最新話のネタバレ・感想

はじめの一歩【最新話】1262話 ネタバレと感想!

更新日:

2019年5月22日発売日の週刊少年マガジン2019年25号ではじめの一歩の1262話を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

本記事ははじめの一歩【最新話】1262話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。

はじめの一歩【最新話】1261話 あらすじ

伊賀から三つの弱点を突かれながらも、勝利することができた間柴であった。

過去と同様であれば、反則技でやり返すつもりでいたが、観衆の声援もあってか、反則技ではなく、正々堂々、自分の得意技できっちりとKOすることができた。

 

はじめの一歩【最新話】1262話ネタバレ

「成長と更なる挑戦」

KO3R1分56秒。

会場にいた観客達は、それを聞き盛大な歓声をあげていた。

会場内に居た青木は、あっさりとフィニッシュまでもっていきやがったという。

木村もまた、さすがだと二人とも間柴のことを賞賛していた。

KOしてしまった伊賀は、会長の肩に持たれながら、退場していくが、その場に栗田の姿はなかった。

 

試したい自分の力

リングでは、勝利した間柴が、東洋太平洋(OPBF)と銘打ったベルトを腰に巻き付けていた姿を見て、東洋ジムの会長は、昔のことを思い出していた。

以前、間柴は、強いやつと戦いたいと言っていた。

そして、強いやつと言っても、骨が太くて頑丈そうなやつか、東洋太平洋圏内で一番タフなやつとやってみたいという。

それを聞いた東洋ジムの会長は、何故かと理由を聞くと、フェザー級は、左一本で勝てた、J・ライト級は、止めるのがやっとで、ライトでは止められなかったという間柴。

そして、階級を上げてパワーが付いてきたハズだが、試してみないと分からないし、パワー不足の戦い方も試してみたいという。

東洋ジムの会長は、それを聞き、皆に認められて世界へ行きたいのか?皆に認めて欲しいわけではなく、周りが、間柴のことを認めたんだなと心の中でつぶやく。

一思いに更けていたが、我に返った会長は、会場が静まり返っていることに気が付く。

なにをやったんだ?と間柴に聞く会長。

インタビュアーの女性に対して、もう少し勉強をしてこいと言った間柴。

インタビュアーの女性は、ただ、次に戦いたいのは、誰なのかと聞いただけであったが、間柴は、ここで、誰と戦いたいと言ったところで、叶うことはないという。

ボクシングの世界には、お金もかかるし、政治的な絡みもあると、裏事情があるとインタビュアーの女性に教えている。

その言葉を聞き、成長したなと思う会長。

そんなことを言われてしまったインタビュアーは、質問を変え、圧勝した結果であったが試合前の三つの弱点はなんであったのかと間柴に聞く。

三つか・・・目利きは悪くなかったが、一枚足りなかったなと答える間柴。

足りない一枚に気づくことができたのは、一歩だけであった。

リングを降りた間柴に変わり、会長は、東洋太平洋王座を返上し、世界へ挑戦するので是非、今後も間柴了を応援して下さいと観客達に訴える。

会長の言葉を聞いた観客達は、去り行く間柴に大声援を送る。

足りなかった一枚

観戦が終了して、外を歩いている青木と木村は、少し間柴のことを僻みながら試合の感想を述べていた。

一枚足りなかったと言っていたが、その一枚が何なのかが分からずいると、後ろから、一歩が駆け寄ってきた。

そして一歩は、一枚足りない理由は、宮田のことだという。

新人戦で、間柴のことを動揺させたことだという。

ただ、あのカウンターは、真似できなかっただろうと一歩はいう。

そんな感想を述べていると一歩は、自分が負けた理由がようやくわかったというのであった。

 

はじめの一歩【最新話】1262話 ネタバレ感想

この試合を通して、成長した姿を見せた間柴のことを会長はすごく喜んでいましたね。

栗田ことマロンによって伊賀は、弱点を突かせ、勝利するつもりでいましたが、負けた途端、居なくなってしまい薄情なトレーナーだなと思いました。

現実のトレーナーであんな方は、いないと思いますが・・・。

間柴の戦いを見て、刺激された一歩が、リングに復帰するような雰囲気が出てきましたね。

次週は、一歩が間柴に負けた理由が明かになるでしょう。

電子書籍マンガおすすめ♪

大人気の漫画サービスです!

メジャーな作品はほとんど配信されていますが、その他配信作品はサービスによって違います。

あなたの読みたい漫画が配信されているのかどうかは、公式サイトをチェックしておきましょう♪

eBookJapan(イーブックジャパン)

-最新話のネタバレ・感想
-,

Copyright© 無料マンガ別冊GEKIコミック , 2019 All Rights Reserved.