最新話のネタバレ・感想

はじめの一歩【最新話】1272話のネタバレと感想!

更新日:

2019年8月21日発売日の週刊少年マガジン2019年38号ではじめの一歩の1272話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事ははじめの一歩【最新話】1272話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

はじめの一歩【最新話】1271話 あらすじ

一歩はナンバリングシステムを考案し、弟子達に教えていた一方で千堂の行くえが気になっていた。

そして、昔にメキシコへいくといっていた千堂の姿があった。

はじめの一歩【最新話】1272話ネタバレ

千堂の祖父は先生と千堂にお茶を勧めるも、千堂は一人遠くを見つめていました。

すると来はったといい先生が何がと質問すると大勢の黒いTシャツを着た集団がこちらに近づいていた。

集団を見て手を鳴らすとこのあたりは物騒だからなと先生にいうもダメだといわれていた。

目の前まで来ると用意はいいなといい手を握り締めると、先生は止めに入ろうとする。

ところが集団は千堂に襲い掛からずに家の周りの警備を始めました。

大きな荷物を持った星が現れこれでいいですかと千堂にいう。

良くやったと褒めると、千堂は物騒だから女性二人を置いてはいけないといい悪童達に警備を頼んでいました。

しかし祖父は悪童らを邪険に扱い先生は何しにきたのか分からなくなってしまい東京に戻ろうかと悩みだす。

先生の様子を見た千堂は機嫌を損ねないうちに悪童達を解散させると、先生は胸の内であの千堂がまるで英雄のような人に・・と思っていた。

そして先生は、千堂に出発は何時からなのと聞くと今からだといい家に駆けこみ手荷物一つで旅立とうとします。

心配な先生は、言葉はどうするのや今から一人で行く気なのと千堂に質問する。

何とかなるというと一緒に行く星が英語を少し話していて飛行機の手配もしているというと頼りになるなと星を褒める。

遂に二人で行ってしまった二人を意外な表情をしていました。

鴨川ジムに飯村記者が訪れていて千堂がメキシコに行った話をしていました。

彼は何しにいったのかと一歩に聞くとアルフレド・ゴンザレスに会いにいったという。

正式に会うことができなく、更にメリットの無い試合は受けなくなりましたが千堂は諦めていませんでした。

どうやって出会うのだろうと一歩は不思議に思いつつも千堂らはメキシコに到着していました。

はじめの一歩【最新話】1272話のネタバレ感想

正直、千堂が羨ましいと思ってしまいましたが依然とは違う姿を見せた千堂でした。

一歩ずつではあるものの先生との関係が進んでいるようでした。

行き当たりばったりでメキシコに着けるのは凄いですけどもどうやってゴンザレスに会いに行くのか気になります。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.