最新話のネタバレ・感想

はじめの一歩【最新話】1264話のネタバレと感想!

更新日:

2019年6月5日発売日の週刊少年マガジン2019年27号ではじめの一歩の1264話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事ははじめの一歩【最新話】1264話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

はじめの一歩【最新話】1263話 あらすじ

間柴と伊賀の一戦を見た、一歩は、試合に負けてしまった理由が分かったことを青木と木村に伝えていた。

煮え切らない形で、試合の翌日、ジムでサンドバックに打ち込んでいた。

本来自分の武器であった、左手が使えていないから、負けてしまったのだと会長にいうのであった。

はじめの一歩【最新話】1264話 ネタバレ 「一歩の胸中」

負けて当然だったと言う一歩に対して会長は、頷きながら呟いた。

デンプシーロールを習得してから、ボクシングの戦い方が確かに変わった。

そして、左手からのジャブやリードブローが少なくなってきたことも事実だと会長はいう。

会長は、一歩へ左とは、なんぞやと質問する。

会長は、現役さながらのファイティングポーズをとりサンドバックへ左手を打ち込んだ。

そこから一歩は、良い左と答える。

余計なことは、いらないから訳してみろと突然、英語を話してくる。

The person who controls the left controls the world

この言葉を聞いた一歩は、ポカーンとして感じで会長の顔を見る。

返答がこなかったので、意味が分からないのかと再び一歩へ質問する。

一歩は、突然の英語であったので、驚いてしまったという。

でも意味は分かっていると告げる。

左を制する者は、世界を制する。

古くからあり、今でも耳に口にする言葉でボクシングにおいては、伝統であり本質であると会長はいう。

続けて、一口にジャブといっても種類は、多い。

相手の距離を測り、動きを止めるものでもあり、リズムを作ったり、ダメージを与えるもので様々なことを指すことができる。

場面によって変化する刃を、どう使い分けることで大勢は決定される。

それ故に、左は、世界を制することだと会長は、いった。

一歩は、そのことを忘れていたから、負けてしまったという。

でもデンプシーロールを習得し左をあまり使わなくなったから負けたと言うが、デンプシーロール無しで勝利することはできたのかと問われる一歩。

修練を積んだ過程で小刀を捨てたと思えと会長は一歩にいう。

小刀は捨てたが、ピーカブスタイルで相手に突っ込んでいく姿は、まるで刃そのものだったという。

一歩は、だから左を使い、デンプシーロールを使えば勝てたかも知れないと一歩はいう。

そういうことを伝えていき、慕っている者達を成長させていける指導者となれるだろうと会長はいう。

その場から会長がいなくなり、一歩は胸の内で、何故、褒めてくれるのか?いつもように叱ってくれと思っていた。

会長は、自分の席に座り、悩んでいる様子。

高級ホテルで、鷹村の防衛戦の記者会見が開かれていた。

相手は、米国のマイケルゴートという黒人ボクサーであった。

日本に滞在して、この国の人達が好きになったが、日本が誇る無敗のボクサーを倒してしまうことを謝らせてくれと、鷹村に対して挑発していた。

その言葉を聞き、鷹村は、最初ではなく、最後だという。

この防衛戦が終われば、主戦場をミドル級に移すからお前は、俺に負ける最後のボクサーだと言い返す。

その様子を一歩と泰平、金田が緊張した顔で見ていた。

はじめの一歩【最新話】1264話 ネタバレ感想

復帰する理由を会長に遠回しで伝えていましたが、あっさり指導者として頑張っていけと言われてしまいました。

ただ一歩は、それでも胸に秘めていることが解消されていない状態でサンドバックの前に膝から倒れこんでしまいリングに立つ理由を探している感じでした。

いよいよ鷹村が登場し、世界戦へは始まっていきますが、ボクシングを止めたきっかけとなったのも鷹村ですので、今回の世界戦を見て一歩はどう行動していくのか気になります。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.