最新話のネタバレ・感想

鬼滅の刃【ネタバレ】第158話「破茶滅茶」感想!

更新日:

本記事は『鬼滅の刃』【最新話】158話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

これから「鬼滅の刃」のネタバレを含む内容をご紹介します。

ちなみに前話157話もまだ読んでいない場合はこちらで紹介しています。

鬼滅の刃【ネタバレ】第157話「舞い戻る魂」感想!

本記事は『鬼滅の刃』【最新話】157話のネタバレと感想をまとめた記事になります! ※ネタバレ注意です これから「鬼滅の刃 ...

▼U-NEXTの公式サイトへ▼

※U-NEXTは31日以内に解約すればお金は一切かかりません

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

鬼滅の刃【ネタバレ】158話

栗花落カナヲは——————
師であり同士であり家族でもある「胡蝶しのぶ」を、
鬼殺隊の仲間を、そして罪もない人々を殺された・・・・
その〝憎しみ〟だけで、童磨の恐怖と攻撃に耐えていた。

必死で反撃するカナヲ。

カナヲの「目」に〝特殊な能力〟がある事を看過した童磨は、
距離を取りながら目を狙って来る・・・!!

と、突然刀を奪われるカナヲ!

童磨は一気に距離を詰めてカナヲの太刀を奪い、
さらには〝霧状の広範囲の氷攻撃〟で、
カナヲを一気に仕留めにかかるのであった!!

この最大の危機に—————
「もうダメか・・・・!?」と
覚悟したカナヲだったが・・・

その瞬間——————

天井が激しく壊され、
イノシシの仮面の男・・・〝嘴平伊之助〟が、
カナヲへの攻撃を吹き飛ばして、

「勝負、勝負ゥ!!」と
叫びながら〝乱入〟して来るのであった—————————!?

 

 

 

カナヲの憎悪

鳥肌が止まらない・・・・
指先にまで力を込めていなければ
すぐに体が震え出す・・・

(カナヲは童磨を前に心底そう体感する。)

コイツに比べたら・・・
今まで倒してきた鬼は〝赤子〟だ・・・・。

でも―————
この〝激しい怒り〟で・・・何とか立っていられる。

体が燃えるように熱い!

喉の奥がグツグツと煮え滾る。
絶叫したいくらい不快で堪らない・・・・。

(カナヲは思考し続ける―—————。)

暴れ回らなきゃ
体がバラバラになってしまいそう―—————

生まれて初めてのこの感覚に眩暈がする。
〝怒り〟を通り越して—————

これは〝憎悪〟だ!!

 

―———憎い!!

 

よくも殺したな!!   私の肉親を!!

 

ド ン !

 

花の呼吸  伍ノ型   〝 徒 の 芍 薬 〟 ! !

 

カナヲは激しい連撃を繰り出すのであった————————!!

 

 

カナヲの憎悪に炎が灯る・・・イヤ、憎悪が激しく燃え盛る!!
しかし、ここまで人に・・・憎悪を起こさせしまう童磨って・・・・、
なんて「邪悪な存在」なんだろう?

しかも限界に近いカナヲを
ここまで奮い立たせる〝憎悪〟って・・・・
誰もが全く想像できないくらいの〝憎しみ〟であるに違いない!

勝て!  カナヲ!!

君が倒れる前に・・・・
その力を
その憎しみを
邪悪な「童磨」に全てぶつけろ!!

それしか君の心を静める方法は無いのだから―——————。

 

 

 

童磨の笑顔:カナヲの能力

「七・・・八・・・九連撃!」
笑顔の童磨はカナヲの連撃をサラリと受ける。
「いいねぇ。綺麗だねぇ。 じゃあ俺も!」

 

血気術    〝 枯 園 垂 り 〟 ! !

 

童磨は扇子を縦横無尽に振る。

 

弐ノ型    〝  御  影  梅  〟 ! !

 

 

カナヲが童磨の技を全て防いで反撃する!!

 

(この時、童磨はハッキリ理解した。)

なるほど・・・目だな!
この娘は目が〝特殊〟なんだねぇ・・・。

今の連撃を
全てギリギリで受け流して凌いだ・・・

俺の肩・視線・つま先・肘・膝・・・
注意深く見て「僅かな傾き」で
次の動作を予測する・・・・

小賢しいうえに
並の剣士ができることじゃないよ。

(童磨の扇子がいきなりカナヲの目に走る!?)

「とりあえず目を潰しとこう!」

カナヲが上半身を反らして紙一重で躱し————————
その勢いのまま反撃する!

 

陸ノ型   〝  渦  桃  〟  !  !

 

「凄く鍛えられた体幹だね! まるでバネみたいだ!」
童磨が感心しつつ真っ向から迎え撃つ。

 

血気術    〝 凍 て 曇 〟 ! !

 

ブワッと大きな「氷煙」が舞い襲う!?

 

ダン!!

 

目を閉じ
口を押えて
(カナヲは後ろへ飛びのく!)

危ない!!
目を閉じなければ
眼球が凍っていた・・・・!!

「待て待て————!」

童磨が笑顔で追い打ちをかける!

 

血気術     〝 蔓 蓮 華 〟 ! !

 

「氷の蓮華の花」がカナヲ襲う!

 

ギャギギギ   (カナヲは太刀を振って粉砕する!)

 

「じゃ次いくよ―————!」
童磨はこの状況を楽しんでいるかの如く技を繰り出す。

 

〝  寒 烈 の 白 姫  〟  !  !  !

 

童磨の前の2つの「氷の花」の中から
2人の女神が現れ———————

 

フウウウウウ

 

と、息を吹きかける!??

 

ズアアアアアアアア

 

カナヲの周りの空間という空間が
一気に凍りついていく!?

(カナヲは急ぎ後退する。)

なんて広範囲の技なの・・・
これじゃ近づけない・・・・!!

―——————と!?

 

〝  冬  ざ  れ  氷  柱  〟  !  !

 

カナヲの頭上に巨大な〝氷柱〟が無数に出現する!?

 

「!!」  ドッドドドドドドドドド!!

 

全ての〝氷柱〟がカナヲへ降り注ぐ!!

「うっ・・・・!!」
カナヲは離れながら間一髪躱す。

「お―——い、どんどん離れていってるよ。」
童磨は〝楽し気〟だ。
「近づかなきゃ俺の頸は斬れないでしょう!」

フッ

カナヲの視界から童磨が無くなる・・・・

「消えっ・・・」
カナヲが狼狽える!

!??

と! カナヲの手にあった刀が・・・・
突然消えてなくなっているのであった——————————!??

 

 

 

いつでも、どこでも、あくまで笑顔の鬼〝童磨〟・・・。
ここまで笑顔をふりまかれると、
爽やかさや明るさを通り越して・・・・
もう不快と気味悪さしか感じなくなる。

その笑顔が無邪気な「邪悪の源」・・・・、
バットマンでいう「ジョーカー」のようなもの。
吐き気を催す〝悪〟そのものでしかあり得ないのだ。

あの微笑みに騙されるな!!
童磨こそサイコパスの象徴であり、
この世で最も忌み嫌われる存在なのだから!!

 

そして、ここで注目する事は・・・・
カナヲの能力が判明することだ!
彼女には「特殊な目の能力」があったのだ!!

この細かいことを視通す目と、優れた洞察力で
童磨の動きを「先読み」し、攻撃をかわしていたのだ!!

これは炭治郎の〝嗅覚〟に匹敵するもので、
こんな素晴らしい能力を持っているカナヲも凄いが・・・

それを一瞬で見抜き、
目を潰そうと即座に反応する童磨もやはり凄過ぎる!!

しかも観察・先読みされないように
キッチリと遠くへ追いやっているではないか!?
これが〝上弦の弐〟の怖すぎる力なのか!?

そしてカナヲの手から―———
突然刀が消え去る・・・・!??
これは一体・・・・??

もう続きを読むっきゃない・・・・・!!

 

 

 

童磨の笑顔:奪われた刀・・・・・

ドツ

カナヲが驚愕に目を瞠る!?

「ほらぁ・・・。」
童磨が笑顔を向ける。
「しっかり持ってないからとられちゃった。」

不敵に微笑む童磨の手には・・・・
カナヲの太刀がしっかりと握りしめられていた―—————————!?

「はい、じゃあこれ・・・ここに刺しとくよ。」
童磨は刀を床に突きさす。
「早くここまで取りにおいで!」

童磨はもっと大きな笑顔でそう言いながら左手で扇を振り上げる!

 

血気術   〝  散  り  蓮  華  〟  !  !  !

 

空気中に現れた夥しい無数の〝氷の花びら〟が
「吹雪」のようにカナヲに向かって舞い踊る!?

なにこれ?
大量の刃?
それとも凍る血気術?

(カナヲは必死に目を瞠る!)

よく見て
よく見て判断して———————
見極めて
正確に最小限の所を

見極め・・・・・

 

ビ チ !?

 

(カナヲの周りが一気に凍り始め、
その顔に無数の切り傷が走る!!)

―————が!?

 

メッ!

 

―————その時
突然、天井に大きな亀裂が走るのであった————————!!

 

 

 

ここまで頑張ったカナヲであったが、
やはり〝上弦の弐・童磨〟は強過ぎる!?

カナヲの刀を奪い、
一気に〝止め〟を刺しにくるのだ!!

この一瞬の出来事に
読者は愕然とし・・・・
〝上弦の鬼〟の強さを改めて思い知らされる!

「なんてこった! 童磨はこんなにも強いのか?
このままじゃ・・・・カナヲは??」

カナヲを避けようがない〝最大の危機〟が襲う!?

その時、天井に大きな亀裂が??

いったい何が起こったのだろうか?

さあさあ、立ち止まらないで次へ進もう!!

 

 

 

伊之助乱入

「どぉありゃアアア!!!」

天井が激しく破壊される!?

「天空より出でし〝伊之助様〟のお通りじゃあアアア!!」

そこから絶叫しながらおもむろに飛び出してきた人影—————————

それは相変わらずハチャメチャな
イノシシ男〝嘴平伊之助〟其の人であった—————————————!!

 

「!?」

 

(突然の事にカナヲは唖然とする。)

 

獣の呼吸   伍ノ牙    〝 狂 い 咲 き 〟 ! !

 

あくまで自己流だが激しい伊之助の剣舞が乱れ飛ぶ!!

その伊之助の「剣風」が―————
カナヲに降りかかる「氷」を全て消し飛ばす!!

「ドンピシャじゃねえか、鴉の道案内はよォ!!」

 

「勝負 勝負ゥ!!」

 

伊之助はウヒャウヒャと不敵に笑いながら
そう叫び続けるのであった———————————!!

 

 

 

出たァ―————!!
ここで野生児・伊之助の登場だぁ~~~!!

いや~~
先週までの猗窩座編、それに続く童磨編の激し過ぎる展開に・・・・
正直・・・彼の存在をすっかり忘れてしまっていた!!

ここ数週間、伊之助の描写がなかったのは・・・・
このタイミングで登場する「意外性の効果」を―———————
かなりの前から狙っていたに違いない!!

作者のこの「見事な手腕」にはホント脱帽するしかない。

そんな作者の思惑に
我々読者はまんまと引っ掛かっり、
この伊之助の「突然の乱入」に、恐れ入るのである!

そして、この劇的な展開に
次週を期待せずにはいられないのだ!!

 

 

鬼滅の刃158話の感想

今回の「鬼滅の刃」は——————
〝カナヲと童磨の死闘〟が詳細に描かれる。

今までの鬼とは違い、強大過ぎる敵〝上弦の弐・童磨〟・・・。

カナヲは——————
その「恐怖」と「力の差」に愕然としながらも・・・・
しのぶを、仲間を、罪もない人々を殺された憎しみ・・・
〝憎悪〟のみで戦い続けるのである。

こんなにも誠実な少女に「過酷な戦い」を強いる童磨に、
しかも・・・いつも半笑いのこの鬼に、
読者の「怒りと哀しみ」も頂点へと到達する。

そう・・・カナヲの「憎悪」と、読者の「怒り」が、
ここにきて〝シンクロ〟するのである。

が・・・そんな想いもむなしく・・・
カナヲはあっさりと窮地に・・・死の淵へと立たされる。

ホントなんなんだ? 上弦の弐の鬼の強さって?

上弦の弐以上の鬼達には、
一体どれだけの「力」のレベル設定がされているのか・・・
是非とも作者に訊いてみたい限りである。

が・・・ただ一つ言えるのは・・・
童磨がここまで強いのであれば
〝上弦の壱・黒死牟〟は・・・
「ほとんど超絶に近い〝強さ〟に違いない!」ということ。

これは・・・・これから先が不安で堪らない・・・。

 

 

さあ! 来週である!

孤高の破茶滅茶戦士・伊之助の登場により
カナヲをは危機を脱し、童磨に一矢報いるはずである!

そして伊之助が全てをひっくり返して
この状況を何とかしてくれるはずでもある!

それはなぜって?

それはこの「鬼滅の刃」の数多い登場人物の中でも————————―
その〝屈指の個性〟と、凄すぎる〝身体能力〟を
兼ね備えたキャラクターは「伊之助」しかいないからだ!!

そうなのだ!!
この意外性ナンバー1の「伊之助」だからこそ、
何かやってくれるに違いない!!
イヤ、伊之助だからこそ必ずヤッテくれるはずだ!!

我々読者は強くそう信じて———————
いやいや・・・強く「確信」して、来週を待とうではないか!!

 

伊之助ほど〝未知の可能性と未来〟を体現する人物はいないのだから!!!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.