最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」感想!

更新日:

鬼滅の刃【ネタバレ】178話

(〝黒死牟〟こと継国巌勝の回想は続く―――――)

「縁壱」がいなくなってから————
十年余りの間
妻と子と長閑で退屈な日々を過ごすが・・・

その平穏も突然の〝鬼〟の襲撃で破られる!?
その時、巌勝の命を救ったのが
〝鬼狩り〟となった「縁壱」であった。

運命の「再会」を果たす2人。

その「縁壱」の圧倒的な「力」に魅了された巌勝は
妻子を捨てて〝鬼狩り〟となる道を選ぶ。

が!?  〝痣〟を発現させ、どれだけ頑張っても
「縁壱」には追いつけず、
〝痣者〟の宿命である「25歳までに死ぬ」という
切羽詰まった状況に追いやられる。

そんな時、鬼舞辻無惨が現れ・・・
「鬼」への誘いを受ける。
こうして〝黒死牟〟は生まれたのだった。

そんな〝黒死牟〟の前に
立ちふさがったのが「縁壱」だった。

その「縁壱」の変わらぬ「強さ」に
敗北を覚悟した瞬間、
「縁壱」の寿命は尽き、立ったまま「絶命」する。

そんな「縁壱」の懐から
幼い頃に与えた
手作りの「笛」が飛び出す。

〝黒死牟〟はそれを見て涙するのだった。

 

(―――そして今・・・
〝鬼殺隊〟に敗れ・・・倒れる〝黒死牟〟!!)

「塵」となって
空中に消え去る〝黒死牟〟の着物の中から
縁壱に与えた「笛」が
そっと顔を出しているのだった―――――。

 

 

 

穏やかな日々

倒れ行く意識の中・・・
上弦の壱〝黒死牟〟は
今は亡き「縁壱」に想いを馳せる―――――

 

父上が—————
いなくなった
縁壱を連れ戻す為、

寺へと使いをやるが
「縁壱」は其処へは来ておらず・・・
忽然と消息を絶ち
影も形も無くなった。

人攫いか
崖崩れか
熊に襲われたか・・・
ただ、計らずしも
私の「願い」は叶った。

 

それから十年余り――――

「平穏」な日々が続いた。

その間に
私は妻を娶り
子供にも恵まれた。

それは―――
どこか退屈な毎日だった。
年月の流れが非常に遅く感じた。

しかし———
野営していた所を〝鬼〟に襲われ

停滞していた
「刻(とき)」が動き出すのだった――――――。

 

 

 

〝黒死牟〟の深い「回想の世界」から始まる
今回の「鬼滅の刃」———。

縁壱が消えてからの
兄・巌勝の平穏だが退屈な日々が描かれる。

自分にとっては目の上の「瘤」で・・・
その尋常ならざる才能に
「嫉妬」と「憎悪」しか感じない弟が消え、

何もかもを手に入れ
長閑にやかに暮らす巌勝。

が、その穏やかな微笑が
どこか寂し気に感じられるのは
私だけではない筈———。

絶対今の生活に・・・
この笑顔の裏に・・・
なにか「物足りなさ」を感じているに違いない!!
――――そう確信した次第である。

 

 

 

 

邂逅

そこで————
私達は望まぬ「邂逅」を果たした。

〝鬼〟から私を救ったのは
「縁壱」だったのだ―――。

幼少の砌とは比べものにならない程
剣の技術は極められ
人外の者をも容易く倒す。

そんな「縁壱」を見た瞬間
私の「平穏」が破壊された。

私は再び「妬み」と「憎しみ」で
胃の腑を灼いた。

 

「申し訳ございません、兄上―――。」

 

「縁壱」は己の到着が遅れたために
私の配下が死んだことを詫びた。

縁壱は強く、
そして非の打ち所がない
人格者となっていた。

私はその「強さ」と「剣技」を
どうしても
我が力としたかった!!

そのために
家も
妻も子も捨て
「縁壱」と同じ
〝鬼狩り〟となる道を選んだ。

 

「縁壱」は誰にでも
剣技や呼吸を教える。

しかし誰一人として
「縁壱」と同じようにはできない。

縁壱は
それぞれの者が
「得意であること」や、
「できること」に合わせて
〝呼吸〟を変えて指導していた。

そうして〝日の呼吸〟の派生の呼吸が
次々と生まれ、できあがったのだ!!

〝痣者〟も増え
〝鬼狩り〟の戦力は高まっていく!!

暫くして————

私にも〝痣〟が発現した!?

それは「縁壱」にそっくりの〝痣〟であった——————!?

 

 

 

おぉ!!
兄弟の再会がこんなにも
劇的なモノだったことにまずは驚愕だ!!

しかし・・・目の前に現れた弟が
いとも簡単に〝鬼〟を倒すのを見た時の
巌勝の「衝撃」は
とんでもないモノだったろう!!

 

そしてなにより注目なのは————
成る程!!  そういう事だったのか!?

ここで〝日の呼吸〟の誕生や
どうやって〝他の呼吸〟が
発生したのかが明かされるのだ!?

〝日の呼吸〟は———
「縁壱」が生み出したものであった!!
そう! 〝呼吸〟の・・・〝鬼狩り〟の・・・
〝鬼殺隊〟の原点は「縁壱」だったのだ!?

そして・・・その「系譜」を継ぐのが
〝竈門炭治郎〟で————

ここにきて炭治郎の〝耳飾り〟や
炭治郎が視た数々の「幻影」の全てが
一気に 一つに結び付き・・・

これらのことが
如何に凄い「伏線」になっていたかが
改めて再認識させられるのである。

 

 

 

 

鬼舞辻無惨の誘惑

〝痣〟は寿命の「前借り」に過ぎず
〝痣〟の発現者は25歳までに死んでしまう。

全盛期はすぐに終わる―――

私にはもうこの先の「未来」が無い
「鍛錬」を重ねる時間も
もう残されてはいない・・・。

 

「ならば———
〝鬼〟になれば良いではないか。」

 

そんな時——
あの〝お方〟が現れて・・・
こう仰った————。

「鬼となれば・・・
『無限の刻(とき)』を
生きられる。」

(無惨は笑顔を浮かべる。)

「お前は『技』を極めたい。
私は『呼吸』とやらを
使える剣士を〝鬼〟にしてみたい。」

「どうだ?
お前は選ぶことができるのだ。
『他の剣士』とは違う。」

そう・・・
その時———
私が心底願い
欲していた「道」は拓かれた。

〝鬼〟となる事で・・・
人間を捨て去り
「新しい世界」へ行くことで・・・

私は全ての〝しがらみ〟から
解放される———!!

 

――――はずだったというのに・・・

 

――――「縁壱」・・・
お前はまたしても
私の前に現れ、
「理」さえ超越した存在であると
見せつけた上で・・・
「寿命」で死んで〈勝ち逃げ〉した—————。

〝黒死牟〟は———
目の前で「寿命」が尽き・・・
立ったまま「絶命」している
「縁壱」を見ながら思う。

誰も・・・
あの「お方」でも・・・
お前に勝つことはできなかった————

誰一人として
「縁壱」に傷をつけることすら
叶わなかった————。

だが・・・何故だ?

何故いつもお前は———
私に惨めな思いをさせるのだ?

ズバッ

一閃!?

〝黒死牟〟の鋭い「刃」が
躯となった「縁壱」の体を真一文字に
斬り裂くのだった――――!!

 

 

やはり・・・そういう事だったか・・・
ここで何故巌勝が
〝黒死牟〟へと変貌を遂げたのかの
「真実」が描かれる。

巌勝が
「妬み」と「絶望」の狭間で
苦しみ抜いている———
そんな絶妙なタイミングで
〝鬼舞辻無惨〟が現れ、
「悪魔の誘惑」をしたのだ・・・

これは・・・
心が揺れても何ら不思議ではない。

私が思うところ・・・
多分7割以上の人間が
この誘惑に負けるであろう・・・

これには何の根拠もないのだが・・・
「命」と「力」———
この両方がいとも簡単に手に入るのだ!
それくらい魅力的な提案なのである。

 

あと――――
こで一つの「疑問」が生まれる・・・
これだけ強かった「縁壱」から・・・
〝鬼舞辻無惨〟はどうやって
逃げきる事ができたのだろうか?

その「経緯」が気になるところだが
それは後々
作者が詳しく描いてくれるだろう。

 

 

 

〝黒死牟〟の涙・・・残された「笛」。

憎い

憎い!!

(「鬼」はヤケッパチになって———
死んでいる「縁壱」に「刀」を振るう!?)

 

―――と!!

 

斬り裂かれた「縁壱」の懐から
「巾着」が零れ出る———

それが〝黒死牟〟の目に映る!!

その破れた「巾着」から
飛び出した「木片」―――

それは―――
〝黒死牟〟こと継国巌勝が・・・
幼い頃に手作りして
弟に渡した「笛」であった————!?

 

 

———————————————
幼い「縁壱」が———
笛をくるんだ布を
愛おしそうに
笑顔で抱きしめる・・・

「頂いたこの『笛』を・・・
兄上と思って———」
そう言う「縁壱」の表情は
幸せに満ちているのだった。
———————————————

 

 

〝黒死牟〟の6つの瞳から
涙が溢れ出る―――。

 

もうやめろ!

私はお前が嫌いだ!!

お前の顔を見ただけで
吐き気がする。

お前の声を聞くだけで
腹が立ち
こめかみが軋む。

それなのに――――

何百年も生きていて―――――

鮮やかに記憶しているのは・・・

一番忘れたい
「縁壱」・・・
お前の顔————!?

父の顔も
母の顔も
妻の顔も
子供の顔も
思い出せない中で————

お前の顔だけが「鮮明」だ—————

〝唯一無二の太陽〟のように
お前の周囲にいる人間は皆・・・
お前に焦がれて手を伸ばし
もがき苦しむ以外に道はない。

そして————

こうやって―――――

敗れ———
〝消し炭〟になるまで—————

 

(〝黒死牟〟の体が
塵となり
少しづつ消え散る―――)

 

ああ・・・
何も・・・
何も手に入れることが
できなかった・・・

家を捨て
妻子を捨て
人間であることを捨て
子孫を切り捨て
侍であることも捨てたというのに

ここまでしても
駄目なのか?

「道を極めた者」が
行きつく場所は同じだと
お前は言った———

しかし私は辿りつけなかった・・・
お前と同じ「世界」を
見ることができなかった・・・

〝日の呼吸〟の型を知る剣士も
お前の死後、
あの方と私で
徹底して殺し尽くした。

それなのに何故———
お前の〝呼吸〟は残っている?

そして
何故私は何も残せない?
何故私は何者にもなれない?
何故私とお前はこれ程違う?

私は一体————
何の為に生まれて来たのだ?

教えてくれ―――――

縁壱————

そして————
〝黒死牟〟の体は
全て空中へと消え去り

その後に残ったのは—————
着物と・・・
その隙間から覗く――――

2つに割れた
「笛」だけであった———————。

 

 

〈「縁壱」の顔だけ鮮明に記憶している・・・〉

ああ・・・この言葉に全てが凝縮されている・・・

いくら「嫉妬」しようと
どれだけ「憎悪」しようと・・・
やはり何を於いても「縁壱」なのだ!!

〝黒死牟〟の「人生」を形作り、
〝黒死牟〟の全ての中心となる存在なのだ!!

だから————
「縁壱」が持っていた「笛」を見た瞬間に涙し、
自分が消えゆく瞬間まで
「縁壱」に問いかけるのだ!?

 

 

 

鬼滅の刃178話の感想

今週の「鬼滅の刃」は————
先週に引き続き、
〝黒死牟〟の「回想」と「消えゆく姿」が
儚くも哀しく描かれる。

そして、
なんといっても今回のポイントは—————
前回に引き続き
〝黒死牟〟の心の動きと
その〈心象風景〉の在り様だろう!

1.「縁壱」がいなくなった跡の
落ち着いて平和を取り戻した〈穏やかな心情〉————

2.「縁壱」との突然の「再会」と
その圧倒的な強さを前にしての衝撃による
「妬み」と「憎しみ」、強さへの「渇望」が入り混じる
〈限りなく「負」に近い心情〉————

3.〝鬼狩り〟となった後
いつまでたっても
弟に追いつけない「憤り」と寿命が迫る「焦り」の
〈怒りと哀しみの心情〉————

4.鬼舞辻無惨との邂逅と
「鬼」になる事で全てからの脱却を願った
〈今までにないポジティブな心情〉————

5.「縁壱」との対峙で・・・
やはり勝てないという「絶望感」と
勝てないまま「死なれた」悔しさの
〈自分の無力さによる虚脱感だけの心情〉————

6.〝鬼殺隊〟に倒され
今迄の全てを回想し
消えゆく前に
自分の存在理由を「縁壱」に問いかける
〈「諦め」と「諦観」の心情〉————

このように・・・
今回の「心の動き」は
前回以上に激しくなっているのだ!?

そう! 〝黒死牟〟は死ぬ前に
生涯全ての「心の動き」を思い出し
もう一度「体感」し直しているのである!!

 

そんな〝黒死牟〟の————
渦巻く〝いろんな心情〟を
全て吹っ飛ばすのが
最後に見える「笛」の存在だ!!

それは―――
弟への「愛」であり
今迄は「憎悪」と「嫉妬」の裏に隠れ、
非常に分かりずらかったが

巌勝が・・・純粋に弟を想い作った
心のこもった唯一の「物体」————

それがこの「笛」で
「縁壱」も
その愛に触れ
心を救われたから・・・

その時の兄の気持ちが
痛い程伝わったから・・・

いつまでもいつまでも
この「笛」を
肌身離さず
持ち続けていたに違いない!!

この「笛」が
〝黒死牟〟の・・・イヤ、
「巌勝」の〈真実の心の「象徴」〉として
しっかりと最後に
「この世」に残るのだ!?

それがこのエピソードに
そこはかとない「温かさ」を
添えていることに———

心からホッとしている私なのである。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.