最新話のネタバレ・感想

彼女、お借りします【最新話】99話のネタバレと感想!

更新日:

2019年7月17日発売日の週刊少年マガジン2019年33号で「彼女、お借りします」の99話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事は彼女、お借りします【最新話】99話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

彼女、お借りします【最新話】99話「彼女と彼女にできること」ネタバレ

人に頼ることも大事

和也の話に 一緒に涙してくれた墨ちゃん。
二人は 泣き終わり 駅へ向かいました。

改札のところで 墨ちゃんはペコリと頭を下げます。
「じゃあ これで」という意味と わかった和也は

「あ うん 墨ちゃん 今日はありがとう
人に話すと こんなに楽になるなんて 知らなかったよ」

和也は 墨ちゃんに感謝。

「まじ 最高の”おもてなし” だったよ」

墨ちゃんも 和也の言葉に 感激して胸がジーン。

内心ガッツポーズをして 和也に笑顔。
「またね」

墨ちゃんは手を振って 改札の向こうに。

『さて 俺も頑張らないと・・・』
墨ちゃんのおかげで 元気になった和也です。

その時向こうのビルの 看板が視界に入りました。

【カメラを借りるな! 日本中で大反響】

今日のことで 人に頼ることも大事と 悟った和也。

『そうか これなら できるかもしれない!
水原のために 俺ができること・・・!!』

何か思いついた和也は 走り出しました。

千鶴の方は・・・

場面は変わって 千鶴の祖母の病院。

「私もうスクール行かなきゃ 欲しいものあったらLINEして
ちゃんと 安静にしてなきゃダメよ」

「ありがとう 看護師さん」

祖母は淡々と千鶴に答えました。

「・・・もう・・・」
千鶴はスクールへ向かいました。

千鶴が通うアクターズスクールは 現在65人在籍。
その中で 事務所に入れるのは 年間1〜2人。

仕事があるのは その中の数%。
狭き門です。

「千鶴ちゃん みんなでご飯に・・・」
滝くんが 千鶴に声をかけてきました。

「ごめん この後 舞台の稽古があるから ごめんね」
「あ ううん」

千鶴は スクールでレッスン後も 忙しそうです。

「すごいね ちーちゃん。週2でオーディション受けてるって
おばあちゃんの病院も毎日で 事務所のスクールも全部行ってるって」

他のレッスン生たちが 千鶴の帰った後に 話しているのを
滝くんは 黙って聞いていました・・・。

千鶴はコンビニへ。

週末はスクールの月謝24000円の支払いがある・・・
財布の中身を見て ここはエネルギー補給ゼリーを買うことに。

劇団まねきねこ の稽古場へ向かいました。

劇団は 勉強になるけれど
・実力
・強運
・機会(タイミング)

全てが揃わないと 目に留めてもらえない
こんな厳しい 現実を 千鶴は身にしみていました。

千鶴は 稽古後→大学→レンカノの仕事へ。

「ごめん 待った?」
いつものように レンカノの仕事をスタート。

”レンタル彼女”はすごく良い 時給がいいし
指名制で働く時間も 選べるから
空いた時間は自分のために使えるし 演技の勉強にもなる

レンカノの仕事の後 千鶴は祖母の病院へ。

「おばあちゃん 頼まれてたお茶買っ・・・」

千鶴は祖母が寝ていたので 話すのもやめました。

そばには病院の食事が ほとんど手つかずのまま。
医師から「最近はかなり食が細くなって・・・」

千鶴は アパートに帰ることにしました。

『はじめから半分は わかっていた・・・
おばあちゃんの病名を聞いた時から
映画になんて 簡単に出られるもんじゃないって
きっと 間に合わない・・・』

千鶴は考えながら アパートまでの道を歩いていました。

『だからこそ 後悔のないようにやってきた
おばあちゃんの命に 1ミリの未練を残さないように』

アパートに着いた千鶴は 部屋に入りました。

その時スマホにLINEの通知が。

開くと「映画”恋キュン”オーディション」。

春に受けた 映画のオーディションの連絡でした。

『きっと公開には 間に合わない・・
でも 合格した って報告だけでも・・・!』

通知を開くと
「映画”恋キュン”オーディションの件
不合格だった 次頑張ろう」

「了解です 次頑張ります」と返信しました。

「・・・またダメだった
あと私に・・・何ができる!?・・・おじいちゃん・・・」

電気をつけず 千鶴は祖父の写真立てを持ち 涙しました・・。

千鶴と祖父母

場面は変わって6年前。

一ノ瀬小百合(祖母)当時70歳。
一ノ瀬勝人(祖父)当時73歳。

「両親がいないことを バカにされケンカになった!?
そういう時は言ってやれ! お前たちの親父より
はるかにピンピンしている祖父がいると よいかちづる!」

祖父は家の居間で ちづると話していました。

「”想い”は必ず 届く!」

祖父が熱弁振るうも

「ふーん・・」アイスを食べながら 興味のなさそうなちづる。

当時中学1年でした。

彼女、お借りします【最新話】99話「彼女と彼女にできること」の感想

これで墨ちゃんのおもてなし終了。
和也は吹っ切れて 何かひらめいた様子でしたね。

今回は後半が 千鶴メインの回でした。
なかなか努力が 報われない厳しい世界で 頑張っていますよね。

次回は100回記念ということで
千鶴の過去の話を含めて 2話掲載だとか。

ボリュームたっぷりの 次回も楽しみですね!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.