無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

火ノ丸相撲【最新話】245話のネタバレ!「鬼丸国綱と冴ノ山紀洋」感想!

更新日:

前回までのあらすじ

草薙の必殺の型である右上手を振りほどき、大和国の目をもってしても負えないほどの速さで襲ってきます。

 

草薙は一瞬勝利をあきらめてしまいますが、取り組み直前の鬼丸の激励や国宝世代たちからの望みを団体戦のように託されたことを思い出していました。

 

そして大和国の横綱相撲とは程遠い悪あがきを見せ”河津がけ”を出します。

 

誰もが刃皇が勝利をして優勝を疑いませんでしたが、再出場していた大関の童子切が物言いをつけました。

 

協議に参加できるのは審判委員のみですが控え力士にも物言いをつける権利はありました。

 

そして軍配差し違えで刃皇は屈辱の2敗目を喫することとなりました。

 

優勝決定戦の開催が決まり、今場所は4人であるためくじ引きによってトーナメントが組まれました。

 

その結果は鬼丸と冴ノ山、刃皇と大包平という柴木山部屋、朝陽川部屋の同室同士の戦いが組まれました。

火ノ丸相撲【最新話】245話「鬼丸国綱と冴ノ山紀洋」ネタバレ!

大相撲の力士たちは全員が相撲部屋に所属をして、親方とおかみさんや兄弟弟子たちと一つ屋根の下で寝食を共にしています。

 

下の者は上の者の世話をしてその逆に上の者は下の者に稽古で胸を貸しています。

 

強くつながっている同部屋同士が本場所で組まれることはないが、唯一優勝決定戦のみでは取り組みが組まれます。

 

まずは朝陽川部屋の大包平と横綱の刃皇の取り組みが始まりました。

 

大包平は朝陽川部屋で誰よりも横綱と相撲を取ってきた国宝世代でした。

 

しかしそれでもまだ知らない一面を刃皇は持っており、横綱のおかげで強くなれたのにその横綱に何にも返せていないため辞めてもらっては困るのでした。

 

刃皇は心の中では大包平を認めており、大包平が入門してから稽古後の機嫌が良かったことに夫人は気づいていました。

 

一気に押し込もうとした大包平を櫓投げで刃皇が振り払って優勝決定戦の決勝へと駒を進めていきました。

 

そして鬼丸と冴ノ山の勝者が史上最強の横綱と優勝を賭けて戦う権利をつかみ取ることができます。

 

柴木山部屋の各々は同部屋である彼らの応援を渋っていました。

 

しかし寺原は大関昇進もかかっている冴ノ山を応援していました。

 

大関は三役の地位で直近の3場所に置いて33勝を納めなければありませんがそれは目安でした。

 

彼は今場所を含めて32勝でしたが刃皇に勝って優勝となれば十分昇進はありました。

 

なかなか上位に定着できませんでしたが、部屋頭として毎日泥で真っ黒になるまで後輩の稽古に付き合ってくれていました。

 

鬼丸は強く、まだ若いためチャンスがあるため今回は勝利を譲ってほしかったのです。

 

そこに幕下で優勝をした白狼がやってきて、勝利は譲るのもではなくもぎ取るものと言いました。

 

鬼丸は確かに強かったですがこれまで平坦な道を歩いてきたわけではありませんでした。

 

土俵の上では向かい合ったら力士同士で強い方が勝つのでした。

 

鬼丸は心の中で横綱に土をつけてくれた冴ノ山に感謝をしていました。

 

大相撲の厳しさと優しさを教えてくれた人だからこそ手心を加えるような真似はあってはならないと誓っていました。

 

みんなが見てる前で柴木山部屋の力士として恥ずかしくない相撲を取るだけでした。

 

そして取り組みが始まり、鬼丸の強烈な出足を張り差ししによって受け止めました。

 

稽古場で数え切れないほどぶつかってきたため手の内のみではなく敬愛の念を振り払うかのように鬼気迫る表情となっていました。

 

互いの成功を願いつつもその相手を今は踏み越えていかなければならないのが頂きを目指すと言うことでした。

 

刃皇に向ってくるのはこの試練を乗り越えて勝ち上がり覚悟を持った最強の挑戦者でありました。

火ノ丸相撲【最新話】245話感想!

 

いよいよこの場所の全てを決める優勝決定戦が開幕しました。

 

大包平と刃皇は草薙への敗北によって自分への甘さの一切を断ち切った刃皇が圧倒的な強さで勝利をしました。

 

次の取り組みでは互いに認め合い、成功を願っている柴木山部屋の二人の取り組みでありました。

 

優勝決定戦で共に戦うという約束が果たされている瞬間でもありました。

 

手の内を知り尽くしている二人の取り組みとなりましたが一体どちらが想像を上回る力を発揮して勝利をするのでしょうか!?

 

今場所で引退を宣言している史上最強の横綱と戦うことができるのはどちらか一人しかいません。

 

冴ノ山は今場所ですでに横綱から勝利をしています。

 

今場所で敗れている鬼丸は冴ノ山から勝利をして横綱へのリベンジを果たすことができるのでしょうか!?

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.