!」

「火事は起きてないでーす!」

「我々は『地盤沈下の調査隊』で、
警官からの依頼で来てますぅ!!」

混乱をきたす「町」の人々を・・・・
「隠」は見事な手際で
落ち着かせていく————。

そして事態はすっかり沈静化し
人々がいなくなった平和な路地で
「隠」達が再び状況を確認する。

 

と!

 

ニャ———

 

何処からか鳴き声が・・・

 

「あ! 猫だ!?」

「隠」の一人が瓦礫の下に
猫を発見する!

「ほら、出れるか?」
瓦礫を持ち上げてやると———

 

タタタタ

 

「ああっ!! そっちは危ないぞ!?」

 

「隠」の止めるのを振りきって
「猫」は〝戦いの場〟へと
姿を消すのだった――――――!?

 

 

 

 

おぉ!! 「隠」の見事な働きで幕を開ける今回の「鬼滅の刃」!?
「鬼殺隊」は〝戦闘集団〟だけではない事を改めて思い知らされる!?

そう!  このように「継子」や「隠」あってこその「鬼殺隊」なのだ!?
「隠」達が「治安維持」や「事態の収拾」を命懸けで行うからこそ・・・
彼らの地味だが無くてはならないこの「活躍」があったればこそ————
〝柱〟を始めとする〝鬼狩り〟の隊士達が
安心して心行くまで「活躍」できるというもの!?

ここで「隠」のみんなに
我々読者からも———
〝心からの感謝〟を送ろうではないか!!

 

で!? 気になるのが
突然現れた可愛い「猫」だろう!?

この「猫」、何かを背負ってるようで
一目散に〝柱〟達の元へと駆けて行く!?

この「猫」は一体・・・!?

その答えを知る為にも
「次章」へと目を走らせよう!?

 

 

 

 

「夜明け」までのたったの一秒・・・

――――その頃、
〝柱〟達と〝鬼舞辻無惨〟は———
熾烈な戦いを繰り広げていた!?

〝無惨〟の秒速の攻撃を躱し
「触手」を切断する〝蛇柱〟!?

切断した「触手」を
遠くへと蹴り、繋がるのを防ぐが・・・
〝無惨〟の腕は瞬く間に「再生」していく!?

(斬撃と同時に蹴り上げて
切断面を離し———
『即再生』するのを阻む!?)

〝蛇柱〟伊黒小芭内は淡々と攻撃を繰り返す!?

(しかし———
それをやった所で
稼げる時間は瞬き程度・・・)

そして「触手」を観察する!?

(「触手」の至る所についている
あの大きな口の『吸息』!!

範囲が広い上に強力な吸い込み―――
その全てが厄介な『攻撃』だ!?

それを避けるための〝大振りの動作〟で
体力が何倍も削られる・・・)

小芭内に焦りが走る。

(一秒―――、
『夜明け』までの
この気が遠くなるような時間の
たったの一秒・・・
このたったの一秒を稼ぐために・・・
『鬼殺隊』全員が
命さえもかなぐり捨てる。)

小芭内はギリッと歯を噛み締める。

(負けることは許されない!
俺達を庇った『仲間の命』を
絶対に無駄にすることは
許されない・・・)

新たな決意を胸に
〝蛇柱〟は戦い続けるのだった。

 

 

時を同じくして————

 

ギャン

 

〝無惨〟の「触手」の一つが
〝水柱〟冨岡義勇の「刀」を弾き飛ばす!?

(握力が・・・
もう・・・)

義勇に残された力は
最早底をつきかけようとしていた・・・

間髪入れず
義勇の目の前に
〝無惨〟の「触手」が飛んでくる!?

 

が?

〝蛇柱〟の「刃」と
〝岩柱〟の「鉄球」が
その「触手」を粉砕する!?

 

ドン!

刹那———
義勇の目の前の地面に
彼の「日輪刀」が突き刺さる!?

 

「ボケッとすんじゃねェ!!
ブチ殺すぞォォ!!」
〝風柱〟が吼える!?

 

義勇は必死に「刀」へとダッシュする!?

 

〝 流 流 舞 い 〟 !  !

 

しなやかな水流の斬撃が
〝無惨〟へ飛ぶ!?

 

(まだやれる!!
しっかりしろ!!
最期まで・・・
〝水柱〟として恥じぬ戦いをしろ!?)
義勇は己に向かって
そう言い聞かせるのだった。

 

一方———
〝無惨〟は己の勝利を確信する。

(こいつらは予想以上に粘ってはいるが
もう間もなく全員が潰れる

夜明けまで後一時間十四分――――

〝柱〟達の細胞が破壊されて
死ぬまでにはもう五分とはかかるまい

踠いても
踠いても
結局はそれで終わる!!)

〝無惨〟はあくまで冷静に
そう「思考」するのであった。

 

(まずい・・・
夜明けまでもたない・・・!?)

(首だけになっても喰らいつく!!)

〝岩柱〟悲鳴嶼行冥が・・・・!?
〝風柱〟不死川実弥が・・・!?
血を吐きながら戦い続ける!?

 

ゴフッ

 

冨岡義勇も吐血する!?

 

(くそっ!
俺は体が小さい分、
毒のまわりが早い・・・!!)
伊黒小芭内が苦悶の表情を浮かべる!?

 

――――と!?

 

「!?」

 

その時〝無惨〟は————

自分の頭上を

一匹の「猫」が
空高く舞うのを
その目に認めるのだった――――――!?

 

 

 

 

うう・・・悔しい・・・悔し過ぎる・・・
〝柱〟達がどれだけ死に物狂いで戦っても
やはり〝無惨〟の圧倒的な力の前には歯が立たないのか・・・・

全員血だらけで吐血しながらの戦い・・・
しかも———
〝無惨の細胞〟が自分達の「細胞」を
あと5分で破壊してしまうという究極のタイムリミットの中————
それでも〝柱〟達は死力を尽くして戦い続ける!?

こんなに〝哀しい戦い〟が・・・
且つて今まであっただろうか?

自分が死ぬことを前提で
ここまで過酷な戦い続けるなんて―――――

このあまりの痛々しさに
思わず目を背けたくなる読者が
五万といる筈・・・

でも我々は逃げちゃいけない!?
しっかり目を瞠り
戦いの行方を見続けていくのだ!
それしか彼らに協力できることがないのだ!

そう、絶対に逃げちゃいけないのだ!

 

 

 

 

頭上の「猫」!?

高く跳ぶ「猫」の背には
木で作られたリュック仕様の「装具」が
背負われており———

その「装具」には
液体が入った小さな小瓶の様な
細長い透明な「筒」が
四本ほど取付けられていた!?

 

バシュ

 

「筒」が四方に発射される!?

 

その「筒」の正体は
小型の「注射器」で——

 

「!?」  一つは小芭内の右前腕に!

「!!」  一つは義勇の左肩に!?

「くそが!!」  一つは実弥の左足に!!!

「これは!?」  そしてもう一つは行冥の右手の平へと

悉くグサリと突き刺さる!?

 

ドシャ!?

 

〝無惨〟は瞬時に猫を切り捨てる!?

 

(何だコイツは?)

 

と!?

 

ズズズ・・・

 

「おおっ?」

 

〝風柱〟の顔面を覆っていた
〝無惨〟の細胞の塊が・・・
みるみる消滅していく————!?

 

「何か知らんが
通りすがりの猫に助けられたぜェ!!」
〝風柱〟が一気に息を吹き返す!?

 

(脈の狂いや
体の激痛が格段に治まった・・・
理由は分からぬが
これは何という僥倖!)

〝岩柱〟が喜びの「思考」を巡らす!

(恐らくは一時的なモノだろうが・・・
これでまた―――
戦い続けることができる!!)

 

―――それを見た〝無惨〟は・・・

「またあの女・・・
〝珠世〟の差し金か!?」

激しく毒づく。

「しかも私の〝細胞破壊〟を止める
『血清』の様なものまで
作り上げるとは・・・
死んで尚癪に障る女だ!?」

 

「無駄な足掻きをするな!!」

 

〝無惨〟の攻撃が更に苛烈さを増す!?

 

「潔く死ね! この亡者共め!!」

 

〝無惨〟は激しい怒りと共に
一斉攻撃を仕掛けるのだった――――――!?

 

 

 

 

やったぁ!! 起死回生!?  これぞ逆転の一手!?
珠世さんの「血清」を持った「猫」が
柱達を窮地から瞬時に救い出す!?

キッチリと自分のできる事を完遂し、
全てを想定して、「打てる手」すべてを用意しておく!?

これには————
「流石!? 珠世さん!!」と頭を下げるしかない!?

それにしても驚いたのは〝無惨〟のセリフ・・・
「亡者どもめ!」だろう!?

〝無惨〟が人間に向かって〝亡者〟って・・・!?
何かとても滑稽で・・・
ここに作者独特のアイロニーが見え隠れしているようで
なんとも感慨深い次第である。

 

 

 

 

赫くしろ!?

 

ガヒュウ ガヒュウ

 

ガガガガ

 

辺り一面が————
〝無惨〟の一斉の「触手」の斬撃で
悉く破壊しつくされ
無数の大きな穴が開く!?

その場所は
最早「原型」を留めていなかった!?

 

が!?  〝柱〟達は
辛うじて攻撃を躱し続けて行く!?

そのうちの一人、伊黒小芭内は
黙々と考える。

(俺が誰よりも
戦果を上げていない・・・
もっと有効な「攻撃」を
与えることが出来れば・・・)

躱し続けながら更に思考を深める。

(俺達生き物は・・・
命の危機に瀕した時———
〝爆発的な力〟を発揮する!?

非力で脆弱な『手』でも
簪一本で座敷牢の分厚い格子を
破ることができると
俺自身の体験で知っている!?

そして———

時透・・・

お前は死ぬ間際に
白刀を〝赫く〟して
今迄の自分の刀の色に関わらず
『刃は赫くすることができるのだ』
ということを証明した!?

あの瞬間、
時透ができたことは———
刀を強く握り締めることのみ!?

そのことから推測すると————

強い衝撃を受けたことで
『刀』の温度が上がったのでは
ないだろうか!?

『刃』を赫く染めるのは————
〝死の淵〟に己を追い詰めてこそ発揮される!?)

〝万力の握力〟!!

そう直観した〝伊黒小芭内〟が
強く握り締めた「日輪刀」が
〝赫色〟に変化し始めるのだった—————!?

 

 

 

うわぁ! カッコイイ!? とうとう小芭内に〝痣〟が発現し
「日輪刀」の刃が「赫」へと変化する!?
これはイメージで言うと・・・
スターウォーズの〝赤のライトセーバー〟が
下から立ち上がってくるような・・・
超カッコ良くてしびれる感覚だろう!?

死を覚悟した者――――
全てを背負う覚悟をした者に現れるこの変化————
それを〝蛇柱〟の心と体が受け入れたのだ!?

これでまた何かが起こるという「期待感」と共に――――
伊黒小芭内の無事を心から祈るばかりである!?

 

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

単行本を無料で読むならこちら

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

鬼滅の刃189話の感想

今週の「鬼滅の刃」は————
「柱」と〝無惨〟の戦いが息つく暇なく
烈火の如く描かれる!?

今回特に注目すべきは—————
1.「珠世さんの最後の大仕事」
2.「伊黒小芭内の〝痣〟と〝赫刀〟発現!?」
―――――—この2点だろう!?

1.については————
「〝珠世さん〟! ここまでやってくれるのか!?」
と小躍りしてガッツポーズをとる
多くの「読者」の姿が目に浮かぶようだ!?

という事は————
禰豆子の〝治療〟も上手くいっており・・・
その禰豆子自身が〝鬼舞辻無惨〟を倒すための
重要な「鍵」となる可能性があるという事なのだ!

そう、珠世さんは—————
死しても尚〝無惨〟を倒す手助けをしてくれる
超スーパーサブ的な役割を担っているのだ!?

しかも〝愈史郎〟もこのまま黙っちゃいない筈だし
禰豆子も炭治郎の元へと向かっている!?

この2人は—————
きっと必ず〝柱〟に合流してくるに違いない!?

2.の〝蛇柱〟の特殊能力発現に関しては————
「想定内」と言えばその通りなのだが・・・

この中での一番の目玉は—————
「赫刀」になる為の合理的な解釈が
しっかりと成された事だろう!

そのメカニズムを小芭内自身が体現したことで
「赫くなる」解釈のその「説得力」たるや
誰もが反論できないのである。

後・・・〝痣〟を発現したら
「死」に向かって行くという
〝暗黙のルール〟が存在するのが
この「鬼滅の刃」なのだが・・・・

これも1.の「珠世さんの研究」や「血清」によって
何らかの処置が施されるかも・・・・!?

という儚いが・・・明るい「希望」も見えて来るのだ!?

ということで!?

本当の意味で————
これからの「鬼殺隊」や
「鬼化」の未来を救ってくれるのは
〝珠世さん〟なのではないか!?

と、そう強く実感した今回の「鬼滅の刃」なのである!!!

 

 

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2020 All Rights Reserved.