無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

火ノ丸相撲【最新話】243話のネタバレ!「土俵の上に人間は」感想!

更新日:

前回までのあらすじ

鬼丸は千秋楽でかつての仲間であった部長の小関から勝利をつかみ取り、2敗を守り千秋楽を終え優勝決定戦の行く末を待つこととなりました。

 

強くなって土俵の上でまた再会できたことを二人は嬉しく思っていましたが、勝負のためどちらかが敗れなければいけませんでした。

 

幕内に上がってきてからもなかなか成績が伸びなかった小関にとってここまで優勝決定戦に名を残したのは努力の証と言えました。

 

そして1敗でありこの場所で優勝をしたら引退を決めていた横綱の刃皇の取り組みの時間となりました。刃皇が千秋楽で勝てば優勝が決まり、優勝決定戦もなくなってしまいます。

 

そんな大一番での相手はここまで8敗で負け越していて今場所は伸び悩んでいる大関の草薙との一番となりました。

 

火ノ丸相撲【最新話】243話「土俵の上に人間は」ネタバレ!

40代木村庄之助が取り組み後のインタビューに答えていました。

 

庄之助の名前は行司の最高位であり東の正横綱でした。

 

場所では結びの一番のみを裁き、責任ある大役のため腰に短刀を差して軍配を振るいます。

 

その短刀は軍配を差し違えたときに切腹をするという昔からの名残でした。

 

今では切腹は許されませんがその取り組みはそれほどの覚悟で臨んでいました。

 

それほどの責任と重圧を染みついた一番となったのでした。

 

会場は草薙への声援や檄の一色で異様な雰囲気が漂っていました。

 

9月場所で2敗の力士は鬼丸を入れて三人でした。連敗をしましたが14日目に三日月に勝利をした大包平、そして冴ノ山でした。

 

もし刃皇が敗れればこの四人での優勝決定戦となります。

 

刃皇が優勝すると45回目の優勝となるのでした。そして引退となり現役最後の取り組みとなるのです。

 

気分にはムラのある刃皇でしたがその時はかつてない程この取り組みに集中していたのを感じていました。

 

木村庄之助は横綱の最後の土俵の勝利を確信したときに腰の短刀に左手が触れていました。

 

なぜなら草薙は刃皇に11連敗中であり、大関に昇進してから初の負け越しとなっていました。

 

しかしその時は刃皇は神の依り代となっていて、草薙は人ならざる気配を漂わせており土俵の上の人は木村庄之助のみと感じていました。

 

全てを見透かす目つきは体力や気力が十分であった全盛期の大和国を彷彿とさせていました。

 

彼は6日目の鬼丸への敗戦で完全に迷いが消え、大和国になるために傍目には分からない微調整を繰り返して負け越してはしまいましたが千秋楽に辿り着いていました。

 

そして刃皇への勝ち筋も見透かしていたのです。

 

もし全盛期の大和国が万全な状態で刃皇と向かい合ったら勝てたかもしれません。

 

いよいよ全ての結果を占う大一番が始まりました。

 

勝ち筋の見えている草薙が右上手を引きました。

 

刃皇は心のどこかで千秋楽に敗れてまだ相撲を取りたいと思っていたのかもしれません。

 

しかしそれは自分の愛を疑うこととなるためそう考えてはいませんでした。

 

その取り組みの瞬間は間違いなく全盛期の大和国よりも刃皇の方が強かったと思い返していました。

 

ですが勝負というものは面白く、強い方が必ずしも勝つとは限らないという言葉を残していました。

火ノ丸相撲【最新話】243話「土俵の上に人間は」感想!

いよいよ千秋楽の大一番が始まりました。

 

これまでの成績や調子を考えたら、あっという間に刃皇が勝つと誰もが思っていましたが覚悟を決めて微調整を繰り返して辿り着くことができました。

 

神の依り代であると言われている刃皇と全盛期の大和国を彷彿とさせている草薙はどちらが勝利をするのでしょうか?

 

そして取り組みの振り返りで冴ノ山が2敗を守りましたが、大包平は連敗をしていて優勝争いから一歩後退していました。

 

刃皇が敗れることが優勝決定戦の開催の最低条件となっていたのです。

 

木村庄之助が最後に語った勝負は必ずしも強い方が勝つとは限らないという言葉はいったいこの取り組みのどのような結果を表しているのでしょうか!?

 

相撲は心の状態が勝敗に大きく左右するため、この取り組みで負けても良いという思いがあればそこに刃皇の隙が生まれるかもしれません!

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.