無料でマンガを読む方法や最新話のネタバレ・感想を紹介しています。

無料マンガ別冊GEKIコミック

最新話のネタバレ・感想

はじめの一歩【最新話】1265話のネタバレと感想!

更新日:

2019年6月12日発売日の週刊少年マガジン2019年28号ではじめの一歩の1264話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事ははじめの一歩【最新話】1265話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

はじめの一歩【最新話】1264話 あらすじ

間柴の試合で自分の欠点を見つけた一歩は、ジムでサンドバックへパンチを打ちこんでいると会長が現れた。

悩みを話すも一歩の経験を慕っている後輩達に教えていける指導者になれと言いその場からいなくなってしまう。

そのころ、鷹村は防衛戦の記者会見でマイケルゴートから挑発した態度で会場を沸かせていた。

はじめの一歩【最新話】1265話 ネタバレ 「エンジンがかかる前に」

記者会見を終えた鷹村と一歩達は、徒歩で帰っていた。

泰平と欽太郎は、チャンピオンベルトを持っていてかなり喜んでいる。

鷹村からは、貴重品だから丁寧に扱えよと声を荒げていた。

どうどうと道を歩いている姿を見た、泰平と欽太郎はいつもあんな感じなんですかと一歩へ質問する。

質問に対して一歩は、ピりピりしている時もあるけどと答える。

それを聞いた泰平と欽太郎は、続けざまに相手は強いのか・KO勝ちなのかと質問攻めをされていた。

初めての試合観戦で世界間が三百六十度変わったと叫ぶ泰平と欽太郎。

喜んでいるだけではだめなので、サポートの仕事について説明する一歩。

また試合に関しての答えは、明日のリングの上にあるという。

そして最後に、見て勉強になるかわ分からないけど、あの人の試合は瞬きは厳禁であると告げる。

圧倒言う間に試合当日となり、リングでシャドーボクシングで体を温めているゴート。

その姿は、山羊のようなコートを身にまとっていた。

シャドー最中の様子を見た観客は、ものすごくキレていて調子が良さそうだと話している。

そこに会場に鷹村が入場してくる。

鷹をモチーフにしたコスチュームを身にまとい、リングに駆け上がってきた。

サポート役の泰平と欽太郎は、会場の熱気に圧倒されていた。

その様子を見た一歩は、仕事を忘れないようにと注意を促した。

リングのゴングが鳴り試合が開始すると、いつものように腕を回しながらゆっくりと相手へ近づいていく。

両者が一気に近づいていくと、ゴートからの素早い左が繰り出されてくる。

同時に鷹村も左を放つが打ち負けてしまう。

そして、サイドへ切り返すもしっかりと右フックを顔にもらってしまう。

攻撃を受けた鷹村は、ガードを固めていく。

はじめの一歩【最新話】1265話 ネタバレ感想

世界戦へと入りましたが、あの鷹村が防戦一方している状態になってしまいました。

いまのところ、打ち込もうとしてもしっかりと右と左で返されてしまい苦戦を強いられる感じがします。

正直、本能で動いている鷹村がガードを作戦の一つとするとは考えずらいので今のところは様子見ということでしょう。

次なる展開が読みづらいですが、鷹村の行動に期待しましょう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.