無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第167話「願い」感想!」

更新日:

鬼滅の刃【ネタバレ】167話

上弦の壱〝黒死牟〟は「鬼の目玉の剣」を抜き
風柱・不死川実弥と本格的に対峙する。

2人の技と技がぶつかり合うが—————

黒死牟の全く先の読めない攻撃と
「鬼狩り」の呼吸を使う能力に押され・・・
風柱は瀕死の重傷を負い、傷つき血塗れになる。

が! 突然黒死牟の体に異変が起きる!?
足元がふらつき脈拍が上がったのだ。

実は風柱の血は————
鬼を酩酊させる力を持つ〝稀血〟であり
その血の匂いが
黒死牟の体に変化を起こさせたのだ!

「俺の血は・・・
〝稀血〟の中でもさらに希少な血だ!
存分に味わえ!!」
風柱は哄笑しながらそう叫ぶのであった————————!!

 

 

 

三日月の恐怖

目玉がついた〝鬼の刀〟—————
遂に自身の刀を抜き放った黒死牟は
風柱へと一気に襲いかかる!?

 

伍ノ型   〝 月 魄 災 渦 〟  !  !

 

夥しい「三日月」の〝波〟が波紋を広げながら
冷たい渦となって風柱へと乱れ飛ぶ!?

 

ドザザザ・・・・   間一髪! 実弥は後ろへと躱す。

 

「はッはアッ!
振り無しで斬撃を繰り出しやがる!」鬼狩りが驚く。

刹那————!!

実弥が黒死牟へと詰め寄る!?

 

風の呼吸   〝 晴  嵐  風  樹 〟  !  !

 

刃と刃が激突する!

「こいつ・・・やりおる・・・
肉体的にも〝技〟の全盛と見た・・・。」
黒死牟は肌で感じる。

 

(一方、風柱は戦いながらも思考し続けていた。)

 

 

———————————————————

こいつの技———
鳥肌が止まらねぇ!

一振りの斬撃の周りに
不規則で細かな刃が付いている・・・

それは————
常に長さや大きさが変化する
『定型』じゃ無い。

ヤツの攻撃の形は変則的で歪だ!

避けたつもりが
軌道が縦横無尽に細かく変わり
ありとあらゆるところから襲ってくる!

これは時透がやられる筈だ・・・!?

躱すには
長い経験で培われた
感覚が無けりゃ無理だ!

そして
恐るべきこの速さ!!

 

と!? 「ホオオオオオオオ・・・・」(鬼が大きく呼吸する。)

 

コイツ―———
『鬼狩り』の〝呼吸〟を使ってやがる・・・

再生力や
身体能力が異常に高い〝鬼〟が
俺達の〝呼吸〟を使い・・・
さらに速度と攻撃力を高めているとは・・・

———————————————————

 

 

「おもしれぇ・・・!!
こりゃおもしれぇぜ!!」

「こいつゃ殺しがいのある鬼だ!!!」

風柱・不死川実弥は興奮して
そう叫ぶのであった———————!!

 

 

 

目玉の刀を抜き〝真の力〟を発揮する黒死牟。

それにしても空中を舞う無数の「三日月」の
美しい事といったらどうだ!?

「強さ」と「美しさ」、
「芸術性」と「破壊力」の両方を併せ持つ
この技一つでも、今までの鬼達との格の違いを
まざまざと見せつけられる感じがするからもの凄い!

そして————
出ました!!  「鬼狩りの呼吸」!!?
黒死牟はもともと凄腕の『鬼殺の剣士』だっただけに
呼吸法を会得していても何ら不思議ではない!!

イヤ・・・絶対に高度な呼吸法を身に着けているのだ!?

「鬼の力」+「鬼狩りの力」
最恐、最高の2つの力を併せ持つ黒死牟―————
かつてこれ程の敵がいたであろうか?

これはヤバい・・・超やば過ぎる!?

一抹の不安を胸に次へと進もう。

 

 

 

互角の戦い・・・逆転?

風柱が空間を薙ぐ!

風の呼吸  弐ノ型——————

〝  爪 々・科 戸 風  〟 (そうそう・しなとかぜ)  ! !

 

〝爪の嵐〟が鬼を襲う!!

 

ギャゴ!

 

全ての攻撃を
黒死牟の「三日月」が相殺する!

刀を振りかぶり
風柱が大きく跳ぶ!!

 

ガキュ

 

黒死牟が目の前に迫る「刃」を
シッカリと受け止める。

瞬間!!

鋭い刀の切っ先が
下方から鬼のアゴへと放たれるのであった——————!!

 

 

 

強いぞ!!  風柱!!
強い黒死牟に引けを取らない一進一退の攻防が続く!!

それにしても「風」と「月」の戦いは・・・
超ビュジアル的で
「黄色い三日月」と「嵐の烈風」が
非常に「絵」になり、鮮やかな視覚効果が抜群である!

そんな中
いきなり風柱の「刃」が黒死牟のアゴを捉える!!

お!!  これは一発逆転か!?

もうページを繰る手が止まらない!!

 

 

 

 

鬼の高揚

黒死牟のアゴを狙った「刀」は————
実弥が戦闘中に右足で拾ったもので
鬼のアゴめがけて蹴り上げたのだった!!

それを余裕で躱す上弦の壱。

 

ガギギギギギ

 

そして
更に剣戟がぶつかり合う!?

(ほう・・・
私の「技」にまだついてくるか・・・
これは懐かしい感覚だ・・・
久々に高揚する・・・)鬼が昂る。

 

ガガガガガガ

 

2人の攻防は更に激しく続く。

実弥の目に大きな緊張が走る!
(こりゃ瞬きもできねぇ!!
ほんの少し・・・
〝切先の振り〟を
しくじっただけでも即死だ!!)

一方黒死牟も
その懐かしさの感覚を回想する。

「古くは・・・戦国の世だった・・・
私はこのように・・・
前に〝風の柱〟とも・・・
剣技を高め合った・・・。」

 

月の呼吸  陸ノ型————
〝 常 世 弧 月・ 無 間 〟 ! !

 

今迄の中でも最強で最恐の「三日月」達が
風柱の体を切り刻むのであった————————!!

 

 

 

流石!! 風柱のとっさの攻撃!? これで逆転か!
と思いきや・・・鬼にあっさりと躱されてしまう。
やはりこんな簡単な攻撃でやられる訳はないか。

そして—————
この激しい戦いの中で強く「高揚」していく黒死牟。
風柱のテンションもマックスになっているようで・・・

この2人くらいの強さまで行ってしまうと・・・
自分よりも強い相手に出会った時に
アドレナリン出まくりで—————
「ああ! 確かに俺は生きている!!」
と叫びたくなる心の昂りを感じるのだろう!

が、その一進一退を鬼の強烈な一撃がぶち破る!?
全身が傷付きボロボロの不死川実弥・・・
もはやここまでなのか・・・
いや、まだ何とかしてくれるはず!!

期待の「炎」を心に燃やし、最終章へ突き進もう!

 

 

 

勝機あり!?

フッ・・・フウッ・・・フウッ  フウッ。

血まみれの不死川実弥が肩で息をする・・・。

「ふむ・・・ここまで・・・随分と堪えたな・・・。」
鬼が静かに呟く。
「が・・・貴様はこれ以上動けば・・・臓物がまろび出る・・・。」

 

ド ク ン

 

黒死牟の顔に突然異変が起こる!?

(何だ・・・
脈拍が上がっている・・・)

 

ドクン  ドクン・・・

 

「フウ・・・フッ、フフフフ。」
風柱が不敵に嗤う。
「猫に木天蓼(またたび)、鬼には〝稀血〟・・・。」

 

ガキュイン!!  そして実弥は徐に刀を振るう!

 

トトッ・・・   受ける黒死牟の足元がふらつく!?

 

「オイオイどうしたァ?  千鳥足になってるぜぇ!」
風柱は更に攻撃を繰り出す!
「この血は上弦にも効くみてェだなァ!!」

「俺の『血の匂い』で鬼は酩酊する!
〝稀血〟の中でもさらに希少な血だぜ!
存分に味わえ!!」

不死川実弥は狂喜の表情を宿しながら
そう大きく叫ぶのであった————————!!

 

 

 

やったね!!  危機一髪!?
もうダメかと思った瞬間・・・黒死牟の体に異変が現れる!?
実弥は鬼を酩酊させる〝稀血〟の持ち主だったのだ!
その力が血塗れになって初めて発揮される!

しかし・・・「血の匂い」が鬼を酔わせるなんて・・・
此処にまで来て、まだいろんな仕掛けを用意している
この作者にはいつも驚かされるばかりだ!

確かに・・・弟の玄弥も
鬼を喰らって「力をもらう」という能力があるだけに
兄である実弥にも
何等かの「能力」が備わっていても
全くおかしくはない!
いや、玄弥よりも強い力を持っている筈だ!!

多分————
〝不死川の家系〟は
鬼と密接に関わってきたのだろう!!

そして—————

逆転への突破口をこじ開けた「風柱」の
次なる一手は如何に!?

が、それは来週のお話である—————!!

 

 

 

鬼滅の刃167話の感想

今週の「鬼滅の刃」は前回に引き続き
「黒死牟v.s.風柱」の激し過ぎる戦いが描かれる。

この2人のギリギリの「命のやり取り」の中で
お互いの心情が生き生きと描かれる。

命の危機を感じながらも
強い相手と戦い倒すことができるという
ワクワク感の方が勝り
狂喜の笑顔を見せる「風柱」。

そして久々に〝風の柱〟と戦い、
今迄眠っていた「闘志」と「懐かしさ」に火が付き、
懐かしさとテンションが上がる「黒死牟」。

こうして見ると
2人に共通している事柄としては——————

ストイックに
それぞれの「戦い」に
身を捧げた者同士であるといえよう。

そう、これは言い換えれば
それぞれの「生き方」の戦いでもあるのだ!!

 

さあ! 来週である。
風柱は〝稀血〟の力で黒死牟を倒すことができるのか?
かたや、黒死牟はもっと強い存在として描かれるのか?
そして、時透無一郎と不死川玄弥の命の行方は?

いつも心臓に悪いことこの上ないこの物語であるが・・・
ここまで来れば何が起こっても
「もう絶対に動じない!!」
そう心に誓い———————
今回の記事を終わる事にしよう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.