最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第182話「激怒」感想!

投稿日:

鬼滅の刃【ネタバレ】182話

鬼殺隊隊士・竈門炭治郎は宿敵〝鬼舞辻無惨〟を前に
「厭悪」と共に「冷めた」気持ちになる。

と、突然〝無惨〟の両腕が鋭い触手へと変形する。

〝無惨〟の高速で繰り出される攻撃に
なすすべのない炭治郎と〝水柱〟冨岡義勇—————。
そんな中、炭治郎は右目を潰されてしまう!?

かたや〝鬼舞辻無惨〟は—————
部下の〝鳴女〟の「視覚情報」から
〝蛇柱〟と〝恋柱〟が死んだ事を知り、
喜々として
弱った炭治郎に「止め」を刺そうと迫る!?

が!?  間一髪!?
炭治郎の危機を救ったのは
乱入してきた
〝恋柱〟甘露寺蜜璃と〝蛇柱〟伊黒小芭内だった!?

〝鳴女〟の「視覚」を
珠世の仲間である〝愈史郎〟がコントロールして
「偽りの情報」を〝無惨〟に流していたのだ!?

「今からお前を地上に叩き出してやる!!」

愈史郎は———
〝無惨〟に珠世様を殺されたコトに怒り狂い
火山が噴火するかの如く
そう叫ぶのだった――――――!?

 

 

 

 

冷たい気持ち

(鬼殺隊隊士・竈門炭治郎は静かに思う――――)

生き物に対して
これ程
『冷たい気持ち』になったのは・・・

腹の底まで『厭悪』が
渦をまいたのは・・・

これが初めてだ————

 

〝鬼舞辻無惨〟!?

 

〝無惨〟は———
「頸」を斬っても倒せない・・・
何とか『太陽の下』へと
引きずり出さなければ。

〝お館様〟の指令通りに
みんなの到着を待ちながら・・・
『夜明け』までの
戦いの攻略法を探る・・・

そして
少しでも有益な
〝無惨〟の情報を引き出して
みんなに伝える

それまで生き残る・・・

そこからが
本当の戦いだ!?

 

―――――!?

 

〝無惨〟の両腕が
いきなり炭治郎の視界から消える!?

 

ヒォヒュン

 

それは―――
〝無惨〟が高速で腕を動かしたために
起こった現象だった!?

〝無惨〟の無数の見えない腕が
竈門炭治郎と〝水柱〟冨岡義勇へと
瞬時に放たれる!?

その〝無惨〟の両腕は———
何本も枝分かれした鋭い「刃」がついた
虫のような「触手」へと変化しているのだった――――――!?

 

 

 

 

何だ!?  この〝無惨〟の両腕の変わり様は!?

こんなにも気持ち悪くて禍々しい触手は
今迄に見たことない!?

そして思うに・・・やはり「作者」は———
〝鬼〟のデザインの一部に
「昆虫」を取り入れているのが今回の
〝無惨〟の「触手」からもよくわかる!?

そして・・・
炭治郎の心の中に初めて湧き上がる
どこまでも『厭悪』と『冷めた』しかない
その測り知れない気持ち・・・

そう————
〝鬼舞辻無惨〟は最早「生物」ですらない!?
タダの「悪」の塊なのだ!?

だから炭治郎よ・・・
心の命ずるままに
その本能の赴くままに、「悪」を打ち砕け!?

君なら絶対にできるはず!?

我々はそう信じて次へと突き進もう!!

 

 

 

 

抜けろ!?

〝凪〟 !!

義勇が技を連発して
〝無惨〟の高速攻撃を受ける!?

〝無惨〟の腕が・・・!?
刃物のような切れ味で自在に伸縮する!?

しかも速い!?
(義勇が焦る!?)

 

間合いがとんでもないぞ・・・!!
目で追えない!?
『感覚』だけで
何とか避けてる・・・!?

(炭治郎は焦り続けながら———
そのまま前へと突っ込む!?)

抜けろ!

抜けろ!!

抜けろ!!!

このまま攻撃を抜け続けろ!??

 

 

グン!!

 

炭治郎の「前方の視界」が一気に広がり
〝無惨〟の姿をシッカリと捉える!?

 

「抜けたァ!!」

 

ヒュカッ

 

炭治郎は————
鋭い「触手」を素早く避けて
〝無惨〟の懐に飛び込む!?

 

よし!
上手く避けた!!

これならいける!!

 

―――が!?

 

ぐらっ

 

(炭治郎の視界が瞬時に歪む!?)

 

ドッ!!

 

(床へと頽れる!)

 

その右目は潰され
鮮血が宙へと吹き出す!?

「あ・・・?  攻撃を喰らって・・・」
炭治郎の意識が一瞬飛ぶのだった――――――!?

 

 

 

 

げぇつ!? なんてこった!?  炭治郎の右目が潰された!?

間合いが無く隙も無い〝無惨〟の「高速攻撃」に
翻弄される義勇と炭治郎だったが・・・
突っ込んだ炭治郎が一気にダメージを喰らう!?

駄目だ!?
それにしても速過ぎるし強すぎる!!

この強さは二人の・・・
いや、読者の想像をとっくに遥かに超えている!?

その事をシッカリと肝に命じて————
心して「次章」へと読み進めて行こう。

 

 

 

 

足手纏いになるな!!

ヒュン

〝無惨〟は両手の「触手」を
「渦」の様に体の周りに回転させる!?

 

「間合いを詰めるな!!
無理に斬りこまなくていい!!」

 

〝水柱〟が炭治郎を抱え
移動しながら的確に「助言」する!?

 

「〝無惨〟の力は
〝上弦〟の比ではない!!」

 

義勇の行き場が自然と断たれる!?

 

「!?」

 

遮蔽物が全く無い!!

まずい!!

 

ガガガガ

 

そこに「触手」が
激しく追い打ちをかける!?

 

「時間稼ぎか・・・
それは『夜明け』までか?
光届かぬこの『城』の中・・・
〝柱〟3人だけで
それは可能なのか?」

 

「!?」
義勇と炭治郎は
その〝無惨〟の言葉に凍り付く!?

「縞の羽織りの〝柱〟と、
女の〝柱〟は
既に私の部下が殺したようだぞ?」

その〝無惨〟の瞳には———
部下の〝鳴女〟(なきめ)の
見たままのモノ・・・
その「視覚情報」が入って来る!?

その瞳に映るのは————

〝蛇柱〟伊黒小芭内と、
〝恋柱〟甘露寺蜜璃が・・・
血塗れで倒れている光景であった!?

 

ヒュガッ

 

〝無惨〟の激しい攻撃が
瞬時に二人を襲う!?

 

「炭治郎!!」
危うい炭治郎に〝水柱〟が叫ぶ!?

 

 

くっ・・・!?
足手纏いになるな!!
義勇さんの命まで危険にさらすな!!

 

(炭治郎は懸命に
飛んでくる攻撃を躱す!?)

 

片目を潰されたからって何だ!!
俺は〝匂い〟で物を見ているんだ!!

嗅げ!!

嗅ぎ分けろ!
透き通る世界を・・・

 

カハッ・・・!?
炭治郎は激しく息を吐く!?

 

駄目だ!?

攻撃が速すぎて嗅げない!?

息が続かない!!

 

ゴッ!!

 

!? 炭治郎は頭を「壁」に思いっきりぶつける!?

 

え・・・!?

壁ッ・・・!!

しまった!
周りが全然見えてなかっ・・・

 

「炭治郎――――――っ!!」
義勇が絶叫する!?

 

(〝無惨〟の鋭利な触手が炭治郎の顔に迫る!?)

 

そんっ・・・

な・・・

ああっ!!

駄目だ!!

避けれない!?

 

 

―――と!?

 

 

ド   ゴ   ン

 

 

「やめなさいよ———————!!」

 

 

〝無惨〟の背後の壁が壊れ・・・

〝恋柱〟甘露寺蜜璃が絶叫と共に
飛び出してくるのだった――――――!?

 

 

 

 

あまりにも激し過ぎる〝無惨〟の攻撃に
手も足も出ない義勇と炭治郎・・・
やはり義勇の言う通り―――
〝無惨〟の強さは
〝上弦〟を遥かに超えていたのだ!?

こんな相手にホントに勝てるのか??

かなりの不安が読者の胸をよぎる!?

 

そして・・・え! えぇ!? いったいどういう事??
炭治郎の危機に突然現れた〝恋柱〟と〝蛇柱〟!?

彼らは殺されたのでは――――??

その「謎」は次の章で明らかにされる筈!?

取り急ぎ「次章」へとページを繰ろう!?

 

 

 

 

激怒!?

 

「!?」

突然の〝恋柱〟の乱入に〝無惨〟がたじろぐ!?

甘露寺!?
生きている!!

義勇もその姿を見て呆然とする!?

 

恋の呼吸  陸ノ型   〝猫足恋風〟!!

 

その勢いのまま―――
〝恋柱〟が空中で「技」を繰り出す!?

 

「手応えあり!!」

甘露寺がタンと床に降り立つ!

 

 

が・・・・・・!?

 

 

〝無惨〟は微動だにしない!?

 

うわああ!? 無傷!!
これは未だ嘗てない衝撃!!

 

甘露寺は大きなショックを受ける!?

一方————

甘露寺と時を同じくして
その場に現れた
〝蛇柱〟伊黒小芭内は—————

炭治郎を抱え込み
〝無惨〟の攻撃から守っていた!?

 

「足手纏いの厄介者が・・・
お前はもう引っ込んでいろ。」

 

「伊黒さん・・・良かった・・・」
炭治郎から自然と涙が零れ落ちる。
「生きてる・・・
甘露寺さんも・・・!?」

「他人より自分の心配をしたらどうだ?」
〝蛇柱〟が答える。

 

何故・・・
殺したはずの此奴等が
此処にいる?

(〝無惨〟が訝る。)

どういうことだ・・・

「何をしている!? 〝鳴女〟(なきめ)!?」

〝無惨〟が絶叫する!?

 

べ  ん

 

――――その〝鳴女〟は・・・!?

座って琵琶を弾いているのだが・・・
その左右の「側頭部」には
〝愈史郎〟の両手の指が
深くめり込んでいた――――――!?

 

「何をしているかだって?」

〝鬼〟の目の〝愈史郎〟が呟く。

「操ってるんだよ
この女の『視覚』を———」

 

「〝無惨〟・・・
お前はこの世で
最も重い『罪』を犯した。」

〝愈史郎〟は語を継ぐ!

 

ガゴン

 

空間が徐にブレる!?

「俺から〝珠世様〟を奪ったこと・・・
後悔して跪け!!」

 

ゴン

 

(『城』全体が揺れている・・・
いや? 撓んでいる!?)
その場にいる炭治郎は肌で感じる!?

 

「今からお前を
地上へ叩き出してやる!!」

 

〝愈史郎〟は両目から
大粒の涙を流し————
「激怒」の叫びを上げるのであった——————!?

 

 

 

おぉ!? そういう事だったのか――――!?

何故2人の〝柱〟が
炭治郎を助けにこれたのかの「謎」が
仲間の「鬼」である〝愈史郎〟の登場で
一気に解決される!?

そう————
彼が〝鳴女〟の「視覚」を乗っ取て
「偽りの情報」を〝無惨〟へ流していたのだ!?

そして〝愈史郎〟の「思念」は凄まじく・・・
〝無惨〟の作った「無限城の空間」までをも
歪ませてしまうのだ!?

「気持ち」だけで
空間を動かすことができるなんて・・・
それだけ〝愈史郎〟の怒りが
頂点に達している証だろう!?
その激しい「演出」に————
作者の並々ならぬ手腕を
感じずにはいられないのである!?

 

 

 

 

鬼滅の刃182話の感想

今週の「鬼滅の刃」は————
〝鬼舞辻無惨〟との死闘が
凄まじい迫力でスピーディーに描かれる!?

 

そして今回のキイワードは「激怒」!?

 

炭治郎は———
一見冷静だが・・・
最初は「激怒」し、
それを通り越して「冷たさ」と「厭悪」が
腹の底に大きく広がる。
これは逆くに言えば
静かに冷たく「激怒」しているのである!

〝鬼舞辻無惨〟は
〝鳴女〟の失態に超「激怒」し————

そして愈史郎は・・・
「珠世」を殺されたことに
烈火の如く「激怒」するのである—————!?

そう、みんながみんな、
それぞれ・・・形は違えども
激しく「怒っている」のだ!!

今週はこのように
誰もが「怒り」に彩られた「回」なのである。

 

あと特筆すべきは————
〝鬼舞辻無惨〟の激怒だろう!?

今迄あれだけ人間離れした「カリスマ性」を放ち、
悪魔的で近寄りがたく
普通の人間の感情なんかとは無縁なのでは・・・
と思われた〝無惨〟が———

今回このように「激怒」するとは・・・!?

〝無惨〟は何て「人間臭い」のだろう!?

もしかすると・・・
炭治郎を始めとした「鬼殺隊」との戦いをい通じて
特に「復活」してさらに強くなってから・・・

その異様な外見に反して
心の内面は
どんどん「激しい感情」が芽生え————
「人間化」しているのでは・・・!?

今回のエピソードを読んで
そのように感じて仕方がないのである!?

そんな幾重もの「深読み」ができてしまうのが
この「鬼滅の刃」の魅力の一つでもあるのだ!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.